ホーム > マンション投資を実践したオーナー様の声 > 老後の年金を作る > 「50歳から始める投資で月20万円の家賃収入を目指す」

マンション投資を実践したオーナー様の声

老後の年金を作る

No.289

「50歳から始める投資で月20万円の家賃収入を目指す」

「50歳から始める投資で月20万円の家賃収入を目指す」
G・T様(男性) 51歳 東京都在住
【日本財託を知ったきっかけ】 THE21
【ご購入日】 平成29年9月
【ご購入物件】 中央区(都営浅草線「東日本橋」駅徒歩2分)平成15年築 頭金440万円 他1戸

株式などの投資を30歳後半から開始して以来、資産運用を10年以上実施してきました。

その頃にも、マンション投資に関する書籍を読んではいたのですが、
頭金がある程度必要と考えて、投資するタイミングとしては、まだ早いと判断していました。

昨年、いよいよ50代になったこともあり、自身の老後への心配が募ってきました。

そろそろマンション投資を再度検討しようと思っていた頃に目にしたのが、日本財託の重吉社長のインタビュー記事が掲載されていた雑誌です。
さらに重吉社長の書籍、加えて数冊の中古マンション投資に関する書籍を読みました。

日本財託の担当者にお会いした後も、特にリスクについて様々な質問を投げかけました。

『そもそも50歳から始められるのか。
空室になったらどうなってしまうのか、
家賃はどのくらいまで下がる可能性があるのか。』

メールや電話も含めて、その一つひとつの質問に担当者はしっかり答えを返してくれました。

その結果、「東京」「駅近」「中古マンション」という観点で、投資を行えば、リスクを低減させることができると判断し、マンション投資を始める決意を固められたのです。

タイミングよく、良い物件を連続で紹介してもらえたこともあり、昨年の9月に2戸を同時に購入しました。

自分なりに空室、家賃低下等のリスクを考慮したシミュレーションを行い、収益率を算出、評価した上で決めています。

初めて大きな金額のローンを組んだこともあり、契約手続きは少し緊張しました。
とはいえ今では、シミュレーション通り、早めの返済を行い、利息支払いを減らせば、ローンはあまり怖くないと感じています。

また、運営に関しては、本当に日本財託にお任せ状態であり、本当に何もすることがないです。

やはりマンション投資は、株などに比べて比較的低リスクで安定した収益を得られることが魅力だと思います。

今となっては、もう少し早くマンション投資を始めるほうが良かったとも感じます。

当面は、2物件のローン返済に注力し、5~6年後ぐらいに2物件を追加し、月16~20万円の家賃収入を目指したいと思います。

ご購入日:平成29年9月
都営浅草線「東日本橋」駅徒歩2分 ご購入日:平成29年9月
京王線「笹塚」駅徒歩5分

ご購入日:平成29年9月
都営浅草線「東日本橋」駅徒歩2分

ご購入日:平成29年9月
京王線「笹塚」駅徒歩5分

【セミナー情報】事例を詳しく聞きたい方へ

サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー
サラリーマンのための
東京中古マンション投資セミナー(無料)
「経済的自由を得るためのマンション投資の方法」をリスクの考え方から物件の選び方・増やし方といったテーマでお伝えします。 【東京】 12月15日(土) 13:00〜15:30 定員120名 【申込み受付中】

無料セミナーお申し込み

老後の年金を作る家族の生活を守る充実した管理システム
資金の効果的な運用退職金の有効な運用資産の組み換え動画一覧

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る