ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌 > 「しまった」を防ぐ!事例で学ぶ相続税と保険の落とし穴

メールマガジン・バックナンバー

営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌

[2017/08/31] 「しまった」を防ぐ!事例で学ぶ相続税と保険の落とし穴

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.514 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆―――――――――― 平成29年7月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  6,642名

管理戸数    18,092戸

全体入居率   98.92%(18,092戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率
 
販売分入居率  99.41%(11,444戸)
※当社販売物件の入居率
 
【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 「しまった」を防ぐ!事例で学ぶ相続税と保険の落とし穴
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記

======================================================================
 
■ 「しまった」を防ぐ!事例で学ぶ相続税と保険の落とし穴
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

いま、相続税を支払う人が増えています。
 
2015年は過去最多となる約10万3千人が、
課税対象者となりました。
 
前年の課税対象者が5万6千人でしたから、
約2倍にもなります。
 
これだけ課税対象者が増えたのは、
2015年1月に実施された相続税制の改正です。
 
相続財産に対する基礎控除が
4割も削減されたという話を、
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
 
さらに、税務署は生命保険の申告漏れにも、
メスを入れ始めているといいます。
 
生命保険には、相続人一人につき、
500万円の非課税枠があります。
 
たとえば、相続人が二人いる場合、
1000万円の現金を1000万円の保障がある生命保険に組み換えることで、
その分だけ、課税対象となる資産を圧縮できるのです。
 
そのため、相続税の対策で生命保険を活用するのは、
『王道』となっています。
 
ただ、保険の契約形態や保険料の支払い方法によっては、
意図せず相続財産とみなされてしまうケースもあります。
 
面倒だと放っておくと、本来支払わなくてもよかった
税金がかかる可能性も出てくるのです。
 
そこで今回のコラムでは「うっかり課税」を引き起こす
相続と保険にまつわる落とし穴を2つのケースで
紹介したいと思います。
 
 
落とし穴の一つ目は、
「名義保険」です。
 
名義保険とは、
保険の契約者と保険料を負担する人が
別になっている状態の保険のことを言います。
 

名義保険の事例で指摘が入ったのは、

≪契約者≫  息子
≪被保険者(保障の対象者)≫ 息子
≪保険金受取人≫ 孫
という生命保険です。
 
見ての通り、親は契約に
一切関わっていない保険です。
 
この形の契約だけなら何の問題もなく、
相続には全く関係してきません。
 
ところが、この事例では
この保険の保険料を息子の代わりに、
実質的に親が負担していたのです。
 
このような場合、親が亡くなった時点での
解約返戻金相当額が相続財産としてみなされ、
課税の対象になってしまうのです。
 
『かわいい孫のために...』と
全くの善意で親が保険料を払っていたとしても、
相続税の申告対象財産となってしまいます。
 
なぜなら、税務署は契約の形より、
実際に誰が保険料を負担していたかを重視するからです。
 
親が払い込んだ保険料とその運用益は、
親の死亡に伴い、親から息子へと引き継がれたと解釈されます。
 
そのため、相続財産の一部として扱われ、
申告が必要になるのです。
 
また、次のような形の保険にも注意が必要です。
 
≪契約者≫ 息子
≪被保険者(保障の対象者)≫ 親
≪保険金の受取人≫ 息子
 
この契約形態で親が死亡した際の保険金は、
息子の一時所得とみなされ、
所得税および住民税の課税対象となります。
 
ただこのケースでも、やはり保険料の負担者が、
実質的に親であれば、
先ほどと同様に相続財産とみなされます。
 
では、名義保険だと後から
税務署に指摘されないようにするには、
どうすれば良いのでしょうか。
 
それは、贈与として
しっかり記録を残すことが一番の対策になります。
 
たとえ家族間の資金移動であっても、手渡しではなく、
銀行振り込みで客観的な記録を残しましょう。
 
また、贈与された側、この場合は息子自身の口座から
保険料を引き落とし、
毎年保険料控除の申告も行うことが大切です。
 
 
落とし穴の二つ目は、
相続に伴い、契約者として保険契約を引き継ぐ場合です。
 
たとえば、次のような形で保険に加入していたケースで
考えてみましょう。
 
≪契約者≫ 父親
≪被保険者≫ 母親
≪保険金の受取人≫ 息子
 
契約者である父が亡くなったので、
息子が保険契約を引き継ぐことになりました。
 
母親はまだ死亡していないので、
当然、保険金の支払い自体は発生しません。
 
ところが、この保険も相続財産の一部として、
申告と課税の対象になります。
 
なぜなら、この保険契約には父親が生前に払い込んだ
保険料分の財産価値があるからです。
 
相続した時点で、保険を解約した際に戻される
解約返戻金に相当する額が相続財産評価となります。
 
もちろん、申告をしていなければ、
申告漏れと指摘され、思わぬ相続税が発生する可能性が生じるのです。
 
 
本来、生命保険は前述の非課税枠以外にも、
相続対策を考える上では、
有効かつ利用しやすい選択肢の一つです。
 
受取人を指定することによって、生前の意思を尊重し、
受取人固有の財産として遺すことができます。
 
また、遺産分割協議を待たずして
すぐに活用できる現金として下ろせる点もメリットです。
 
ただ、そもそも保険の加入状況を家族間で
共有できていなければ、活用することができません。
 
それどころか、この2つのケースのように、
「良かれ」と思っておこなった保険料の肩代わりが、
後から相続する世代の負担を
増やしてしまう恐れすらあります。
 
また、来年以降は契約者の死亡が
保険会社から税務当局に法定調書という形で
通知されるようになります。
 
申告漏れにはより厳しい対応がされる
可能性が高くなります。
 
 
保険会社からは年に一度、
必ず契約内容のお知らせの書類が届きます。
 
保障の内容を家族の間で共有して、
万が一の際にしっかり遺し、
使えるようにすることが大切です。
 
加入状況が書類だけではよく分からない場合は、
専門家に相談してみるのも良いでしょう。
 
日本財託では、相続や保険に関する
ご質問やご相談を承っております。
 
経験豊富な保険のコンサルタントがお話をうかがい、
あなたのご家族に合ったプランをご提案しますので、
ぜひお気軽にお声かけください。
 

日本財託 資産コンサルティング部
アセットプランニング課 長谷 和寿(ながたにかずひさ)


◆ スタッフプロフィール ◆
 
神奈川県綾瀬市出身の35歳。
 
アセットプランニング課で、相続対策や法人設立など、
お客様の資産を守り殖やしていくお手伝いをしている。
 
10年前、海外青年協力隊でブルガリア赴任中、
一月で物価が2~5倍以上になるインフレに遭遇。
 
3日間断食せざるをえない程の貧困生活に
陥ったことを機に、お金のことに興味を持ち、
帰国後、FP資格を取得する。
 

◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから
    
http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/

 
====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計544話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫   

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》       
【 資金の効果的な運用 No.156 】               

『不動産投資で長期運用の土台をつくる』

N・Y様 30歳 神奈川県在住
日本財託を知ったきっかけ:ご紹介
ご購入日:平成28年11月
ご購入物件:山手線「浜松町駅」徒歩6分 平成16年築


投資家としてスタートする足掛かりとなったのは、
ロバート・キヨサキ氏の書籍
『金持ち父さん 貧乏父さん』でした。

私だけでなく、この本は多くの方のお金に対する
考え方を変えてきたのではないでしょうか。

私自身も、それまで縁もゆかりもなかった
投資というものを身近に感じるようになりました。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-394.html

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業27年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~  

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者20,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【大 阪】9月2日(土) 13:00~15:00
【東 京】10月14日(土) 13:00~15:30

セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html


◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。


◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした物件情報もセミナー参加者限定で、
ご紹介しております。
 
平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が
厳選した物件です。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
 
■ 賃貸管理会社はどこも同じと思っていませんか?


長期安定収入を得るための賃貸ノウハウ公開!
              【賃貸管理セミナー】開催中!

9月23日(土)13:30~15:00

入居率98%の入居者募集のノウハウに加えて、
≪滞納トラブルの解決事例≫もたっぷりご紹介! 
ぜひご参加ください♪

http://www.nihonzaitaku.co.jp/kanri/seminar/
 
 
 
■ NHK「クローズアップ現代+」でも話題の新しい相続対策とは?
 
【家族信託 活用セミナー】
『相続対策は東京・中古・ワンルームと家族信託で考えよう!』
    
認知症対策を兼ねるまったく新しい相続対策「家族信託」と
相続対策と収入対策に効果を発揮する
東京の中古ワンルームマンション投資について、事例を中心にご紹介。
 
【東京】9月23日(土)13:00~15:20
 
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/
 

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
ビーッ!

無情にも体育館に鳴り響く、
試合終了のブザー。

スコアボードを見ると、自チームは50点で

相手は倍以上の100点越え。


ダブルスコアの大敗です。

新チームになって初めての大会とはいえ、
攻めのバスケを売りにしていたはずが、
満足に得点をあげられない状況に愕然としました。

『こんなはずじゃなかったのに。』

滴る汗をぬぐいながらベンチに座り、
チーム全員が呆然とコートに視線を落としたまま、
立ち上がれずにいました。

私は小学生の頃、
8歳上の姉と『スラムダンク』の影響で、
バスケを始めました。

以来、中学、高校とバスケ部に所属し、
フォワードとして、チームの中でも
常に得点に絡んできました。

高校では上級生のレベルは高かったものの、
準レギュラーとして、出場する試合では
チームの攻撃をけん引してきました。

しかし、先輩たちが卒業し、
私たちの代に移ってからは、
思うように得点をあげられません。


結果、最初の公式戦となった8月の初戦で、
いきなり県大会常連の強豪と対戦すると、
さきほどの惨敗となってしまいました。

先輩たちとやっていたころは
もっとシュートも打てていたのに...

どこかでチームメイトを批判する
気持ちが芽生えていました。


そんな思いがぬぐい切れず、
翌日の練習でも引きずってしまい、
モチベーションは下がる一方です。

チームも全体が集中力を欠き、
かける声や応援もトーンダウンしてしまいました。

このままでは、
チームがバラバラになってしまう。

危機感を抱き、部長に相談すると、
「一回全員で話し合おう!」
 
練習終了と同時に声をかけたのです。

コートの中心で円になって座り、
昨日の試合を振り返りました。

それぞれが感じた課題を
一人ずつ発表していきます。

意見の多くは、
「チームの連携が足りなかった」ことでした。

この結果に、ハッと気づいたのです。

私が先輩たちと試合に出ていた時は、
得点を取り、チームを引っ張っていたのではなく、
先輩たちに活かされていたのだということです。

それを自分の力だと過信していました。


新チームでも、気づかないうちに
ボールが回ってくることを待ってしまっていたのです。

発展途上のチームの中では、
自分が周りを活かすプレーをしなければいけない。

チームの共通課題も個人技ではなく、自分の役割を認識し、
チームプレーの質を上げることを意識するようになりました。

その後始まった3泊4日の夏合宿でも、
課題の克服を目的に、
基礎体力強化のフットワークや
複数の選手で相手の守備を崩すプレーの確認を何度も繰り返します。

私も自分ばかりが攻めるのではなく、
まわりを活かすプレーを積極的に行ないました。

自信と信頼関係を失いかけていたチームが
ひとつにまとまってきた感触がありました。

その後の練習試合では100点以上の得点をあげる試合も増え、
公式戦も1回戦、2回戦と成績が向上していったのです。

一番の目標であった県大会出場は、
あと一歩でかなわなかったものの、
どん底からスタートしたチームは最後には一枚岩になれました。

この出来事を通じて、自分中心の考え方だったものが、
どうすればチームを活かせるのか、
まわりを考えられるようになりました。
 
大学に進学してから
ゼミでグループワークや議論を重ねる際も、
周囲の意見を聞き、まとめ役もこなしました。

社会人になってからは、
自分の意見を主張しつつ、議事録の作成や電話対応など
サポート業務も率先して実施しています。

独りよがりにならず、チームがより良い方向へ進み、
お客様の満足にもつながる結果が出せるよう
これからも心掛けていきたいと思います。

日本財託 資産コンサルティング部

アセットプランニング課 関根 純(せきねじゅん)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
埼玉県さいたま市出身の26歳。

アセットプランニング課で、家族信託、法人設立など、
お客様の資産運用や相続対策のお手伝いをしています。

2月の東京マラソン完走に向けて、身体づくりに励んでいます。
最近は毎週のバスケに加えて、皇居ランニングを始めました。


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る