ホーム > メールマガジン登録

登録・サンプル

「年間平均入居率98%の賃貸管理会社がお届けする不動産投資情報マガジン」
お名前
メール

弊社の【個人情報の取扱いについて】をご確認の上、
同意いただける方は下のボタンよりお申し込みください。

不動産投資情報マガジン

「年間平均入居率98%の賃貸管理会社がお届けする不動産投資情報マガジン」

マンション経営に役立つ情報を毎週木曜日にあなたにお届け!

当社のメールマガジンから得られるメリット

多くの不動産投資経験者の体験談を知ることで、不動産投資の成功パターンや物件購入後に直面しがちな問題点とその解決策を学ぶことができます。
年間平均入居率98%以上を達成する入居者募集の方法を最新募集事例を用いて解説!さまざまな事例に対応する入居者募集のノウハウを学ぶことができます。
日々発生する滞納トラブルの最新解決事例ご紹介!滞納トラブルの解決方法を学ぶことができます。
『どのエリアの物件が買いなのか』『入居者トラブルの解決法』など、物件の選び方からその後の管理にいたるまで不動産投資に関する様々な知識が身につきます。
延べ受講者数18,000名以上!人気のセミナー情報をお届けします。

メールマガジンの内容をご紹介いたします

1創業27年、17,000戸の管理実績!「最新の不動産投資事情や賃貸管理トラブルの解決事例をご紹介!
最新の不動産投資情報のご紹介や、毎日の入居者からのトラブル・クレームをすばやく解決した事例など、満室経営を目指す賃貸管理会社のノウハウをメルマガ読者だけに明かします。
1マンションオーナーの体験談!「オーナー様の生レポート」
「どうして不動産投資を始めたのか、物件購入前の気持ち、購入の決め手、そして物件購入後の展望」など、マンションオーナーが本音で語ります!
1最新のセミナー情報をいち早くお届け!
受講者数18,000名以上!「サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー」、認知症対策・相続対策として注目が高まる「収入対策・家族信託セミナー」。そしてあなたにあわせた不動産投資プランのご提案や不動産投資に関する個別相談を行なう「個別相談会」のご案内をしております。

など、あなたのマンション経営に役立つ情報盛りだくさんでお送り致します。 【登録無料】

※配信停止については、メールマガジン本文最下部の「配信停止リンク」URLをクリックしてください。

【メルマガのサンプル】 ~建物の資産価値を守る方法とは!?建物管理会社との付き合い方~

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.497 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★              日本財託HP
★☆☆☆☆     http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

  ※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
  録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
  ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
  をクリックして下さい。

◆―――――――――― 平成29年3月末現在 ――――――――――◆

 オーナー様数  6,495名
 
 管理戸数    17,504戸
 
 全体入居率   99.65%(17,504戸) 
 ※当社販売物件および管理受託物件の入居率
 
 販売分入居率  100.00%(11,002戸)
 ※当社販売物件の入居率
 
 【入居率の算定方法】
 (1-※空室数/管理戸数)×100
 ※内装工事が完了して即入居可能なお部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

 1. 建物の資産価値を守る方法とは!?建物管理会社との付き合い方
 
 2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
 4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
 5. 編集後記
 

======================================================================
 
 ■ 建物の資産価値を守る方法とは!?建物管理会社との付き合い方
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 不動産投資は収益物件を購入したら、
 それで終わりではありません。
 
 購入後に安定して収益を得続けるためには、
 しっかりと管理をしていくことが大切です。
 
 空室が発生した場合に入居者を募集したり、
 内装工事の手配や家賃の集金を行う
 賃貸管理はもちろんのこと、
 
 建物自体の資産価値を維持する
 建物管理も賃貸管理と同じように重要です。
 
 建物管理は、各マンションオーナーで構成する
 管理組合の役目ですが、
 
 実務上は、建物管理会社に
 業務を委託することがほとんどです。
 
 ただ、建物管理の質は
 会社によっても様々です。
 
 管理の内容や管理料金に不満があれば、
 建物管理会社自体を変更するという
 選択肢もあります。
 
 当社でも年に2、3件程度、
 オーナー様から建物管理会社を替えたいので、
 相談に乗って欲しいというご相談を受けます。 
 
 ただ、管理替えを行うにしても、やり方を間違えると、
 管理会社との間だけでなく、オーナー同士のトラブルを
 引き起こしかねません。
 
 場合によっては資産価値を、
 大きく損ねてしまう可能性もあります。
 
 そこで今回のコラムでは、
 管理組合を構成するオーナーとして、
 建物管理会社とどのように付き合っていけば良いのか、
 事例をまじえて、ご紹介したいと思います。
 
 
 まず、賃貸管理と建物管理の違いについて、
 触れておきたいと思います。
 
 入居者からのトラブルクレーム対応や家賃の集金、
 室内設備の故障対応や内装工事の手配など、
 
 入居者や室内に関する管理業務が
 賃貸管理です。
 
 一方、共用部の日常清掃や、
 エレベーターの保守メンテナンス、
 長期修繕計画の立案などを行うのが、
 建物管理になります。
 
 オーナーは賃貸管理会社と管理代行契約を結び、
 建物管理会社とは、管理組合を通じて
 やり取りすることになります。
 
 管理組合は、分譲マンションを購入した
 区分所有者全員が、その建物・敷地および付属施設の
 管理を行うために構成されます。
 
 所有者は希望するしないの有無に関わらず、
 法律上当然に、組合員になります。
 
 ところが投資用マンションの場合、
 管理組合への関心はあまり高くないのが実状です。
 
 自分が住んでいるマンションであれば、
 管理状態にも関心を持つ人が多いのですが、
 
 自分が住んでいないマンションの組合総会ともなると、
 理事と理事長以外の出席者がいないという
 マンションも少なくありません。
 
 そこで、管理の実務を担う
 建物管理会社が重要な役割を果たすことになります。
 
 組合員であるオーナーのほとんどは、
 建物や設備に関する知識が乏しく、
 
 専門家である彼らに頼らざるを得ない
 という現実もあります。
 
 だからといって、組合運営や建物管理会社が行う管理業務に
 無関心なままでいると、
 大変なことになることもあります。
 
 
 文京区のマンションで実際に起こった事例をご紹介します。
 
 当社でも、18年以上前にいくつかの部屋をご紹介して、
 賃貸管理を行っておりました。
 
 物件をご紹介する前には、
 必ず適切な建物管理が行われているか確認しています。
 
 これまでの管理状況をまとめた重要事項調査報告書という
 書類を取り寄せて、修繕の実施状況や今後の予定などを
 チェックするのです。
 
 ところが4年ほど前、
 一人のオーナーから相談を受けました。
 
 『建物の管理状況が良くないのだが、
  どうしたらよいものでしょうか』
 
 現地に行ってみると、
 廊下は砂埃まみれで、粗大ごみは置き去りにされたままです。
 
 共用部の電灯はところどころ切れ、
 夜になると足下が見えず危険な箇所もあります。
 
 日常的に管理がされているような痕跡が見えず、
 建物管理会社に連絡しましたが、
 電話がつながりません。
 
 直接会って話をするしかないと、
 事務所と思われる住所まで足を運びました。
 
 目当ての住所には、外壁のタイルがところどころ剥がれている
 老朽化した建物があり、
 ボンネットが錆びついた車まで止まっています。
 
 人の気配のしない事務所の戸口は、
 鍵が開きっぱなしでした。
 
 「ごめんください」と尋ねると、
 奥のほうから女性が一人出てきました。
 
 『今誰もいないのよ。あたしにはわかりません。
  帰ってください!』
 
 わかりませんの一点張りで、
 話になりません。
 
 その後も追跡を続けたところ、
 ようやく建物管理会社の社長を
 見つけ、事情を聴くことができました。
 
 『実は、ここ数年、
  何も管理していませんでした。すみません。』
 
 話を聞くと、
 数年前にごっそり社員が辞めてしまって以来、
 事業ができない状態になっていたとのこと。
 
 オーナーにしてみれば、管理が行われていないにも関わらず、
 管理料だけを支払っていたのです。
 
 事の次第が分かり、すぐに、
 管理会社を変更することになりました。
 
 管理の仕様を伝えて3社から見積もりを取って選定し、
 管理会社を変更することで、ようやくメンテナンスが行き届いた
 マンションに戻すことができました。

 
 これは極端なケースではありますが、
 購入した時点では管理に問題がなくても、
 長年所有するなかで問題が生じることも考えられます。
 
 それを防ぐためには、
 まず建物管理に関心を持つことが第一歩です。
 
 日常の管理はしっかりされているか、
 また支払っている管理費はどういった項目に使われているのか。
 
 少なくとも管理組合総会に出される報告書は、
 目を通しておきましょう。
 
 
 また、管理に問題があるからといって、
 必ずしも会社を替えなければいけないわけではありません。
 
 「ここはどうなっているんですか?」
 と積極的に疑問や質問をぶつけることで、
 対応が改善することもあります。
 
 建物管理会社と適切な緊張関係を持つことが
 資産価値を守ることにつながるのです。
 
 働きかけても改善が見られない場合は、
 管理を変更することを検討しましょう。
 
 
 まずは、現在の管理委託契約書から
 現状把握を行います。
 
 過剰な管理や必要な管理で抜けている項目がないか確認します。
 
 その後、マンションの規模に合わせて、
 変更先の候補となる会社をリストアップし、
 条件や希望を明記して、見積もり依頼書を送付します。
 
 分譲時のパンフレットや平面図、
 消防設備点検報告書などが必要になるので、
 予め用意して一緒に送るのがお勧めです。
 
 現地調査の実施や、質疑応答は公開で行うなど、
 なるべく公平な条件で競争してもらう環境を作ります。
 
 絞り込んだ候補会社に対しては、
 ヒアリングを行います。
 
 会社の実力はもちろん、現場担当者の知識、経験など、
 力量を見極めるためです。
 
 その後、理事会で候補を決定し、
 管理組合の臨時総会で、変更決議が承認されれば、
 新しい会社と契約、引き継ぎへと進むことになります。
 
 この決定プロセスが不透明だと、
 トラブルの火種を残す可能性があります。
 
 議事録を残すなど透明性を担保することも大切です。
 
 建物管理会社の変更には、
 最低でも半年の期間を要します。
 
 また、特に候補会社の選定などは専門知識が
 求められる部分もあります。
 
 必要に応じて、マンション管理士などの専門家に
 相談しながら行うのが良いでしょう。
 
 
 当社ではオーナー様向けに
 管理組合に関するセミナーを年3回実施しています。
 
 オーナーでもあるマンション管理士を講師に、
 毎回、好評をいただいております。
 
 建物管理についてのサポート体制は整えていますが、
 所有者として管理組合の議決権を行使できるのは、
 あくまでもオーナー自身です。
 
 建物管理会社から送られてくる資料には目を通し、
 是非一度、管理組合の総会にも参加してみてください。
 
 建物管理に対して関心を持つことが、
 大切な資産の資産価値を守るための第一歩です。
 

 日本財託管理サービス オーナー事務局
 猪熊 元気(いのくま げんき)
 
 ◆ スタッフプロフィール ◆
 
 山口県徳山市出身の37歳。
 
 マンション投資に関する税務相談や管理組合運営など、
 オーナー様からの相談事に提携事務所と連携をとりながら対応。
 オーナー様向け情報誌「まめール」の作成も担当する。
 
 家事や掃除が得意で、平日や休日を問わずまめに掃除を行なう。
 水まわりを清潔に保つことはもちろん、
 掃除機をかけた後は、雑巾がけを行うなどこだわりをもつ。
 
 
 ◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
 不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから
    
 http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/

 
====================================================================

 ■ 2.≪オーナー様の生の声 合計527話 HP掲載中≫
    マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫ 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》       
  【 資金の効果的な運用 No.148 】            

 『アーリーリタイアを目指すための法人化』

 Y・S様 49歳 千葉県在住
 日本財託を知ったきっかけ:日経新聞
 ご購入日:平成26年10月
 ご購入物件:世田谷区(東急田園都市線「駒沢大学」徒歩9分) 
       平成4年築 他8戸
 
 「アーリーリタイアしたいなら不動産を保有して、
 安定した不労所得を得ることが不可欠」

 数年前に、食事の席で
 強烈に心に残った友人の言葉の一つです。

 当時、本気で早期退職を
 考えていたわけではありません。
 
 しかし、貯蓄と不動産投資による安定収入を
 組み合わせることで、アーリーリタイアも
 夢ではないことに気づきました。
 
 http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-377.html

=====================================================================
 
 ■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
 ≪簡単スピード査定サービス実施中≫
 
 https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
 ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。
 
 創業27年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
 正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。
 
 ≪日本財託の5つのメリット≫
 
 メリット1 スピード査定
  翌営業日までに査定金額をお伝えします。
 
 メリット2 仲介手数料不要
  日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。
 
 メリット3 売却後のトラブルも心配なし
  買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。
 
 メリット4 手続きは簡単
  マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。
 
 メリット5 最短1週間で現金化
  抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。
 
 ≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫
 
  https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
  
=====================================================================

 ■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~  

――――――――――――――――――――――――――――――――

 【延べセミナー参加者19,000名の実績!】
 『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』
 
 【名古屋】2017年5月13日(土)13:00~15:00
 【東 京】2017年6月 4日(日)13:00~15:30

  セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)

  https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/


 ◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆ 

 『不動産投資の目的』
 『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
 『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
 『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
 『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

  最新の不動産市況を読み解きながら、
 『なぜ、いまが買いどきなのか』
  客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。


  また、名古屋のセミナーでは、
 『東京と名古屋の投資物件の比較』
 『2027年リニア開通がもたらす効果』
  など、

  お客様からよくご相談をいただく項目について、
  しっかりとお伝えしていきます。

 
 ◆ 特選物件のご紹介 ◆

 ≪セミナー限定≫
 年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介


 当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
 ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

 こうした、表に出ない物件の情報も、
 セミナーにご参加頂いた方にご紹介しております。

  満室経営を目指すためには、
 入居者が付きやすい物件を選ぶことが大切です。
 
 平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が厳選した物件を公開しておりますので、
 物件情報に興味がある方も、
  ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!
 

 セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)

 https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/
 
 
 
 ■ 賃貸管理会社はどこも同じと思っていませんか?


   長期安定収入を得るための賃貸ノウハウ公開!
              【賃貸管理セミナー】開催中!

 2017年5月27日(土)13:30~15:00

 入居率98%の入居者募集のノウハウに加えて、
 ≪滞納トラブルの解決事例≫もたっぷりご紹介! 
 ぜひご参加ください♪

 http://www.nihonzaitaku.co.jp/seminar/s_kanri/index.html
 
 
 
 ■ NHK「クローズアップ現代+」でも話題の新しい相続対策とは?
 

 【家族信託 活用セミナー】
   『相続対策は東京・中古・ワンルームと家族信託で考えよう!』
    
 認知症対策を兼ねるまったく新しい相続対策「家族信託」と
 相続対策と収入対策に効果を発揮する
 東京の中古ワンルームマンション投資について、事例を中心にご紹介。
 
 【東京】2017年5月27日(土)13:00~15:20
 
 https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/
 

=====================================================================
 
 ■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 先日、数年ぶりに兄からの
 LINEの通知が鳴りました。
 
 5歳上の兄は、すでに結婚して、
 実家で両親と妻、三人の娘と暮らしています。
 
 帰省すれば話はしますが、
 普段滅多なことではやり取りはしません。
 
 両親に何かあったのだろうか?
 
 一瞬不安がよぎり、何事かと思って、
 急いで開いてみると、
 
 『仕事はどう?慣れてきた?』
 という内容に、拍子抜けしてしまいました。
 
 日本財託に転職をしてから、
 2週間余りのタイミングです。
 
 思いがけない優しさに、
 兄からは昔から事あるごとに
 勇気づけられてきたことを思い出しました。
 
 
 年子の弟も含め、我が家は男三兄弟。
 
 小さな頃は喧嘩ばかりして、
 両親が手を焼くことも多かったのだと思います。
 
 とはいえ、歳を経ると
 段々と兄弟で遊ぶ機会は少なくなります。
 
 ポジティブなスポーツマンで、
 相手の年齢に関係なく誰とでも仲良くなれる人気者の兄。
 
 一方、どちらかというと人見知りで、
 一人でコツコツやるタイプの私にとって、
 兄は段々と遠い存在になっていきました。
 
 それでも、折に触れて、
 兄はよく私にプレゼントをくれました。
 
 プレゼントといっても
 お古のバスケシューズや
 ユニフォームなどです。
 
 兄はバスケットボールで、
 県トップクラスの大学チームのキャプテンとして、
 大会MVPを獲得するような選手でした。
 
 当時、同じバスケをやっていた私にとっては、
 
 「これ、やるよ」
 と、そっけなく渡されるグッズでも、
 いわば憧れのヒーローからの宝物です。
 
 これを履いているだけで、
 良いプレーができるんじゃないか。
 
 そう思えば、どんなに厳しい練習を前にしても、
 やる気が湧き上がってきました。
 
 私が社会に出て、訪問営業で多忙を極める生活を
 送っていた時も、兄は変わりませんでした。
 
 忙しさで何も考えられず、職場と家を往復する日々を続けていたある日、
 兄は帰宅するやいなや、箱を渡してきて、
 『ほら!』
 
 「えっ?なんで?」と驚きつつ、
 開けてみると、ピカピカの高そうな革靴でした。
 
 「今履いているのは、もうボロボロだろ」
 
 身なりを整える気力すら失っていた
 私を見かねたのでしょうか。
 
 突然のことに驚きと照れ隠しで、
 小さな声で『ありがとう』としか言えませんでした。
 
 自室に戻って履いてみると、
 指先が少しだけ余りました。
 
 サイズを聞く間もなく、居ても立ってもいられず
 買ってきたんだろうと思うと、
 ますます嬉しさが込み上げてきました。
 
 結果的に、新しい靴は新しいステップへの背中を
 押してくれたのです。
 
 「このままの自分ではいけない!」と、
 その職場を辞めて、上京してきたのは、
 およそ半年後のことです。
 
 今は履いていませんが、一人暮らしの東京にも持ってきて、
 お守りとして大事にしまってあります。
 
 
 同じ部屋にいても二言、三言しか交わさない兄弟ですが、
 兄の優しさに何度も助けられてきました。
 
 上京してからも実家に戻るたびに、
 お土産を持って帰ってはいましたが、
 
 兄にも何かお返しできないだろうか。
 
 そう思っていた矢先に、
 また先を越されてしまったのが、冒頭のLINEでした。
 
 『大変だろうけど、無理しないようにな!』
 と締めくくられたメッセージ。
 
 短い文章で、たった3往復のやり取りをしたその日は、
 ちょうど私の30歳の誕生日でもあったのです。
 
 素直に『おめでとう』と言ってこないところが、
 兄らしくて、やはり敵わないと思ってしまいます。
 
 
 兄は部活や仕事で悩んでいるときも、
 決して弟にはその姿を見せようとしませんでした。
 
 きっと今も、家族持ちの長男の身には、
 口にできない大変な苦労があることでしょう。
 
 両親の定年退職も近づき、
 次男として、兄を支える側にならなければと
 あらためて感じています。
 
 まずはゴールデンウィークの帰省が、
 "もらいっぱなしの弟"脱却の
 チャンスだと思っています。
 
 兄へのサプライズをお土産として用意して、
 高速バスに飛び乗りたいと思います。
 
 
 日本財託 マーケティング部 村嶋 直樹(むらしまなおき)
 
 ◆ スタッフプロフィール ◆
 
 静岡県御殿場市出身の30歳。
 
 マーケティング部で、セミナーやHPの運営、 
 メールマガジンの執筆や広報活動を通じて 
 東京・中古・ワンルームの魅力を多くのお客様に伝える。
 
 つい先日、弟に二人目の子供ができたと母から聞き、
 喜ぶのと同時に独り身のプレッシャーがさらに増したように感じている。
 
 
----------------------------------------------------------------------

  ▼メールの配信停止はこちらから
 ※下記アドレスをクリックしてください。
 

 ◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、
  どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
  お待ちしています。

  ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

 ▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
   【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
   【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
   【発 行】株式会社 日本財託
        TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
      【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
        TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
   【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
   【担 当】坂元 寛和

======================================================================

※配信停止については、メールマガジン本文最下部の「配信停止リンク」URLをクリックしてください。

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る