ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 賃貸管理会社社員のよもやま話 > 6月からいよいよ民泊新法施行へ!『ドアから覗く青い瞳』違法民泊の現場と実態

メールマガジン・バックナンバー

賃貸管理会社社員のよもやま話

[2018/02/01] 6月からいよいよ民泊新法施行へ!『ドアから覗く青い瞳』違法民泊の現場と実態

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.533 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成30年1月末現在 ―――――――――◆

オーナー様数  6,837名

管理戸数    18,802戸

全体入居率   99.17%(18,802戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.55%(11,934戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 6月からいよいよ民泊新法施行へ!『ドアから覗く青い瞳』違法民泊の現場と実態
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記
  

======================================================================
 
■ 6月からいよいよ民泊新法施行へ!
 『ドアから覗く青い瞳』違法民泊の現場と実態
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
今年の6月から、
民泊に関する取り決めがまとめられた
「住宅宿泊事業法」がついに施行されます。

ここ数年の間、民泊サービスが日本でも広がり、
それにあわせて各地でトラブルも散見されるようになったため、
法の整備が始まったのです。

また、法律で一律に取り決めるのではなく、
自治体ごとに条例を制定し、
住みやすさや環境など、それぞれの事情を考慮した
制限が加えることも可能となっています。

しかし、新法や条例の網をかいくぐる
違法民泊をどれだけ防げるかはまだ未知数です。
 

週末のみ民泊が許された地域で、
平日も素知らぬふりをし
旅行者を招いてしまう。

普段見たこともないような外国人が
マンションをわが物顔で歩いていたら、
住民は不安がるでしょう。

賃貸マンションで、法令を無視した
違法民泊が横行すれば、入居者が付きづらくなり、
不動産経営もままならなくなります。
 
そこで今回のコラムでは、
6月から施行される民泊新法を取り上げながら、
違法民泊に対する当社の対応についてご紹介していきます。

6月に施行される住宅宿泊事業法では、
民泊を行う事業者や管理会社、仲介会社にかかわる
制度などが明文化されます。

具体的には、
・宿泊日数の上限(180日まで)
・対象となる住宅の必須設備4点
 (台所・浴室・トイレ・洗面設備)
・宿泊者名簿の作成義務と記載事項
・宿泊者への注意事項説明の内容
などが定められます。


また第18条では、
条例による民泊実施の制限について明記されており、
 
各自治体は本条項をもとに、
さらに民泊に制限をかけることが可能になります。

例えば、新宿区の条例では、
月曜から木曜までは民泊事業を行うことはNGですが、
金曜から日曜までは運営することが可能です。

すると、新宿区では年間150日程度の
民泊運営が可能となることが予想されます。

また、港区では春休みや夏休み、年末年始に
制限することが検討されています。
 
その他の区でも、民泊の実施は原則週末に
定めることを検討するなど、制限を強めています。


しかし、いくら新法や条例が施行されたとしても、
違法民泊を完全に防げるわけではありません。

違法民泊が判明したら、
すみやかに対応することが大切です。

過去には当社の管理物件でも、
違法民泊が行われていたことがありました。


港区にあるマンションの一室に
外国人が入れ替わり立ち替わり
出入りしているとの連絡が建物管理会社から入りました。

ただちに調査を開始すると、
大手民泊サイトの中で、
当社の管理物件と酷似した部屋を発見したのです。

すぐに、現地の様子を伺いにいきましたが、
入居者は不在。
 
事情を確認するために、入居者に連絡するもつながらず、
勤務先にも連絡をしましたが、
すでに退社してしまっているようでした。

連絡の取れないまま3日が過ぎました。
 
すると、ようやく入居者の恋人を名乗る女性から
連絡が入ったのです。

話を聞くと、入居者本人に退去の意思があるらしいのですが、
体調を崩していて、どうしても直接話せないというのです。
 
入居者の恋人といっても、
こちらは彼女の素性が分かりませんし、
 
本人ではありませんから、
解約の手続きを進めることもできません。
 
 
そこで再度、お部屋にお伺いさせていただく旨を
お伝えいただくことにしました。
 
 
約束の日。
 
インターホンを数回鳴らすと、
ゆっくりと玄関扉が開きました。
 
玄関ドアのU字ロック越しに、
金髪の中年外国人がこちらを覗き込んできました。
 
彼らは事情を把握しておらず、日本語も通じません。
わずかに聞き取れるのは「トラベル」という単語。

民泊が行われていることは明白でした。

すぐに入居者や自称恋人に連絡を入れましたが、
やはり電話はつながらず、留守番電話にもなりません。


それから3日後、突然入居者から
「民泊はしていないから解約しない」と
一方的な連絡が入ったのです。 

しかも、部屋のカギをもう一本要求するとともに、
今日中にカギをもらいに行くと息巻いています。
 
しかし、そうはいってもこちらは民泊が行われていた
現場を押さえています。

また、この時にはすでに民泊サイトから
情報は削除されていましたが、
掲載時の内容を印刷し保管していました。
 
これらの証拠を元にお話をすると、
途端に相手側の歯切れも悪くなり、
退去にも、ご納得いただくことができました。
 

今回の案件は新法や条例が
施行される前の事例なので、
今後、違法民泊は減少していくことが予想されます。

しかし、どれだけ規制が強化されようと、
隠れて民泊を行い利益を得ようとする人を
完全に防ぐことはできません。


 「あのマンションは違法民泊している可能性がある」

そのような情報が出回ってしまえば、
インターネットで簡単に調べられ、
入居者が付きにくくなる可能性も否めません。

それだけに、当社では引き続き
違法民泊に対しては毅然と対応していきます。


また、管理組合の中には、
6月の施行に先んじてマンションの管理規約を確認し、
規約を見直すことを決めた組合もでてきています。
 
まずはご自身が所有されている物件の管理規約を確認し、
必要があれば管理組合の理事会で提案することで
見直しの検討も進むでしょう。


昨年1年間で、
訪日外国人旅行者数は
およそ400万人も増加しました。

今後も東京五輪に向け、
ますます訪日外国人が
増加することが予測されます。

日本経済が潤うことは喜ばしいことですが、
違法民泊が横行すれば、
大事な資産である投資マンションの価値を
下げることにつながってしまう可能性もあります。
 
お預かりしている資産価値を維持していくためにも、
これからも室内の利用状況に目を光らせながら、
一室一室に心をこめて管理してまいります。


日本財託管理サービス 管理部 飯島 智也(いいじまともや)

 
◆ スタッフプロフィール ◆
 
東京都足立区出身の29歳。

管理部に所属し、入居者が快適な生活を送れるようにお困り事に迅速に対応する。
状況を正確に把握し、修理を手配する。

2人目の姪っ子が産まれて兄夫婦の家に入り浸っている
生活を送っています。
姪っ子と買い物に行くのが今の楽しみです。
 
 
◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計563話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 資金の効果的な運用 No.168 】  

『勤務先の事業より効率の良いマンション投資』

T・M様(男性) 42歳 神奈川県在住
日本財託を知ったきっかけ:資産運用情報のメールマガジン
ご購入日:平成28年6月
ご購入物件:荒川区(山手線「西日暮里」駅徒歩8分)
      平成18年築 他2戸

不動産はお金持ちしか買えないと思っていました。
 
一方で、普通のサラリーマンが不動産投資を
しているという話も耳にしていました。
 
一体どういう仕組みなんだろうかと、
興味はずっと持っていたのです。
 
その後、資産運用に関するあるセミナーに参加して、
借り入れを活用して投資するということを知りました。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-412.html
 

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業28年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者21,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【東京】3月3日(土) 13:00~15:30

 ◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html


◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした物件情報もセミナー参加者限定で、
ご紹介しております。
 
平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が
厳選した物件です。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
■ NHK「クローズアップ現代+」
フジテレビ「とくダネ!」も注目! 話題の認知症×相続対策!
 
【「シニアハウスコム」の運営会社アスモ様・共催セミナー】
 
『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
 ≪いざというときに困らないための「家族信託」≫』
『老人ホームと入居者のマッチングのプロが明かす
          失敗しないホーム選びのポイント』

2月24日(土)13:00~15:30

今回は 認知症対策を兼ねるまったく新しい相続対策「家族信託」と合わせ、 
有料老人ホーム、シニア向け住宅紹介センター「シニアハウスコム」を運営する
株式会社アスモ様と共催し、シニア向け住宅を紹介してきたコンサルタントが
失敗しない老人ホーム選びのポイントをご紹介します。
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/ 

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 『ただし、文学部は除く』

掲載された求人情報を眺めても
その多くにはこのような但し書きが
記載されていました。

およそ25年前の大学時代、私は土地や環境が
人とどのような関係を築いているかを研究する
文学部の「経済地理」を専攻していました。

しかし、当時は文学部への求人は少なく、
人気職種は狭き門。

 「どうしたものか...」

周囲の学生が就活を終えていく中、
就活戦線から取り残されていく切迫感に
眠れぬ日々が続きました。
 


そもそも私がこの分野に興味を持ったのは、
父の影響で始めた趣味の釣りから
環境や地理学に関心を抱いたことがきっかけです。

わずかな休日を使って、
父は釣りに連れて行ってくれました。

その日の天気や狙う魚に合わせた仕掛けや準備、
釣りのテクニックを丁寧に教えてくれたのです。

小学生の私にとって、それが何よりの楽しみで、
以来釣りがライフワークとなっていきました。


大学進学時、釣り部への入部をきっかけに
釣り好きの知り合いが飛躍的に増えました。

特に地方から上京してきた学生とウマが合い、
長期の休みでもあれば、
彼らの地元へ遊びにでかけたのです。

夏は自然の涼しさを求めて山へ行き、
冬は脂ののった旬の魚を狙って海へ行く。

釣果はもちろん、
魚や釣りに関する知識を
熱く競い合いました。

しかし、いつまでも遊んではいられません。

大学3年を迎えると
徐々に就職活動が本格化し、
学生たちの目つきが変わっていきます。

出遅れるわけにはいかないと、
専門性が活かせる求人情報を探すものの、
簡単には出会えません。

就活冊子に付いている企業宛のハガキに
手が黒くなるまで必要事項を書き込み、
送っては結果を待つ。

ただ、なかなか結果が出ません。

そうこうしているうちに4年生の夏が
過ぎようとしていたのです。

何か打開策はないだろうか。

そんなことを考えたときに、
釣り部でお世話になった先輩の顔が浮かび、
連絡を取りました。

その方は法学を専攻し、
就活当時はずいぶん悩まれていました。

お酒を酌み交わしながら
就職活動の相談をすると、

 「波田野君、社労士事務所って知ってる?」

社労士とは、企業の人事採用や労務管理、
働きやすさの実現など、
人事・総務に関わることに携わる職業です。

先輩は就職活動で悩んだ末、
社労士事務所に入社し従事されていました。

馴染みのない職業の中身を聞くうちに、
これまで学んできた人と環境のつながりを考えることも
活かせるのではと感じたのです。

後日、詳しく調べていく中で興味を持ち、
いくつかの社労士事務所と連絡を取り、
何度か面接に伺いました。

 「お!君はあの大学出身なんだね」

面接で伺ったある社労士事務所の所長と
偶然にも同じ大学出身だったのです。

その縁から話が盛り上がり、
幸いにも採用のお話をいただくことができました。 

それから5年間、
その社労士事務所でお世話になり、
社会保障や企業の人事・採用など
多くのことを学ぶことができました。

もともと社労士として独立するより企業に所属し、
机を並べて環境整備をすることに魅力を感じていたことから
企業の総務へキャリアチェンジを行いました。

前職ではアウトドア部に所属し
ここでも釣り好きが高じて
幅広い年代の社員と円滑なコミュニケーションを
築くことができたのです。

 『釣り』をきっかけに学びたい学問と出会い、
今でも関係が続く友ができ、
生涯続ける職業と出会うことができました。

現在は日本財託の総務部として、
これまでの経験を活かし
企業の環境整備に努めています。

採用の場でも学部だけで判断するのではなく、
当社で大いに実力を発揮できる方に来ていただくために
その方の個性や本質をしっかりと見ていきたいと思います。


日本財託 総務部 波田野 寛之(はたのひろゆき)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
埼玉県浦和市出身の47歳。

総務部に所属し、人事・総務関連全般に従事。
社員がイキイキと長く勤めたいと思える職場環境を
作るために尽力しています。

昨年から月に2回ほど、趣味でテニスを始めました。
経験者の妻の指導のもと、最近少し上達し
ラリーが続くようになり楽しんでいます。
 

◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る