ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌 > 子育てと介護の負担が同時に襲う!ダブルケアの実態と賢い備え方

メールマガジン・バックナンバー

営業マンが今日も行く!豆のマークの営業日誌

[2018/08/02] 子育てと介護の負担が同時に襲う!ダブルケアの実態と賢い備え方

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.558 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆   http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成30年7月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  7,534名

管理戸数    20,245戸

全体入居率   99.26%(20,245戸)
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.47%(12,409戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 子育てと介護の負担が同時に襲う!ダブルケアの実態と賢い備え方
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記


======================================================================

■ 子育てと介護の負担が同時に襲う!ダブルケアの実態と賢い備え方
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

先月、ソニー生命がある調査結果を
発表しました。

大学生以下の子どもがいる人の
約3割が「ダブルケア」を経験している
というものです。

ダブルケアとは、子育てと親の介護という
2つのケアを両立している状態をいいます。

子育てと介護の両立は、
身体的にはもちろん、精神的、そして経済的にも
働き盛りの世代にとって大きな負担となります。

ダブルケアの状態になる人は、
今後ますます増えると予想され、
どのご家族にとっても他人事ではありません。

大切な家族のことですから、
なかなか避けられない負担でもあります。

しかし、いまから備えておくことで、
経済的な負担の軽減は可能です。

そこで今回のコラムでは、ダブルケアの実態と、
経済的負担への賢い備え方をご紹介します。


ダブルケア増加の背景には、
晩婚化と出産年齢の上昇があります。

第一子出産年齢は1975年には25.7歳でしたが、
2015年には30.7歳と5年遅くなりました。

当然、「初孫」ができた親の年齢も、
5歳分上がっています。

子どもがまだ小中学校に通うご家族でも、
親世代は70歳を超えているケースがあり、
介護が始まることは珍しくありません。

50代では男性の3割、女性の4割が、
ダブルケアを経験しています。

肉体的な負担だけでなく、
精神的な負担も大きいのがダブルケアです。

たとえば子育て世代は、ママ友がいても、
介護の相談まではできないこともあるからです。

一方で、ダブルケアが始まると
経済的な負担も避けられません。

調査によれば平均月額で、

子育て関連に約3万8000円、
介護・医療関連に約2万3000円、

計6万円あまりが生活費にプラスされます。

約8割の人は、親の介護費や医療費を
自身の財布から負担しています。
さらに、想定外の支出があったとの回答も半数にのぼります。

特に40代、50代にとっては、
教育費や介護費だけでなく、
自分自身の老後にも備えないといけない時期です。

経済的には、介護費、養育費、そして老後への備えの
トリプルパンチが襲う
といっても過言ではありません。

もし、自身の財布から介護費用を出せないとなれば、
両親の持っているお金を頼りにして、
備えるしかありません。


ところが、ここに認知症という
大きな問題が立ちはだかります。

認知症が重症化して判断能力がなくなると、
親の財産は事実上、凍結してしまいます。

たとえば、定期預金が解約できなかったり、
住む人がいなくなった実家を売ることができなかったりして、
老人ホームに入居するお金を工面することができないのです。

これを防ぐ方法が「家族信託」です。

家族間であらかじめ目的を定めた契約を結び、
財産を管理する権限を、親から子どもに託してもらいます。

現金を信託した場合、
専用の銀行口座を作って、
子どもの財産とは分別して管理します。

介護にかかわる費用は、この口座のお金から、
子どもの権限で、必要なときに出すことができるわけです。


家族信託の契約を当社でお手伝いした
直近の事例にも、こうしたご家族がいらっしゃいます。

ご相談いただいた40代女性のAさんは、
夫と娘と共に東京に住み、
ご両親は地方の実家暮らしです。

Aさんの父親は80歳を超え、
母親も70代で、認知症のリスクが気になる年齢です。

Aさんは父親の通院に付き添うため、
現在も1ヶ月に1度は実家に戻っています。

母が同居しているとはいえ、
近い将来、父親に介護が必要になれば、
一人っ子のAさんが何とかするしかありません。

しかし、まだ娘は11歳の小学生で、
これからまだまだ教育費もかかります。

ダブルケアのリスクが高い状態を考えて、
父親から自宅と現金、
母親からも現金を託される契約を結びました。

これで、いざという時は安心して
両親のお金を活用して在宅介護のサービスを充実させたり、
高齢者施設へ入居してもらうこともできます。


家族信託を考えるにあたり、気をつけるべきポイントは、
認知症で判断能力がなくなると、家族信託の手続きは
できなくなってしまうということです。

その前に手続きを進めて、
備える必要があるのです。

高齢になればなるほど、
認知症になるリスクは高まります。

ゴールが見える子育てとは違い、
介護には終わりがなかなか見えません。

負担に押しつぶされて、
親子の関係が悪くなってしまったという
ご家族もあります。

だからこそ、経済的負担だけでも
できる限り軽減できるよう、
備えておくことが大切です。

ご両親が70代以上ならば、
認知症対策の選択肢の一つとして、
家族信託は大変有効な手段です。


お盆で実家に帰省する方も多いと思いますので、
この機に、ご家族で将来のことを
話し合ってみてはいかがでしょうか。


日本財託 資産コンサルティング部アセットプランニング課
家族信託コーディネーター

横手 彰太(よこてしょうた)

 
◆ スタッフプロフィール ◆
  
鹿児島県阿久根市出身の45歳。
 
資産コンサルティング部アセットプランニング課で、
相続対策や法人設立、家族信託など、
お客様の資産を守り増やしていく提案を行っています。

認知症とお金の問題を解決する専門家。

この夏は長男と富士登山を予定しています。
家族信託の最前線(ときどき家族の最前線)コラムは
こちらから!
https://shintaku-souzoku.jp/category/forefront


◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計588話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫ 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 家族の生活を守る No.41 】  

『担当者とがっちり握手をして始まった不動産投資』

A・Y様(男性) 35歳 東京都在住
日本財託を知ったきっかけ:紹介
ご購入日:平成29年6月
ご購入物件:千代田区(総武線「浅草橋」徒歩8分)
      平成17年築 他2戸


これまでは投資というものに
全く興味がありませんでした。

しかし、結婚して子どもが産まれてからは、
自分に万が一のことがあった時の
家族のことを考えるようになったのです。

 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report02/10-1.html
 

=====================================================================

■ 3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください

――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.ワンルームのスピード査定

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

≪日本財託の5つのメリット≫
・メリット1 スピード査定
・メリット2 仲介手数料不要
・メリット3 売却後のトラブルも心配なし
・メリット4 手続きは簡単
・メリット5 最短1週間で現金化
 
▼簡単スピード査定のお申込みはこちらから
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

2.ご自宅の購入・売却のご相談

日本財託グループでは、投資用マンションの販売だけではなく、
居住用不動産(リノベーション物件)のご紹介、ご自宅の売却のお手伝いも承っております。
 
≪オトクなキャンペーン実施中!≫
現在、『仲介手数料率 1%割引』などオトクなキャンペーンを各種実施中です。

▼詳しくはこちらから
http://www.nihonzaitaku.jp/residential/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者22,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

 セミナーでご紹介するのは、
『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』
『なぜ、いまが買いどきなのか』

客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

また、セミナー参加者限定で、月100戸以上の取り扱い物件から
厳選した非公開物件をご紹介しております。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

【東京】8月4日(土) 13:00~15:30
【東京】9月1日(土) 13:00~15:30
【東京・平日開催】9月5日(水) 19:00~20:30

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
【「クローズアップ現代+」「とくダネ!」も注目!】
『話題の認知症×財産対策!家族信託セミナー』
 
親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
<<いざというときに困らないための「家族信託」>>

認知症による財産凍結を防ぐ手法として注目される
「家族信託」についてNHKやフジテレビにも出演した講師が、
豊富な実例をもとに分かりやすくご紹介します。
 
【東京】8月5日(日)13:00~15:10
【東京】9月8日(土)13:00~15:10
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/#1695

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

母がピアノの講師をしていたこともあり、
物心つく頃には、
自然とピアノに触れていました。

もともと"単に好きだから"弾いていたこともあり、
年がら年中練習をすることはありません。

その影響か、小学校5年生の冬に
参加したコンクールでは
散々な結果でした。

その会は初めてひとりで演奏したこともあり、
極度の緊張で頭が真っ白になってしまったのです。

ハッと我に返り、観客席を見回すと
心配そうな目線が痛いほど
突き刺さります。

その出来事以降、
好きで弾いていたはずのピアノに
一切触れることは無くなりました。


「下浦君、せっかくだから
 コンクールで伴奏してみない?」

中学3年の夏、
クラス対抗の合唱コンクールがあり、
その伴奏を先生から勧められました。

ピアノを遠ざけていた私は
当然のように断りを入れました。

ただ、周囲にいた友人たちからも
「弾いてみようよ」と背中を押され、
渋々引き受けることにしたのです。

(引き受けてしまったけど、本当に大丈夫かな...)

もし失敗したら
今度は自分ひとりだけでなく、
クラスメートみんなに迷惑をかけてしまう。

やるからには、じっとはしていられません。

本番までの約2カ月間、
授業や部活の合間を縫ってはピアノを触り、
帰ってからも自宅のピアノを毎日3時間弾き続けました。

合唱コンクール当日。
いよいよ発表の時です。

指揮者が振り上げた腕に合わせ、
指先に力を込め、大きく息を吸い込みます。

弾き始めは静かに、ゆっくりと。

前奏が終わり、
クラスメートたちの歌声が
聞こえてきます。

みんなの声を消してしまわないように、
それでいて、しっかりとピアノの音を届けられるように
バランスを取って演奏を続けます。

曲が終わるまでの4分30秒。

ただ目の前の鍵盤に集中していると、
不思議とリラックスしたまま
最後まで集中してピアノを弾くことができました。

『お疲れ!伴奏良かったよ!』

発表を終え、舞台袖に戻ると
クラスメートから次々と声をかけられます。

弾き終えた安心感と同時に
新たなピアノの魅力に気づきました。

それは、ひとりで弾くのではなく、
『みんなのために弾くことの楽しみ』です。

この魅力に気づいてからは、
皆の前で頻繁にピアノを弾くようになりました。

今でこそあまりピアノに触れる機会も少なくなりましたが、
誰かのために自分の力を尽くすことは
今の仕事にも活かされています。

単に物件をご紹介するだけではなく、
そのお客様のために何が最善なのか、そしてどのようなお力になれるのか。

常に考えながら、
これからも仕事に取り組んでいきたいと思います。


日本財託 資産コンサルティング部 下浦 寛史(しもうらひろし)


◆ スタッフプロフィール ◆

東京都江戸川区出身の23歳。

資産コンサルティング部にて、東京中古ワンルームを通じて、
お客様の老後の不安を解消することを目指しています。

昨日は不動産健保事業所対抗の野球大会に出場しました。
惜しくも、あと一歩というところで優勝を逃してしまいました。
来年こそは必ずリベンジできるように頑張ります!


◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】 http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る