ホーム > 事例紹介 > 【50代・男性】「夢のポルトガル生活」実現に向けて

【50代・男性】「夢のポルトガル生活」実現に向けて

この『不労所得』のお陰で、心の余裕が出来、毎日の会社生活にも『余裕』が生まれ、自分が本当にしたかった生き方を出来るようになりました。私にとっては、大きな副産物です。

不動産投資を考えるようになったきっかけ

私は、今年で51歳になる愛知県のメーカー勤務のオッサン・サラリーマンです。昨年の5月までスペインの現地法人に駐在をしておりました。
私の駐在生活は、自分の能力不足が大きな原因ですが、諸々の問題発生とその対処、現地顧客のアテンド、対本社対応などで時間を取られ、満足に休日や休暇が取れない状態で、気持ちの切替も出来る余裕を失い、ふと「私の人生、将来って…。」と考える事が何回もありました。自分自身が過労で意識を失って倒れたり、衝突した車が目の前に飛んできたりする状態で、三途の川を何回も渡りかけ、現在生きているのが不思議な事も多々あり、何故生きて、いや生かされているんだろうとも刹那的に感じる事もありました。

そんな中で、小さな『夢』を見つけました。“そうだ、元気な内に自分の大好きなポルトガル(学生時代に累計9ヶ月弱滞在)で、気ままに暮らそう!”と…。(ナンと言ういい加減な夢だろう…。)それがきっかけで、「じゃあ、ポルトガルで暮らす為には、生活費はどうしよう?」という不純な動機から、色々な意味での『不労所得』の取得方法を考えました。日本から取寄せて読んだ不動産投資関連本(10冊近く)の中に重吉社長の本がありました。

日本財託を選んだ決め手

駐在前の日本勤務時代には、大半の方と同様に株式、IPO、FXなど色々やってきましたが、私の場合はトータルでは『損』の状態でした。大きく儲けるのは難しいから、ミドルリスク・ミドルリターンをと、勝手に模索していました。駐在中は、持ち家の会社借り上げで(条件は良くありませんでしたが…)、毎月家賃が振り込まれていたのも、中古ワンルームマンション投資を始める要因だったようにも感じます。
帰国後、公私に渡りバタバタしていましたが、2009年10月に大阪で開催された日本財託の「東京中古マンション投資セミナー」に参加する機会に恵まれました。その際、セミナー講師をされていた営業マン(色々な人生経験をされ、スペインへ自費留学されていた経歴)が、担当になってくれれば良いなと感じていたら、偶然その希望通りになり、疑問に感じていた件を個別相談で詳しく説明頂きました。彼の真摯な姿勢、丁寧な対応に、非常に好感を持つと共に、何か『縁』も感じました。

ただし、一軒目の購入までは、
・何故、東京のワンルームマンション? 学生時代に居た関西地方は、若干土地感が有るから、関西地方が希望なんだが、何故駄目なんだ?
・10年程前に『新築ワンルームマンション投資』の営業マンから度重なる強引な電話攻撃にあった嫌な思いと、大きな買い物をする事への不安。
・投資資金が“0(ゼロ)”になってしまわないかと言う不安。
・売れ残りのような物件を紹介するのではないか? 東京の不動産に関しては、こっちは素人だから、よく分からない・・・。等々の不安が頭の中を駆け巡っていました。
そんなラビリンス状態の中で営業担当者へ、こちらの希望・目的・資金・予定・方向性を出来るだけ詳しく相談し、擦り合わせる事で、東京の適切な物件を紹介してもらいました。
そして、担当営業者の顧客サイドに立った姿勢と物件・立地に関する詳細な情報、需要と供給のバランスで需要が大きい東京のワンルームマンションの説明、彼の持っている生のコメントを聞くに従い、『この営業マンを信じて、かけてみよう。』との思いが、後押しとなりました。ついに握り締めていたダーツの矢を的に向かって放つ事が出来たのです。

実際に購入してみて…

その後、一件目のマンション投資から、半年ほどで4件の購入となりました。こちらの希望にあった物件紹介と迅速で真面目な対応の担当営業者のお陰だと感じています。まだ半年ほどですが、順調に毎月家賃が入り、取得しているFP資格を生かして自分のライフプラン作成を投資前に行いましたが、予定通り進みそうで、今後が楽しみです。

今後の計画

今後の予定としては、当初目標であった4件の購入(2件ローン,2件現金)が出来た為、一旦一休み。そして、ワンルームマンションからの不労所得とサラリーマン給与所得(ある意味不労所得?)で、今後7年間で2件のローン完済を予定しています。ただし、次の目標として“2件買い増し”、合計6件(ネット収入30万円+α/月)のオーナーを目指したいと考えています。その為には、どの段階でどう言った物件を買い増して行くのか、資金繰りはどうするのかを諸条件から考えていき、買い増し2件のスピードアップも検討中です。

この『不労所得』(字はあまり良い印象では有りませんが)のお陰で、心の余裕が出来、毎日の会社生活にも『余裕』が生まれ、自分が本当にしたかった生き方(サラリーマン人生では難しい、『筋を通した生き方』)を出来るようになりました。私にとっては、大きな副産物です。
日本財託さんとは、これからも長いお付き合いをさせて頂ければと、実感しております。担当営業者だけでなく、管理部門のスタッフの方々からのご連絡、ご対応も非常に丁寧で安心出来ます。自分のサラリーマン業務の中でも参考にさせて頂けるような『心』を感じる事が出来ます。近々、1件の退去者予定が有りますが、早期に入居者を決めて頂き、引き続き家賃収入が順調に発生するのを確信しています。
今後もお世話になりますが、よろしくお願いします。日本財託さんの管理に任せておけば、当初の動機である『気ままにポルトガル生活』という夢の実現も近付いて来ます。

収支・返済プラン

基本データ(購入時点)
・年収 : 500〜1,000万円
返済プラン(購入時点)
・頭金 : 240万円
・諸経費など : 516,238円
・ローン年数 : 29年
・ローン金利 : 3.025%
・手取り家賃(月) : 71,490円
・ローン返済額(月) : 42,330円
>>詳しい投資計画、返済・収支プランはこちら
購入物件(購入時点)
  • ・購入価格 1,220万円
  • ・総武線「亀戸」駅 徒歩14分
    路線図をチェックする
  • ・平成19年築
  • ・総戸35戸 、5階/8階建て
  • ・間取り1K、面積22.50㎡
・家賃 (1)84,000円
・管理費・修繕積立金 (2)9,360円
・当社への管理委託料 (3)3,150円
手取り家賃 (1)-(2)-(3)71,490円
今後の返済・収支プラン

※固定資産税や定期的な修繕費用、資産価値・家賃の下落、入居者の入れ替わり時の空室期間など、すべての「リスク」を考慮したシミュレーションとなっています。日本財託では、ご購入前にすべての「リスク」をご説明し、納得いただいた上でご購入いただいております。

総収支(毎年の収支の累積値)

※ シミュレーション結果は、将来的な投資結果をお約束するというものではございません。

事例紹介
実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
実際の物件や、あなたに合わせた投資プランをご案内します!

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

堅実派のサラリーマン
だからできる、
給料以上の家賃収入を
手に入れる不動産投資法

今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る