ホーム > 日本財託の中古マンション投資 > 東京中古ワンルームマンションに投資すべき5つの理由 > なぜ「中古」か?

なぜ「中古」か?

「新築」よりも「中古」をオススメする3つの理由

物件価格が安い

新築物件の価格はディベロッパーの都合で決められます。土地原価、建物建築費、広告宣伝費、さらにディベロッパーの利益まで乗るのです。中古物件は需要と供給の市場原理で価格が決まります。
築数年の浅い物件でも分譲時の7割ほどの価格で購入することが可能です。

首都圏 ワンルームマンション一戸平均価格の推移

首都圏におけるワンルームマンションの価格推移

新築は2013年には2,454万円と21年ぶりに2,400万円台を突破。2014年1~9月も2,546万円と上昇している。中古も2007年に記録した90年バブル以降でのピーク値(1,105万円)を更新した。

安定した家賃収入

新築ワンルームマンションの場合、新築時は比較的高めで賃料を設定できますが、入居者が退去すると、中古扱いとなるため賃料が下がるのが一般的です。
一方中古の場合、賃料にはほとんど変化はなく安定的です。

首都圏ワンルーム 賃料の推移

新築ワンルームは、2005年頃から地価高騰による価格の上昇を嫌い、供給立地の都心離れが進んだ。立地が郊外エリアに移ったことで、資料の低迷が続いている。一方、中古ワンルームの賃料水準は一貫して70,000円前後と安定しており、購入価格も新築に比べて安価なことから人気が集中している。

高い利回り

市場原理で決まる適正な物件価格、そして安定した月額家賃。中古マンションは新築物件と比べて高い利回りが実現可能なのです。

  • 新築ワンルームマンション
  • 中古ワンルームマンション

なぜ「マンション投資」か? | なぜ「東京」か? | 
なぜ「中古」か? | なぜ「区分所有」か? | なぜ「ワンルームタイプ」か?

日本財託の特長東京中古ワンルームマンションに投資すべき5つの理由ご紹介物件の7つの特長
不動産投資の7つのリスクマンション購入後の経費購入スケジュールお客様との3つの約束

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る