20歳のサッカーコーチ

2019/07/04
編集後記

190704_1.JPGのサムネイル画像

『新しくサッカーチームを作ったから
 一緒にコーチやってみないか?』

中学時代の恩師から誘われ、
18歳から小中学生のサッカーのコーチをしていました。

その実績が買われ、20歳のころには別のサッカースクールでも
コーチのアルバイトをやらないかとお誘いを受けたのです。

新しいサッカースクールは、小中学生だけでなく、
30~40代の大人も対象でした。

ただ小中学生と違って、大人の部で遠慮してしまうことが多く、
思ったことをうまく伝えることができません。

とにかく楽しんでもらおうと、自由にボールを蹴ってもらい、
良いプレーが出た時に『ナイスプレー!』と
声をかけるにとどまっていました。

新しいスクールでのコーチをはじめて1ヵ月が経った頃です。
親子でスクールに通っている方から呼び止められ、
思わず何かマズイ指導でもしてしまったのかと身構えました。

「丸山さん、小学生に教えているみたいに
 私たちにも、もっともっと教えてもらえませんか?」

その言葉を聞いて、
私は大きな勘違いをしていることに気が付きました。

参加されている子供も大人も、
『お金を払って真剣にサッカーを学びに来ている』ということです。

そんな方々に、私は勝手に遠慮して、
伝えるべきことを伝えていないというのは、
コーチの仕事を放棄していることも同然です。

その日の練習から、どんなに年上の方が相手でも、
思ったことはきちんと伝えるようにしました。

「今のプレーは、どういう考えでパスを選択したんですか?」
「今のタッチはどんな意図があったんですか?」

気になるプレーがあれば、その意味や意図を問います。

考えを聞いたうえで、そのアイデアを否定せずに、
違った選択肢があればそれを教え、
また考えるきっかけを与えるようにしました。

すると始まった当初と比べ、
一度のスクールで取るコミュニケーションの量が
何倍にも増えていったのです。

『楽しくやるなかで、しっかりと教えてくれることが嬉しい』
『他ではスクールとは名ばかりの試合のみが多いから良い』
『ズバッと言われて悔しいから、もっとがんばります』

参加者から頂いたアンケート結果には好意的な声が集まり、
私自身のモチベーションにもなりました。

約2年間という短い期間でしたが、
自分の経験を伝える際には、
年齢で遠慮する必要がないことを学びました。

現在は日本財託で、不動産をご紹介していますが、
お客様のほとんどが自分よりも年上の方です。

ただ、残債比率や資産のバランスなどを考え、
お勧めできない方にはきちんと説明させていただき、
別の資産形成の手段をご紹介しています。

サッカーのコーチで得た経験を活かし、
お客様にとってより良い資産形成をご提案できるように、
頑張っていきたいと思います。


日本財託 資産コンサルティング部 丸山 晃史(まるやまこうじ)


◆ スタッフプロフィール ◆
 
東京都大田区出身の23歳。

資産コンサルティング部にて、東京中古ワンルームを通じて、
お客様の老後の不安を解消することを目指しています。

久しぶりにサッカーをすると、次の日に筋肉痛が来てしまい情けないです。
10月の日本財託のサッカー部の大会に向けて仕上げていきたいと思います!

SEMINAR

平日、休日も開催中 マンション投資セミナー

スタッフの8割が不動産投資を実施
値上がり・節税のようなうまい話ではなく、長期的・安定的に家賃収入を得る方法を基礎から学ぶことができます。

東京会場【申込み受付中】

日時:2019年9月 8日(日) 13:00〜15:20

定員:50名

日時:ほぼ毎日!平日:19:00〜20:30   休日:13:00〜14:30

定員:各回限定5名

CONSULTATION

マンション投資の
メリット・リスクについての
無料相談会

"まだ具体的には決めていない"という方も
お気軽にお越しください!
お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

質問だけでもOK

資料請求もできます