ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌 > どこまで備えれば安心?知っておくべき老人ホームの選び方とお金の準備

メールマガジン・バックナンバー

営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌

[2018/03/01] どこまで備えれば安心?知っておくべき老人ホームの選び方とお金の準備

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.537 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆   http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成30年2月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  6,872名

管理戸数    18,945戸

全体入居率   99.41%(18,945戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.78%(12,017戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. どこまで備えれば安心?知っておくべき老人ホームの選び方とお金の準備
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記
  

======================================================================

■ どこまで備えれば安心?知っておくべき老人ホームの選び方とお金の準備
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
先週の週刊東洋経済では、
人生100年時代に備える
大人の学び直しについて特集が組まれました。

人生を豊かにする新しい資格や副業の勉強など
本業だけではない、マルチな人生設計について
紹介されています。

しかし、いくら明るい未来の
展望を描いたとしても、
長い人生にリスクはつきものです。

リスクのひとつとして
誌面で紹介されていたものが、
『介護離職』の問題です。
 
2025年には多くの団塊世代が
後期高齢者となる75歳を迎えることをうけて、
メディアや書籍などでも盛んに取り上げられるようになりました。

厚生労働省の発表によると
日本人の平均寿命は男性80.98歳、
女性は87.14歳と過去最高を記録しています。

ただし健康で日常生活を送ることができると
されている健康寿命と比べると、
男性は約10年、女性は約13年の差があります。

つまり多くの方が、寿命を迎えるまでの約10年間、
健康に不安を抱えながら生活を送る可能性が
あるということです。

ご高齢の近親者が健康に不安を感じられた場合、
ご家族も目が離せない状況が続きますよね。

その結果、仕事を辞めて
自宅で介護を行なうという選択肢を
選ぶ方もいるかもしれません。

しかし、自宅で介護を行うにも、
体力や精神的に難しい面があります。

そこで多くの方が選ぶ道として
『老人ホーム』への入居があげられます。

ただし、老人ホームにも民間の会社が運営する施設や
公的機関が運営する施設など様々あり、

さらにどこに入居するとしても、
お金の工面については避けては通れません。

そこで今回のコラムでは、専門家が紹介する
各家庭に合った老人ホームの選び方のポイントとともに
介護が必要になる前に考えるべきお金の準備について紹介します。


 
2月24日、有料老人ホーム紹介業
「シニアハウスコム」を運営する
『株式会社アスモ』様と共催でセミナーを開催しました。

いざ老人ホームへの入居が必要になったとき
どのような基準で選べばよいかわかりませんよね。

講師を務めて頂いた株式会社アスモの
小川慶久氏によると、要介護の度合いや金額面など
着目すべき点はいくつかあります。

まずは、老人ホームの月額利用料の目安です。

民間の会社が運営する老人ホームであれば、
およそ月額18万~50万円と
金額に幅があります。

サービスや設備の質、エリア、
入居者の要介護度によって
月額利用料が設定されるからです。

また、民間の施設は高額という
イメージをお持ちの方も多いと思いますが、
実はエリアによって大きく金額が異なります。


港区や中央区といった都心にある民間施設は確かに高額ですが、
東京都下や埼玉・千葉・神奈川の施設であれば、
月額利用料は都心部の半額程度でも探すことが可能です。


一方、公的機関の施設では、月額10万~20万円程度と
民間と比べて利用料を抑えられることが特長です。

ただし、要介護度の重い方が優先されたり、
利用料が安い分空きがあまりないことが懸念されます。


次に、月額利用料についてですが、
インターネットなどで検索して出てくる金額だけで
計算するのでは不十分です。

月額利用料として「家賃」「管理費」「食費」の
合計金額だけ掲載されていることがありますが、

実際には、「介護保険負担額」や「医療費・薬代」、
おむつや床屋代などの「その他雑費」についても
計算に入れなくてはなりません。

保険の負担割合にもよりますが、
およそ4万~8万円ほど追加でかかることを見越して
入居先を探す必要があるでしょう。


また施設内外の様子やスタッフ・入居者の様子なども
チェックすべき点となります。

特に日当たりなどを考慮するよりは、
施設内の移動のしやすさや出入り口などから近いことなど
入居者の生活導線を考えてあげることが大切です。

このようなポイントを踏まえたうえで、
施設を選ぶことが大切ですが、
気になるのはやはり費用です。

たとえ、郊外の民間施設や公的施設に入居したとしても、
ご両親二人が同時に入居するともなれば、
費用は高額になります。


当社へご相談いただいた方も、
両親ともに老人ホームに入居され、
月々40万円以上の利用料を支払っているケースがありました。

その際の資金繰りを考えたときに
将来の介護のために蓄えた
両親の財産を活用しようと多くの人が考えるでしょう。

しかし、両親が認知症になってしまうと、
話は簡単にはいきません。

厚生労働省の資料によると
介護が必要となった原因の1位が認知症です。

そして、認知症が重症化すると契約行為ができなくなり、
預金が引き出せなかったり、
自宅の売却ができなくなります。

つまり、両親の『財産凍結』が
起こってしまうのです。

その結果、介護費用としてあてにしていた
両親の財産を使えず、
ご家族が負担しなければなりません。

自身の生活費や将来への備え、
そしてお子さまの教育費などに加え、
両親の介護費用を工面するともなれば、
大きな負担となります。

ここで効果を発揮するのが『家族信託』です。

家族信託とは、両親が所有する実家や預金などの
資産を信頼できる家族に託し、
管理運用を任せる仕組みです。


家族信託を利用することで
両親が所有する預金を活用したり、実家を売却でき
介護費用に充てることができるのです。

当社へご相談いただいた80歳代のAさん夫婦は、
ご夫婦の介護費用として約4000万円を
貯蓄されていました。

まだお元気とはいえ、病気やけがをきっかけに
いつ認知症になってもおかしくありません。

この4000万円の介護準備金を
50代の長男へ託そうとしたものの、

生前贈与を行えばおよそ半分が
税金として差し引かれてしまいます。

別の方法がないかと模索されていたところ
当社が開催する家族信託セミナーにお越しいただいたのです。


さっそく状況を伺って家族信託を活用した結果、
無事に介護準備金として満額を
長男に託すことができたのです。

介護費用の準備にめどが立てば、
安心して両親を施設へ入居させることができ、
さらに自身の生活を圧迫することもありません。

Aさん夫婦はもちろん、
長男家族の負担を減らすことができました。

2025年には認知症患者が
800万人を超えるといわれているなか、
認知症対策としての家族信託は
ますます重要になってくるはずです。

いざという時に慌てないためにも、
介護施設の選び方はもちろん
両親の介護費用をどのように工面するか、
いまからしっかりと準備しておくことが大切です。

認知症にともなうお金の問題を家族信託で解決するだけでなく、
施設に関するご相談にも、専門家ネットワークを通じて
お役立ていただけますので、ぜひお気軽にご相談ください。


日本財託 資産コンサルティング部 家族信託コーディネーター
横手 彰太(よこてしょうた)

 
◆ スタッフプロフィール ◆
  
鹿児島県阿久根市出身の45歳。
 
資産コンサルティング部アセットプランニング課で、
相続対策や法人設立、家族信託など、
お客様の資産を守り増やしていく提案を行っています。

最近の関心事は次男1歳がいつ一人で歩けるか。
ハイハイ期間が長くなり最近は高速ハイハイもマスター。
長い人生で貴重な時間をたのしみます。
 
最新著書『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
      いざというときに困らないための「家族信託」』
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/booklet/


◆ 家族信託に関するコラムはこちらで掲載中

『家族信託と相続 家族の想いを叶える相続』
https://shintaku-souzoku.jp/


◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計567話 HP掲載中≫      
    マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 資金の効果的な運用 No.169 】  

『他社営業マンがタブーを破って教える存在』

A・W様(男性) 34歳 東京都在住
日本財託を知ったきっかけ:他社営業担当者の紹介
ご購入日:平成29年8月
ご購入物件:新宿区(総武線「飯田橋」徒歩8分)平成18年築
 
 
不動産投資に出会うきっかけは、彼女の父親でした。
彼女の父親は、サラリーマン大家から事業を起こし、
成功を収めていたのです。
 
不動産投資にトライしてみようと思ったものの、
すでに海外赴任が決まっていたタイミングでした。

駐在先でも熱は醒めず、
不動産投資の本を、読み漁っていたものです。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-416.html
 

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業28年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者21,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【東京】4月7日(土) 13:00~15:30

 ◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした物件情報もセミナー参加者限定で、
ご紹介しております。
 
平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が
厳選した物件です。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
■ NHK「クローズアップ現代+」
  フジテレビ「とくダネ!」も注目!
  話題の認知症×財産対策!家族信託セミナー
 
親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
<<いざというときに困らないための「家族信託」>>

3月11日(日)13:00~15:10
3月25日(日)13:00~15:10

認知症による財産凍結を防ぐ手法として注目される
「家族信託」についてNHKやフジテレビにも出演した講師が、
豊富な実例をもとに分かりやすくご紹介します。
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/#1546

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

一歩足を踏み出すたびに、
しびれるような痛みが体を貫きます。

30キロを超えたあたりから
足の感覚も麻痺してしまい、
どこが痛いのかも分かりません。

それでも背中を後押ししたのは
42.195キロを超えた先に待っていた
ある約束でした。


 
2月25日に開催された『東京マラソン』は、
私にとって2度目の挑戦でした。

前回は4時間半での完走が目的でしたが、
今回はただ完走するだけでなく、
もう一つ大きな目的があったのです。

 「東京マラソンのあと、
  籍を入れにいこうか」

昨年の7月に彼からプロポーズを受けており、
入籍するタイミングをうかがっていたところで
昨年末、何気なく伝えられました。

 『なぜマラソンの後なんだろう?』

一瞬考えた後、思い当たりました。

東京マラソンが開催される2月25日は
彼と付き合い始めて4年の記念日だったのです。

そうと決まればあとは練習あるのみです。

以来、継続的に10kmのコースを走り、
あとは当日を迎えるのみ!
 
しかし、東京マラソンの前日の晩、
いざ床につこうとすると、
心配事が次々と頭に浮かび、
なかなか寝付けません。
 
 『練習不足だったかな...』

 『完走できなかったら
  彼との約束はどうなるんだろう...』

結局、眠れたのはわずか2時間ほど。

眠気眼をこすりながらも
会場へ向かいました。

スタート位置で待っている間、
屈伸や軽く跳ねたりなど
体を動かします。

体温を下げないことはもちろんですが、
前日からの心配事やスタート前の緊張感に
じっとしていられなかったのです。

そうこうしているうちに、

 『東京マラソン!
  ニーゼロイチハチッ、スタート!』

その掛け声に合わせ、
遠くから湧いた歓声が耳に届きます!

ついに始まりました!

スタート直後は周りのハイペースに合わせず、
あらかじめ決めていた自分のペースを
維持することに集中しました。

折り返し地点の富岡八幡宮付近までは順調に
ラップタイムを刻むことはできました。

しかし、練習不足がたたってか、
徐々に息が上がってきました。

タイムが落ちていることに気づき、
ペースを上げますが、少し走ったところで
また遅れていることに気づきます。

ペースを維持できる間隔は徐々に短くなり、
ついには軽いジョギング程度のスピードまで
落ちてしまったのです。

 『ゆり恵ちゃんっ!』

銀座に差し掛かった30キロ地点。

足の筋肉や骨にきしむような痛みを感じ、
うつむき加減で走っているところ
突然、沿道から名前を呼ばれたことに気づきました。

ハッと顔を上げると
そこには彼の姿があり、
思わず駆け寄ります。

 「足辛そうだね」

思っていたよりもフラフラの私を気遣いつつ、
持参してくれたアイシングスプレーを
痛みのひどい部分にかけてくれます。

彼に別れを告げ、再び駆け出すも
35kmを過ぎると足が鉛のように重く感じ、
目線もまた下がってしまいました。

いま止まれば休めるけど、
きっともう動けなくなるんだろうな。

葛藤を繰り返すうちに
意思に反して足が止まってしまいました。

 『もう走れない。
  止まっちゃった。ごめん。』

とっさにスマホを取り出し、
彼にLINEで連絡します。

 『大丈夫?迎えに行こうか?』

彼からの返信はがんばることを強要しない
優しさにあふれるものでした。

甘えたい気持ちをぐっとこらえ、
 『大丈夫。このまま歩く』

寒さに震える手で、
なんとかメッセージを打ち返します。

とにかく歩いてでも進もう。

弱々しくなった足に鞭を入れて
ゴールを目指します。

40km以上走ってきた道のりを思い出すと
軽やかに駆け抜けた序盤もあれば、
長く苦しい後半もありました。

彼と出会って4年間。

ここまでは順調に来れたけれど、
これからはどうなるんだろう。

きっと悩むこともあるかもしれない。

それでも今まで通り
彼を信じてついていくのみ!

その決意と共に迎えた残り1kmは
最後の力をふり絞って走りました。

東京駅前の石畳の道を越え、
ついにゴール!

しかし足を止めることはありません。

待合所で待つ彼のもとへ急ぎます。

 「完走できたよ!」

彼はホッとした笑顔で迎えてくれます。

 「じゃあ行こう!」

彼に支えられながら
その足で区役所へと向かい、
晴れて入籍。

42.195kmのゴールは
2人で歩む新たなスタートとなりました。

月並みではありますが、
笑顔の絶えない家庭が作れるよう
2人仲良く末永く歩んでいきたいと思います。


日本財託 資産コンサルティング部 遠藤 ゆり恵(えんどうゆりえ)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
静岡県富士市出身。

資産コンサルティング部に所属し、
コンサルタントの業務サポートを行っています。

彼も苗字が『遠藤』で名前は変わらなかったため
区役所の窓口のおじさんは婚姻届けを二度見し、
戸惑っていました。


◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】 http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る