ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌 > 相続トラブルを未然に防ぐ家族信託活用法!

メールマガジン・バックナンバー

営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌

[2018/03/22] 相続トラブルを未然に防ぐ家族信託活用法!

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.540 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆   http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成30年2月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  6,872名

管理戸数    18,945戸

全体入居率   99.41%(18,945戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.78%(12,017戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 相続トラブルを未然に防ぐ家族信託活用法!
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記
  

======================================================================

■ 相続トラブルを未然に防ぐ家族信託活用法!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
家族信託のご紹介をはじめてから
約1年半が経過しました。

これまで50名を超えるお客様のご契約に携わらせて頂き、
今月は過去最多となる8件のご契約をお手伝い致しました。

最近では特にお問い合わせの数も増えてきており、
注目の高さを肌で実感しています。

通常、認知症が重症化して判断能力が低下すると、
契約行為ができなくなります。

このとき、あらかじめ家族信託を利用しておけば、
契約内容で定めた財産の管理運営を、子どもに任せることができます。

これによって、財産を凍結させることなく、
財産から得られた利益を両親のために活用することができます。

家族信託を利用するには、
認知症が重症化する前に行うことが必要です。

ただ、両親が認知症になってしまったからといって、
まったく使い道がないわけではありません。

特に考えて頂きたいケースが
片親が認知症を患い、
もう片親が元気でいるケースです。

実は、こうした場合で相続がおきると、
思わぬトラブルを招くケースがあります。

今回のコラムでは、
家族信託を活用して相続トラブルを回避した
事例をご紹介します。

先日、私の書籍の読者から
ご連絡をいただきました。

相談者は東京在住の40代の男性Aさん。

70代になるご両親は遠く離れた離島に住んでおり、
認知症の母親を高齢の父親が自宅で介護する、
いわゆる「老々介護」を行っていたのです。

ただ、介護をされている父親も持病を持たれており、
体調も万全とはいえない状況です。

仮に持病が悪化したり、父親も認知症を発症した場合、
東京に生活の拠点がある息子Aさんやそのほかの兄妹が
実家に戻って介護をすることは難しい状況でした。

そのため介護施設への入居を検討されていたのです。

また、もう一つの問題は、
万が一、父親が先に亡くなってしまうケースです。

遺言を残さずに亡くなった際には、
遺産分割協議が行われます。


ただし、認知症の母親は判断能力がないため、
このままでは協議に参加できません。

そこで、母親に法定後見人をつけて、
遺産分協議を行うことになります。

認知症の母親が相続した財産は
後見人が監督することになります。

こうなってしまうと、
いざ母親の介護施設の入居のために自宅の売却をしようにも、
家庭裁判所の許可を得る必要があります。

もし、売却ができなければ、
介護費用は子どもたちの負担となってしまう可能性がありました。

さらに法定後見人が付くと、
毎月3万円~5万円の費用が発生してしまいます。

これが10年間続いてしまうと、
360万円~600万円もの大金を
支払うことになってしまうのです。

遺言を利用すれば、
認知症の母親ではなく、子供たちに実家を残すこともできました。

ただ、父親が亡くなる前に認知症になってしまうと、
契約行為ができなくなりますので、

結局実家を売却することはできず、
同じように介護資金の工面に苦労することになります。

そこでご提案したのが、家族信託です。

父親とAさんとの間で家族信託契約を結ぶことができれば、
実家を含めた資産の管理をAさんに任せられます。

これで、お父様が認知症になってしまっても、
Aさんの権限で委託された資産を管理運用することが可能です。

万が一のことがあってもご両親の財産から
介護費用を捻出することが可能となります。

「これだ!」とAさんにはご納得いただきました。

後日、Aさんと共に実家のある離島へ向かい、
ご両親と面談を行いました。

ご両親も先々のことに頭を悩めていたものの、
家族信託に希望を見いだされました。

さらにAさんから
「自分のためというより、
 孫のために検討してほしい」
と話されたことをきっかけに、
スムーズに話が進むようになりました。

ひと通りの手続きを終え、
ご両親もスッキリされた様子でした。

なにより遠く離れて暮らす息子さんが

「家族信託をすると
 本に書いてあった通り、
 家族の絆が深まりますね」

と話されていたことが印象的でした。


今回の事例では、お父様が認知症になる前に
家族信託を選択されたことによって、
資産の管理を息子さんに任せることができました。

同居しているならまだしも、
地方で離れて暮らす両親とは
年に一度の帰省の機会にしか会わないという方が
多いのではないでしょうか。

「次に会った時に話そう」

そう思っていた矢先、
持病の悪化や怪我がきっかけになって、
認知症を発症してしまうケースもあります。

とはいえ、いきなり介護やお金の話をしてしまうと
敬遠されてしまうご両親もいることでしょう。

そんな時こそ
私たちにご相談ください。

離れた場所にお住まいでも足を運び
ご家族の皆さまと同じ目線でお話をさせて頂き、
最適な道をご提案させていただきます。

家族信託の基本的な考え方は、
ご両親の豊かな生活をこれから先も維持していくこと。

そして、それがご両親を支えるご家族の負担を
軽くすることにもつながります。

ご両親の認知症や介護でお悩みであれば、
まずはぜひ一度ご相談ください。

日本財託 資産コンサルティング部 家族信託コーディネーター
横手 彰太(よこてしょうた)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
鹿児島県阿久根市出身の45歳。
 
資産コンサルティング部アセットプランニング課で、
相続対策や法人設立、家族信託など、
お客様の資産を守り増やしていく提案を行っています。

最近家族で米村でんじろう先生の『サイエンスショー』に行きました。
大人も楽しめる内容になってますので、
お子様がいる方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
 
最新著書『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
      いざというときに困らないための「家族信託」』
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/booklet/


◆ 家族信託に関するコラムはこちらで掲載中

『家族信託と相続 家族の想いを叶える相続』

https://shintaku-souzoku.jp/category/kazoku-shintaku

◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計570話 HP掲載中≫      
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 老後の年金を作る No.281 】  

『資産を築く大切さを教えられる父親になりたい』

M・G様(男性) 30歳 東京都在住
日本財託を知ったきっかけ:書籍「今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!」
ご購入日:平成30年2月
ご購入物件:川崎市高津区(東急田園都市線「二子新地」駅徒歩10分) 
      平成2年築 頭金240万円

 
もともとお金や資産運用にとても興味があり、
漠然とお金に困らない人生にしたいという思いをずっと持っていました。
 
3年前に結婚し、子供も産まれました。
それ以来、お金の重要性やありがたみが、
独身時代とは比べ物にならないほど骨身に沁みてきたのを覚えています。

お金を増やすべく、とにかくやってみようと思い、
株式投資や仮想通貨の購入、外貨取引などに、手を出してきました。

しかし、子育てと同様、思うようにいかず、
悶々とした毎日を送っていたのです。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report01/post-419.html
 

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業28年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者21,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

 セミナーでご紹介するのは、
『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

そして最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

また、セミナー参加者限定で、月100戸以上の取り扱い物件から
厳選した非公開物件をご紹介しております。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

【東京】4月7日(土) 13:00~15:30

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
【賃貸管理の質はどの管理会社でも同じと思っていませんか?】
『入居率98%を維持する管理ノウハウご紹介!賃貸管理セミナー』
 
引越しシーズンもまもなく終わり。
これからの時期の空室解消力こそ、
信頼できる賃貸管理会社を見極めるポイントです!
 
日本財託の管理ノウハウを具体事例を交えながらご紹介します。
他社で購入した物件をご所有中のオーナー様にオススメです。
 
【東京】4月14日(土)13:30~14:30

▼賃貸管理セミナーの参加申込みはこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/kanri/seminar/
 
 
【「クローズアップ現代+」「とくダネ!」も注目!】
『話題の認知症×財産対策!家族信託セミナー』
 
親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
<<いざというときに困らないための「家族信託」>>

認知症による財産凍結を防ぐ手法として注目される
「家族信託」についてNHKやフジテレビにも出演した講師が、
豊富な実例をもとに分かりやすくご紹介します。
 
【東京】4月21日(土)13:00~15:10
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/#1563

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

1788年、
履物の製造問屋として創業。

今年で230年を迎え、
現在は生鮮食品やお酒、日用雑貨を扱う
総合スーパーが実家の家業です。

私の父は現在8代目の社長として、
11店舗500人を超える従業員をまとめています。

私が幼少期の頃から、
父は働き詰めでした。

毎朝5時半には起床し、
忙しい日は夜12時近くまで
職場に残ります。

風邪以外では滅多に休むことはありません。

そのため過去に一度も、
泊りがけでの家族旅行に出かけたことは
ありませんでした。

 『お前のお父さん社長なのに、
  なんで旅行行かないんだよ』

小学校の頃、夏休みを終えると
恒例のお土産交換が教室で始まります。

 『私は外国へ行ったよ!』
 『俺は家族で海に行ったぜ!』

クラスメートたちはお土産を片手に、
夏の思い出話を競うように話していました。

しかし、私にはその輪に加わる話を
持ち合わせてはいません。

 『なんでうちは旅行行かないのかなあ...』

誰もが日焼けをし、
楽しそうに語る姿を遠巻きに眺め、
いつもうらやましく思っていました。

 「金持ちのくせに」

小学生だからかもしれませんが、
時には心無い言葉も浴びせられたこともあります。

日々汗をかきながら頑張る父を
責める気はありませんでしたが、
もう少し家族に目を向けて欲しい気持ちもありました。


部活を引退した高校3年の時、
バイト感覚で父の職場の手伝いを引き受けました。

朝7時に向かい、
開店準備を始めます。

1時間ほどして従業員が集められ、
朝礼が始まりました。

勝手のわからない私は
一番端に身を置き、
朝礼の様子をうかがっていました。

するとおよそ70人の従業員の前に父が立ち、
堂々と話し始めたのです。

普段見ない父の姿に
圧倒されました。

 「かっこいい」

心に浮かんだのは、
その一点でした。

それと同時に父は家族だけでなく、
多くの従業員の人生も背負っていることを
実感したのです。


それ以来、私の目標は
父の背中を追いかけること。

大学を卒業し、
日本財託で働き始めてから最初の1年間は、
毎月父と会い、仕事の話をたくさんしました。

 『社員はみんな家族だから、
  父さんがいなくなったら社員や
  社員の家族が幸せでなくなってしまう。

  みんなのために父さんは働いている』

父が話していたこの言葉が、
強く印象に残っています。

230年の歴史と
500人を超える従業員と
その家族の生活を守る父を誇りに思います。

そしていつかは父と肩を並べるくらいの
人間になりたい。

私はまだ駆け出しの若造ですが、
偉大な父の背中に追いつくため
目の前の仕事に全身全霊で
取り組んでいきたいと思います。 


日本財託 資産コンサルティング部 宍倉 健斗(ししくらけんと)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
千葉県夷隅郡出身の25歳。

資産コンサルティング部にて、東京中古ワンルームを通じて、
お客様の老後の不安を解消することを目指している。

東京マラソンへの参加をきっかけにダイエットを始めました。
食事に気を付けスーツが似合う男性になります。
 

◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】 http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る