息子への『お願いごと』

2020/05/21

shainshokai_20200521.jpg社員旅行の一枚|谷口さんは一番左

現在の自宅に引っ越してきたのは、10年ほど前のことです。

もともとは妻の実家の近くに住んでいましたが、長男が幼稚園の頃に、私の両親が住む地元に移ってきました。

まだまだ小さかった息子も、この春から中学3年生になり、高校受験を控えた身です。

そんな息子が、中学に進学したころに、私はある『お願いごと』をしました。

それは、私の実家への訪問です。

息子が通う中学校は、私の母校でもあります。

当時と比べ、新しい校舎も増えていますが、自分の子供が同じ学校に通う姿を見ていると、感慨深いものを感じます。

そして、私の自宅と中学校の間には、私の両親が暮らす家があります。

両親も高齢になり、年々心配事は増えています。
とはいえ、家が近いこともあるせいか、いつでも会いに行けると思い、足を運ぶ機会はそれほど多くはありません。

また、何の理由もなしに訪ねることが、照れくさいこともあり、足も遠のきがちでした。

そこで、中学校に通いだした息子に声をかけ、「時間のある時で構わないから、覗いてきてくれないか」とお願いしてみることにしたのです。

息子も快諾してくれて、それからというもの、部活や勉強のかたわら週に1回ほど、実家を訪れてくれるようになりました。

『今日、おじいちゃんのところ行ってきたよ』
「どんな様子だった?」
『うん、元気そうだったよ』

息子を通して、両親の元気な様子が垣間見え、安心できるようになりました。

また、思春期となった息子との会話も増え、学校での過ごし方を聞く良いきっかけになりました。

さらに、年末に実家に帰ってみると、
『このまえ寄ってくれた時に、こんな話をしたよ』と、
両親も嬉しそうに息子との会話の様子を、話してくれるようになりました。

息子への『お願いごと』が、家族の会話を思いもかけず盛り上げてくれて、感謝しています。

そんな息子も来年の3月には中学を卒業します。
残念ながら、その先は私の両親のもとへ通うことも難しいでしょう。

ただ、実は息子と入れ違いで、今度は長女が中学校に進学します。

そこで、娘にも時間がある時に、実家を訪ねてもらおうと考えています。

両親の様子を見ることはもちろん、思春期を迎える娘と私の会話のきっかけになることも少しだけ期待しています。

またこれが良いきっかけとなって、両親も含めた家族の交流になればよいと思っています。


日本財託管理サービス 債権管理部
谷口 誠之(たにぐちまさゆき)

◆ スタッフプロフィール ◆

埼玉県和光市出身の44歳。
債権管理部にて、賃料などの督促業務を行っています。

新型コロナウイルスの影響で、ジムに行けず体がなまってきているのが最近の悩みです。

SEMINAR・CONSULTATION

セミナー・相談会 開催中

あなたに合った方法で学べるから「不動産投資」のことが良くわかる!
はじめての方にもやさしい 不動産投資セミナー
こんな方にはセミナーがおすすめ!
  • 不動産投資をはじめて学ぶ方
  • 不動産投資の未経験者
  • 基本から応用まで幅広く知りたい方
  • なにから勉強したらよいかわからない方

スタッフの8割が不動産投資の経験者!
実践に基づくノウハウが学べます

  • 毎月2回の50名以上のセミナーから
    少人数制のセミナーは毎日開催
  • 値上がり、節税のようなうまい話ではなく
    長期的、安定的に家賃収入を得る方法が学べる
  • メリットからリスク、家賃収入の増やし方まで
    不動産投資がイチからわかる
※セミナー終了後に個別相談会も行っています!
専門家とじっくり話したい方は 無料個別相談会
こんな方には相談会がおすすめ!
  • 投資の専門家にたっぷり質問したい方
  • 自分だけの投資プランを作ってほしい方
  • 物件のシミュレーションがみたい方
  • 資産形成法を相談したい投資経験者

まだ具体的には決めていない方も
お気軽にお越しいただけます!

  • お好きな日時、場所でいつでも無料相談
  • いつまでに、どれぐらいの収入を作りたいのか
    ヒアリングしてプラニングします
  • セミナーで伝えきれない投資の注意点もわかる
  • 資産を効率的に増やすローンの使い方、
    提携ローン、自己資金
    の活用法をご紹介
※参加者には不動産投資の書籍をプレゼント!

当社はしつこい電話・強引な勧誘は一切行っておりません。
安心してお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

  • ご質問だけでもOK
  • 資料請求も承ります