ホーム > 日本財託グループの賃貸管理 > 万が一のリスクに備えた万全の体制 > 火災事故への対応

火災事故への対応

【豊島区ワンルームマンションの火災事故概要】
事故発生日 : 平成22年12月15日 早朝
事故原因 : 入居者の過失
被害状況 : 室内全焼  入居者無事
※ 鉄骨鉄筋コンクリート耐火構造であったため、建物躯体への火災の影響はなかった
■当社対応
  1. 1.事故直後オーナー様、入居者、入居者保証人、建物管理会社、管理組合理事長、火災保険会社と綿密に連絡
  2. 2.消防署・警察署との現場検証
  3. 3.近隣の入居者へお見舞いと状況報告
■復旧工事
  1. 1.共用部分(ベランダや外壁等)の被害は、管理組合の加入保険で対応
  2. 2.専用部分はスケルトンの状態から全面リノベーション
  3. 3.復旧費用は全額加入保険で対応

写真から解る、リノベーションBefore⇒After

火災事故復旧工事効果

1.リノベーション費用

2.火災による階下の復旧費用

3.火災発生から復旧までの経緯

4.火災発生から工事着手へまでの当社の対応

火災事故復旧工事まとめ

今回の『全焼』事故は、当社でも2例目となります。
とても稀な事故でしたが、関係機関と迅速に調整し、火災事故発生から60日後という早さで復旧工事は完了しました。
その後に入居募集を開始から、わずか3日後にお申し込みが入りました。
しかも、近隣査定家賃が62,000円〜65,000円のところ、
73,000円のお家賃で決めることができたのです。
それはリノベーション工事を施して、火災事故前よりもお部屋をグレードアップさせたからです。
その費用も保険金ですべてカバーすることができました。

もし、この火災事故が木造アパートで起きていたとしたら
おそらく、全焼ということもありえたはずです。そうなれば保険金だけで建て直すことが出来るかわかりませんし、
その間の家賃収入は途絶えてしまいます。そしてなにより、入居者の生命にもかかわってきます。

このように火災による事故が万が一あったとしても、コンクリート造のワンルームマンションであれば、
被害を最小限にとどめる事が可能です。
そしてきちんと火災保険に加入していれば、復旧費用は全額保険でまかなうことが出来きます。
さらに復旧費用を差し引いても、オーナー様・入居者様の手元に見舞金を残すことが出来ました。

これが『マンション』の威力です。

火災事故への対応 | 漏水事故への対応

年間平均入居率98%以上の理由日本財託グループの入居者管理
オーナー様サポート体制管理委託料と空室保証・滞納保証万が一のリスクに備えた万全の対応

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る