ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌 > まだ生まれていない孫にも残せる!「家族信託」を活用した贈与のしくみ

メールマガジン・バックナンバー

営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌

[2017/09/14] まだ生まれていない孫にも残せる!「家族信託」を活用した贈与のしくみ

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.516 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆―――――――――― 平成29年8月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  6,663名

管理戸数    18,200戸

全体入居率   98.95%(18,200戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率
 
販売分入居率  99.27%(11,516戸)
※当社販売物件の入居率
 
【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. まだ生まれていない孫にも残せる!「家族信託」を活用した贈与のしくみ
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記

◆◆◆◆◆◆ 日本財託グループからのお知らせ ◆◆◆◆◆◆◆

◆ 日本財託グループのフェイスブックページをリニューアルしました!
 
これまでは、採用活動の情報を中心に情報発信を行ってまりましたが、
 
リニューアル後は、不動産投資のお役立ち情報や当社の新しい取り組み、
また賃貸管理に携わるスタッフの情報、
賃貸管理の現場で起きているエピソードなど、
 
日本財託グループ全体と不動産投資に関する情報を発信する
ページに生まれ変わりました。

これからもどんどん情報を発信していきますので、
ぜひご覧ください!


◆『日本財託のフェイスブックページ』はこちらから

https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/

======================================================================
 
■ これから生まれてくる孫にも残せる!「家族信託」を活用した贈与のしくみ
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

来週月曜日は敬老の日ですね。
 
3世代が同居している家庭では、
「おじいちゃん、おばあちゃん、
いつもありがとう!」
と微笑ましいシーンがあるのかもしれません。
 
また、連休を利用して帰省される方も
多いのではないでしょうか。
 
 
子どもだけでなく、パパやママにとっても、
実父実母はありがたい存在です。
 
精神的な支えであることはもちろん、
金銭面でも感謝する機会があるでしょう。
 
何かと物入りな子育て世代。
 
教育資金の強力な助っ人が
「おじいちゃん、おばあちゃん」であることも
少なくありません。
 
かわいい孫のためなら、
援助もいとわないという方もいるでしょう。
 
 
財産がある人にとっては、
祖父母から孫への贈与は相続税対策にもなります。
 
孫のためという大義名分があれば、
渡す側も渡される側も気持ちよく、
お金のやり取りができますよね。
 
ところが、こうした贈与も、
認知症になってしまうと続けられなくなってしまいます。
 
財産が凍結状態になってしまうからです。
 
 
しかし、認知症になってしまっても、
孫のため、子どもたちのために
贈与が続くような仕組みを作る方法はあります。
 
なかでも「家族信託」を活用した贈与は、
有効な選択肢です。
 
家族信託を用いれば、
これから生まれてくる孫であっても、
財産を残してあげることができるのです。
 
今回は認知症になっても贈与が継続できる、
家族信託を使った贈与のしくみについて、
ご紹介したいと思います。
 
 
孫や子どもへの贈与は、
相続財産を生前に減らすことができるので、
相続税対策としても一般的な手法です。
 
しかし、ひとたび認知症になってしまうと、
本人の意思が確認できなくなってしまうので、
契約行為はできなくなります。
 
そのため、いっさいの財産が
凍結状態になってしまうことになり、
贈与を行うこともできなくなるのです。
 
たとえ同じ家族であっても、
お金を自由に動かすことはできません。
 

こうした場合に、
家族が代わりに財産管理をできる手段の一つとして、
成年後見制度があります。
 
意思能力が不十分な人に対して、
法律行為を代理する成年後見人を立てる制度です。
 
本人が認知症になってしまった後に、
家族や親族、市町村などからの申し立てを受けて、
家庭裁判所が成年後見人を選定します。
 
ただ、必ずしも家族が財産を維持管理する後見人に
なれるとは限らず、弁護士や司法書士などの専門家が
後見人になることもあります。
 
また、成年後見制度はあくまでも
本人の生活をサポートすることが目的の制度です。
 
そのため、財産は本人のためにしか使えず、
たとえ家族であっても、
そのお金を自由に動かすことはできなくなります。
 
贈与は、本人の財産を減少させる行為ですので、
たとえ孫のため、子どものためであっても行うことはできません。
 
 
相続財産として孫に一定の財産を継がせたいなら、
遺言を書くという選択肢はあります。
 
ただこれも同じく、認知症になっている場合は、
遺言を残すことはできません。
 
 
では、家族信託ならどうでしょうか。
 
家族信託では、現金など指定した財産について、
信託契約を家族の間で結びます。
 
財産を託す人を委託者、
財産を託され、管理運営する人を受託者、
そして、その財産から生まれる収益を得る人を受益者、
と呼びます。
 
信託契約書に、受託者の権限として、
一定の理由がある場合には、信託財産から
適切な贈与を行うことができると規定します。
 
たとえば、孫の入学や結婚といった理由です。
 
こうすることで、
財産の運用や管理を任される受託者の判断で
契約目的の範囲内で、贈与を行うことができます。
 
 
子どもが複数人いるようなご家族でも、
それぞれの子どもを受託者として、
個別に信託契約を結ぶことで、自由な運用を実現できます。
 
将来的に認知症になってしまい、
成年後見人が選定された後でも、贈与を行うことが可能です。
 
なぜなら、信託された財産は、
本人の財産とは分けて管理されるため、
成年後見人の管理外となるからです。
 
 
さらに家族信託では、まだ生まれていない孫を、
贈与の対象として指定することが可能です。
 
孫が将来、2人、3人と増えるかもしれないのに、
先に生まれた孫にだけ贈与するのは
かわいそうだという方にとっては、最適かもしれません。
 
加えて、
遺言に代わって、自身が亡くなった後に残った
信託財産を引き継ぐ人も指定できます。
 
孫のために託したお金を、
確実に孫の手元に残せるのです。
 
 
このように、一つの契約書を交わすだけで、
生前から相続後まで、意思を自由に反映して
財産承継の仕方をオーダーメイドで設計することができるのが、
家族信託の特長です。
 
家族信託は認知症対策として、
特に動かしにくい財産である不動産を所有する方から
注目が高まっています。
 
それだけでなく今回の事例のように、
現金を信託財産にしたり、
贈与についても活用することができます。
 
ただし、税務面では贈与税が一括課税とされないよう、
契約書の内容には十分な注意が必要です。
 
税務の専門家にも相談しながら、
慎重に契約書の設計を行いましょう。
 
 
財産だけではなく、未来の世代に大切な想いをつなぐために、
家族信託を検討してみてはいかがでしょうか。
 
 
日本財託 資産コンサルティング部 家族信託コーディネーター
横手 彰太(よこてしょうた)
 
◆ スタッフプロフィール ◆
  
鹿児島県阿久根市出身の45歳。
 
資産コンサルティング部アセットプランニング課で、
相続対策や法人設立、家族信託など、
お客様の資産を守り増やしていく提案を行っています。
 
  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
認知症対策×相続対策の新しい切り札 「家族信託」活用セミナー
『相続対策は東京・中古・ワンルームと家族信託で考えよう!』
 
▼家族信託セミナーお申し込みはこちら▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/#1350

日時:9月23日(土)13時~15時20分
場所:新宿サンエービル 地下1階会議室
   新宿区西新宿1-22-2 【新宿駅西口 徒歩5分】
 
定員:30名様(参加無料・先着順)
 
家族信託とはなにか、どのような場面で効果を発揮するのか、
なぜ認知症対策に効果抜群なのかなど、
1からわかりやすく解説します!
 
コラムでご紹介した贈与のお話はもちろん、
NHK「クローズアップ現代+」でも取り上げられた
ご家族のお話など、事例盛りだくさんのセミナーです。
 
是非、この機会にお越しください。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 

◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから
    
http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/

 
====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計546話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》       
【 資金の効果的な運用 No.158 】               

『「不動産投資は怪しい」から4戸のマンションオーナーになった理由』

R・H様 45歳 東京都在住
日本財託を知ったきっかけ:資産運用イベント
購入日:平成29年4月
購入物件:新宿区(都営大江戸線「若松河田」徒歩3分)
     平成12年築 頭金70万円 他3戸

学生の頃から投資に興味を持ち、
外貨預金を皮切りにほぼ一通りの金融商品を
自己流で運用してきました。

私の投資スタイルは、
リスク分散を念頭に複数の商品に投資をし、
長期で運用をしていくことです。

毎年の収益はかろうじて
プラスで推移していました。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-396.html

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業27年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者21,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【東京】10月14日(土) 13:00~15:30

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html


◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。


◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした物件情報もセミナー参加者限定で、
ご紹介しております。
 
平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が
厳選した物件です。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
 
■ 賃貸管理会社はどこも同じと思っていませんか?


長期安定収入を得るための賃貸ノウハウ公開!
              【賃貸管理セミナー】開催中!

9月23日(土)13:30~15:00

入居率98%の入居者募集のノウハウに加えて、
≪滞納トラブルの解決事例≫もたっぷりご紹介! 
ぜひご参加ください♪
 
▼賃貸管理セミナーの参加申込はこちらから▼
http://www.nihonzaitaku.co.jp/kanri/seminar/
 
 
 
■ NHK「クローズアップ現代+」でも話題の新しい相続対策とは?
 
【家族信託 活用セミナー】
『相続対策は東京・中古・ワンルームと家族信託で考えよう!』
    
認知症対策を兼ねるまったく新しい相続対策「家族信託」と
相続対策と収入対策に効果を発揮する
東京の中古ワンルームマンション投資について、事例を中心にご紹介。
 
【東京】9月23日(土)13:00~15:20
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/
 

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
私はたびたび家族で
シニアチアを観戦します。

シニアチアとは、
50代から60代の方が中心となり、
チアリーディングを楽しむ競技です。

私の知っているチームには、
最年長で70歳になる女性がいます。

実は、その人こそが私の祖母なのです。

周りのメンバーにも負けじと声を張り上げ、
手足を振り上げてラインダンスを踊る姿は、
全く年齢を感じさせません。

家族で一番前の列に座り、観戦しながら考えるのは、
子どもの頃、毎週のように通っていた祖母の家での思い出です。


毎週末、母と姉と一緒に
実家から電車で30分のところにある祖母の家へ
出かけることが幼いころからの習慣でした。

プールや図書館に連れて行ってもらい、
日が暮れるまで私たち姉妹に付き合ってくれたのです。

祖母は多趣味で、
手作りの浴衣を作ってくれたり、
家庭菜園や茶道などを嗜んでいました。

中でも料理が上手で、
料理をしているところに駆け寄って
じっと覗いていました。

そんな大好きな祖母ですが、
当時どうしても許せないことがありました。

遊びに行くと必ずおかっぱ頭に
髪の毛を切られてしまうのです。

私よりも先に姉が行きたくないと駄々をこね、
小学校3年生に上がるころには、
すっかり足が遠のいてしまいました。

高校に進学する頃には、勉強や部活に加え
バイトをかけ持ちし、家にいない時間が増え、
会う機会がどんどん少なくなっていきました。
 
母から祖母が寂しがっているという話しを聞くと、
どこか後ろめたい気持ちがついて離れませんでした。


家族の方針で大学に通うなら
奨学金を利用して通うことが決まっていました。

2歳年上の姉は高校卒業とともに働いていたこともあり、
家族に甘えることはできないと考えていました。

「進学したら、バイトもたくさん入れるし、
奨学金を利用すれば大丈夫。
借りたお金は働いて返そう」

多少の不安は持ちつつも、
前向きに捉え入学を待っていると、

「学費は私が払うから、
ナナは心配せずに勉強しなさい」

進学の報告を祖母にすると、
突然、申し出がありました。

「えっ!おばあちゃん、
本当にいいの...?」

驚いて問い返す私に、
にっこり微笑みながら、

「いいのよ。将来、やりたいことが見つかったときに
きっと奨学金の返済が足かせになってしまうと思うからね」

「ありがとう...私がんばるね」

思わず祖母の手を取り、
精一杯感謝を伝えました。

それと同時に、胸いっぱいの
申し訳なさが広がりました。

なかなか会いに行けてないのに
ここまでしてもらって...

進学後は、目一杯勉強に励み、
バイトも可能な限り詰め込み、
学費以外のお金は自分で用意しました。

大学に進学してからは、自由になる時間も増えたので、
お盆や年末年始に加えて、
シニアチアのイベントにも足を運び、
祖母と交流する機会も増えていきました。


大学卒業時、祖母を食事に招待しました。

改めて学費のお礼を伝えると、

「こうやって、人に使ったお金は
巡り巡って自分に返ってきて、
幸せな気持ちにさせてくれるんだよ」

祖母は目を細めながら話します。

祖母を見習って、就職を機に、
大学の後輩に食事をごちそうしたり、
両親に洋服やエプロンなどをプレゼントすることから始めました。

お金だけではなく、
祖母が常に優しさをもって周囲の人々に接していた
その想いがようやくわかった気がしました。


社会人になってから、
祖母と会う機会はこれまで以上に増え、
仕事の話をすると喜んで聞いてくれます。

60歳で簿記の資格を取り、
70歳になっても現役で働いている祖母の話は
社会人の大先輩としてとても勉強になります。

いつまでも向上心を持って挑戦し続ける祖母は
私にとって憧れの存在です。
 
 
ただ、まだ十分な恩返しができたとは思っていません。
 
いち社会人になるまで支えてくれた祖母のために、
これから何ができるか考えるだけで、
心が躍ります。

感謝してもしきれないこの気持ちは、
直前に迫った敬老の日の贈り物と合わせて、
伝えたいと思います。
 

 
日本財託管理サービス 管理部一棟建物管理課
都築 奈々美(つづきななみ)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
東京都西東京市出身、4月入社の新卒社員。

管理部一棟建物管理課に所属し、
一棟物件のお困り対応、協力会社手配、
毎月の請求書の作成を行っております。

昔から犬が大好きです。
将来は柴犬を飼うことを決めていて、以前飼っていた犬と同じく、
名前は『いくら』にしようと思っています。

----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る