ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 不動産投資お役立ちコラム > インターネットだけで契約まで完了!10月から解禁でお部屋探しの何が変わる?

メールマガジン・バックナンバー

不動産投資お役立ちコラム

[2017/10/05] インターネットだけで契約まで完了!10月から解禁でお部屋探しの何が変わる?

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.519 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆―――――――――― 平成29年9月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  6,719名

管理戸数    18,353戸

全体入居率   99.00%(18,353戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.42%(11,629戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. インターネットだけで契約まで完了!10月から解禁でお部屋探しの何が変わる?
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記

======================================================================
 
■ インターネットだけで契約まで完了!10月から解禁でお部屋探しの何が変わる?
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

10月になり、半期の区切りを迎えた
会社も多いのではないでしょうか。
 
10月1日から国の制度や法律も
色々なことが変わりました。
 
不動産業界においても、実は大きな変化があります。
 
それはインターネットを介した重要事項説明、
通称「IT重説」の本格解禁です。
 
不動産の賃貸契約で、テレビ会議システムなどを用いて
重要事項説明を行うことが可能となりました。
 
これまではテスト期間という形で、
限られた不動産会社にしか、許されていなかった説明方法です。
 
いわゆる『規制緩和』です。
 
お部屋探しは、今や大半の人がスマホやPCで
インターネットから始める時代です。
 
ただ、契約するにあたって最後はどうしても、
店頭に赴く必要がありました。
 
今回のIT重説解禁で、
お部屋探しの始めから終わりまで全てのプロセスを、
インターネットで完結することが可能になります。
 
契約までがインターネットになることは、
部屋探しをする方、そしてオーナーにとって、
どのようなメリットがあるのでしょうか。
 
今回は、規制緩和がもたらすお部屋探しの仕方の変化と
当社の取り組みについてご紹介します。
 
 
今回、緩和されたのは「重要事項説明」とは、
契約書を取り交わす前に、
特に注意しなければならないポイントを
書類を用いて行う説明のことです。
 
賃貸契約では、居住する上で
必要不可欠なものについて説明が義務化されています。
 
たとえば、飲用水やガス、電気といったライフラインや、
キッチンやトイレの有無といった項目です。
 
また、契約解除に関する定めや、
敷金の精算、違約金や損害賠償額の有無など
契約を交わす際に重要なことも説明が求められます。
 
これらの説明は、
国家資格者である宅地建物取引士から
受けることと法律で定められています。
 
トラブルを防止し、
円滑な不動産取引を実現するためです。
 
 
この重要事項説明は、
これまでお客様と対面して行うことが必要でした。
 
規制緩和でこの10月から、
インターネットを介した説明も、
許可されるようになったのです。
 
具体的には、
テレビ会議システムやスカイプのビデオ通話などを
使って説明します。
 
カメラ付きのパソコンやスマートフォンであれば、
お互いに顔が見え、意思疎通もできる状態です。
 
つまり、インターネット上で顔が認識されれば、
対面しているとみなしても問題ないというわけです。
 
ちなみに契約書と重要事項説明書は、
先に郵送するなどして、入居者の手元にあるようにします。
 
 
物理的に移動する必要がないので、
遠方や海外からお部屋探しする人には、
大きなメリットがあります。
 
たとえば、地方から上京するお客様です。
 
これまでは、お部屋を探す時、契約時、
そして引っ越しと、計3回のタイミングで、
上京しなければいけない可能性がありました。
 
交通費はもちろんのこと、
行き来する時間もあり、大変ですよね。
 
移動せずに、お部屋の中を見て、
希望の物件を決め、契約までも完了できれば、
時間もコストも削減することができます。
 
インターネットによるお部屋探しは、
ここ数年でさらに便利になっています。
 
当社でも実施している
動画撮影による内見代行サービスや、
360度画像によるバーチャル内見などで、
自宅や職場にいながら、お部屋を見ることができます。
 
≪バーチャル内見の例はコチラ≫
https://3dstylee.com/nihonzauitaku-houjin1/20160106nerimatakanodai
 
また、どうしても上京して
実際に室内を見てみたいという場合は、
事前の絞り込みに活用する方法もあります。
 
いくつもの物件をまわって、時間を取られることもありません。
 
お部屋を決めた後、インターネットで説明を受け、
契約まで済ませておけば、後は荷物と一緒に、
1回移動するだけで転居は完了です。
 
 
日本財託では、IT重説の解禁前に行われた
国土交通省の社会実験に参加していました。
 
インターネットを介した重要事項説明の実例の一つに、
福井から上京する20代女性の事例があります。
 
この女性は、交通費を少しでも節約したいと
IT重説を希望し、上京せずにお部屋選びから契約までを
福井の実家から行いました。
 
事前に、重要事項説明書にじっくり目を通すことができ、
質問を考えられた点も良かったとの感想でした。
 
疑問点に対して回答しながら
入居前に説明をしっかりできることは、
入居者だけでなく、実はオーナーにも利点があります。
 
入居後に「こんなはずじゃなかった」「話と違う」と不満が現れ、
短期解約に至るリスクを抑えられるからです。
 
 
借上げ社宅のお部屋探しでも活用事例がありました。
 
説明を受けたのは、大阪に本社を持つ会社の
総務人事担当者でした。
 
東京から千葉へと異動する社員本人に代わり、
借上げ社宅のお部屋探しと契約の手続きを、
本社勤務の担当者が行ったのです。
 
東京や千葉まで赴くことなく、
大阪にいながら総務人事担当者が説明を受けられます。
 
本社にいるので、社宅規程に沿っているか、
しっかり確認しながらの契約が可能になります。
 
入居する社員に余計な手間をかけてもらう必要もなく、
素早く契約手続きまで進められるため、
担当者からは好評でした。
 
契約手続きがスピードアップすれば、
より早期の入居が実現できます。
 
空室期間の短縮になり、
オーナーにとってもメリットがあります。
 
 
2015年8月から開始された社会実験では、
借主、オーナー、オーナー側の管理会社のすべてから
事前同意書を取る必要がありました。
 
もちろん、インターネットを介さずに、
対面で重要事項説明を行えば、このような手間は不要です。
 
この手間を嫌がる管理会社も多かったため、
お部屋探しをする方々の潜在的なニーズがあるにも関わらず
社会実験中は件数が伸びなかったのです。
 
今月からはそういった制限がないのでお客様にご紹介しやすくなり、
急速に普及していく可能性を秘めています。
 
とはいえ、インターネットを介した説明を
実施する体制が整っている会社は、現状では多くありません。
 
機材はもちろん、IT重説に特有のオペレーションを行うために、
宅地建物取引士のトレーニングも必要です。

当社では、社会実験から参加していましたので、
お客様のご要望にもスムーズにお応えすることが可能です。
 
 
また、IT重説だけでなく、
今後は電子署名を用いて契約を行う電子契約システムを
導入していく方針です。
 
賃貸契約までも含めたお部屋探しのサービスをより便利にして、
多くの入居者の選択肢となれるような体制を目指していきます。
 
オーナー様に1日でも早く日割り家賃をお届けできるよう、
IT活用をこれからも積極的に進めていきたいと思います。
 
 
日本財託 法人営業部 橋口 哲平(はしぐち てっぺい)
 

◆ スタッフプロフィール ◆

鹿児島県鹿児島市出身の41歳。
 
法人営業部法人ソリューション1課で、
法人からご紹介いただいたお客さまに対し、
当社管理物件のご案内を担当しています。
 
好きなお酒は芋焼酎の薩摩隼人。
休日は、横浜へ釣りに出掛けている。
 
 
◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから
    
http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/

 
====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計549話 HP掲載中≫
マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》       
【 資金の効果的な運用 No.160 】  

『父の教えは、若さを活かせ!』

K・J様 32歳 愛知県在住
日本財託を知ったきっかけ:家族からの紹介
購入日:平成28年2月
購入物件:品川区(京浜東北線「大井町駅」徒歩7分)
     平成4年築 頭金500万円 他1戸

マンション投資を考え始めたきっかけは
父からの勧めでした。
 
父は60歳を目前に、
年金とは別の収入の軸を作るべく
マンション投資を検討しました。
 
その際、出会ったのが日本財託です。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-398.html

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業28年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者21,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【東京】10月14日(土) 13:00~15:30

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html


◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。


◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした物件情報もセミナー参加者限定で、
ご紹介しております。
 
平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が
厳選した物件です。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
■ NHK「クローズアップ現代+」も注目!
  話題の認知症×相続対策!
 
【家族信託 活用セミナー】
『相続対策は東京・中古・ワンルームと家族信託で考えよう!』
 
認知症対策を兼ねるまったく新しい相続対策「家族信託」と
相続対策と収入対策に効果を発揮する
東京の中古ワンルームマンション投資について、事例を中心にご紹介。
 
10月21日(土)13:00~15:20
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/
 

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
陶芸、居合道、キックボクシング、
空手に合気道、チアダンス...。

 「なんでも、まずは自分でやってみる」
を信条に、興味のあるものは
片っ端から挑戦してきました。


昨年7月、本社に新設された
社員専用のリラックスルームは、
畳と小さな床の間を備えています。
 
畳を活かした催しとして、
茶道家の先生をお招きし、
茶道の体験教室が開かれました。
 
 「良い機会だし、参加してみようかな」

挑戦心をくすぐられ、
茶道の世界に一歩踏み入れました。


当初、茶道には漠然と、
堅苦しいイメージがありました。

少しでも手順を間違えると
先生から厳しく「ご指導」が入るのではないだろうか。
 
そう思いつつ、
少し緊張しながら初めての回に臨んだところ、

 「足が辛ければ、崩していただいて大丈夫ですよ」

正座が辛ければ、
足を崩してもよいと声をかけられ、
ちょっと拍子抜けしたものです。

さらに、所作を間違えたとしても
何度も繰り返す余裕がその場にはありました。

講師の先生も優しく丁寧で、
堅苦しさのないカジュアルな雰囲気です。
 
抱いていたイメージがガラッと変わった体験でした。

その後も何度か教室に参加するうちに
茶道の魅力にどっぷりハマっていきました。

茶道の魅力の一つは、
知れば知るほど楽しみが増える
奥深さにあります。

季節に合わせて茶室に飾られる花や掛け軸、
四季折々の旬のものをモチーフにした
装飾が施された茶器。
 
一つひとつ理にかなった所作の中で、
お茶を点(た)てたり、飲んだりすることはもちろん、
目や感触など五感すべてで楽しむことができます。

また、茶器は決まった道具を
あえて使わなくてもよい場合もあります。

『見立て』と呼ばれるもので、
本来の用途とは違う食器や道具を
茶器として使用することができます。

見立てを知ってからは、
郷土の焼き物を見て回るという
旅行の楽しみが、新たに増えました。
 

今年の5月には、
ついに日本財託グループ茶道部が発足。
 
個人的にも、茶器や道具を揃えて、
本格的に取り組み始めました。

抹茶をすくう『茶杓(ちゃしゃく)』
という道具があります。
 
これは外部の教室に足を運び、
オリジナル品を制作しました。
 
すると、愛着がある茶器はもちろん、
普段使っている食器まで
丁寧に扱う意識がわいてきます。

季節にも敏感になりました。

たとえば、先月9月9日は「重陽の節句」です。
 
ちょうど菊の花が咲く時期なので、
別名「菊の節句」とも言われます。
 
そこでお茶の席では、菊の花をあしらった
茶菓子や茶器を使います。

また「お先に」や「お点前(てまえ)頂戴します」など、
礼を重んじる挨拶を繰り返すことも、
普段の生活を変えていきました。
 
意識せずとも過ぎ去っていく四季や、
食器や挨拶、所作の一つひとつに意味があると
知っていくこと。
 
ちょっと大げさですが、茶道を始めたことで、
人生がより濃く鮮やかになったような気すらしています。


今後も茶道を続けていくなかで、
「儀礼」を「偽礼」にしないおもてなしの精神を
自分の中に染み込ませていきたいと思っています。

 
日本財託 総務部 塩谷 直之(しおやなおゆき)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
東京都世田谷区出身の38歳。 

総務部にて、主に官公署等届け出書類の作成やコンプライアンス業務を担当。
社員がイキイキと長く勤めたいと思える職場環境を作るために尽力しています。

茶道の文化的な側面にも興味が湧き、
11月には、茶道文化検定を受験する予定です。


◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る