1. 日本財託の賃貸管理トップ >
  2. サービス一覧 >
  3. 入居者募集 >
  4. 機会損失を防ぐ「内装7日以内ルール」

機会損失を防ぐ「内装7日以内ルール」

退去後の内装工事は7日以内に完了させる
ルールを採用しております。
工事期間を短縮し、空室の早期解消に
つなげます。

内装工事を7日間以内に完了し、内見機会を増やす

退去後7日以内で素早くリフォームを仕上げることにより、
即入居可能な状態にすることで幅広く内見の機会を
増やすことができます。
※工事内容や時期等の条件によっては7日以上を要する場合もございます。

解約後、室内の確認から内装まで7日間で完了します。1日でも早く内装工事を完了させるため、工事に関しては原則として当社に一任頂いております。

内装の仕上がりやシックハウス対策も万全です

内装工事完了後は、内装のチェックを当社の社員が行い、
案内用スリッパ・クリーニング完了用紙・トイレ消毒済
帯紙・消臭剤・害虫駆除剤を標準装備します。
入居希望者が部屋を見学した際に、もしゴキブリが飛び
出してきたら…おそらく借りる気にはならないでしょう。
さらに、室内のリフォームに関しては、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの放散量が最も少ないJIS規格
Fランク4つ星の壁紙や接着剤を使用しています。

内装チェックは、クリーニング完了用紙・案内用スリッパ・トイレ消毒済帯紙・消臭剤・害虫駆除対策ホウ酸ダンゴ(セントラル給湯・町内会費等)などを設置します
シックハウス症候群に配慮した壁紙を利用
ページの上部へ