ホーム > マンション投資を実践したオーナー様の声 > 資金の効果的な運用 > 「最も納得した不動産の運用モデルを実践」

マンション投資を実践したオーナー様の声

資金の効果的な運用

No.165

「最も納得した不動産の運用モデルを実践」

「最も納得した不動産の運用モデルを実践」
Y・K様(男性) 37歳 千葉県在住
【日本財託を知ったきっかけ】 セミナー参加
【ご購入日】 平成21年2月
【ご購入物件】 墨田区(都営浅草線「本所吾妻橋」駅 徒歩5分)
平成19年築 他2戸

購入のきっかけは、セミナーへの参加でした。
もともと書籍等から不動産投資について興味を持ち、いずれはオーナーに、と考えていました。

実際にセミナーに参加し、社員の方や他のオーナー様の話を伺ったことで、物件の購入に向けて具体的に動き始めるようになったのです。
数社のセミナーに参加する中で、日本財託で購入しようと決めたのは重吉社長のお話でした。

『東京の中古ワンルームを3戸持つ』
この運用モデルにとても納得感を持ちました。

新築の方が入居者がつきやすいのでは、という懸念も、日本財託のしっかりした管理状況と入居率を知れたことで払拭できました。
セミナーに一緒に参加することで、家族の理解も得られ購入に至ったのです。

購入前の一番の不安材料は「空室」でした。
そこで、購入前には実際に物件を訪れ、周囲の環境、外観、エントランスなど可能な限り視察しています。

そして、ここなら大丈夫、という確認を毎回行なっています。
1戸目購入後、程なくして退去がありましたが、1ヶ月以内に次の入居者が決まり、
ホッとしたのを覚えています。

立地条件等の物件の力ももちろんですが、入居者募集についてのノウハウがしっかりしているからこそ、すぐに次の方が決まったのだと思います。
また、物件を保有していく中で、設備の不具合や家賃交渉もありましたが、密な連絡と迅速な対応でスムーズに対処することができました。

その点でも、日本財託さんは安心してお任せできると実感しました。
確定申告セミナーやオーナー同士の交流会など、購入後のフォローも不動産投資初心者にとってはとても参考になりました。

特にオーナー交流会で、色々な方達の運用方法について情報交換ができたことは良い刺激になりました。

1戸目購入後の5年で、他に2戸を購入しました。
重吉社長の『東京の中古ワンルームを3戸持つ』を実践しているところです。

とは言っても、まだまだ初心者の域を少し出たばかりです。

今後も時勢を読み、運用を広げていけたらと考えています。

購入日:平成24年7月
山手線「巣鴨」駅 徒歩10分 購入日:平成25年4月
東急世田谷線「松陰神社前」駅 徒歩5分

購入日:平成24年7月
山手線「巣鴨」駅 徒歩10分

購入日:平成25年4月
東急世田谷線「松陰神社前」駅 徒歩5分

購入日:平成28年1月
都営三田線「西巣鴨」駅 徒歩1分

購入日:平成28年1月
都営三田線「西巣鴨」駅 徒歩1分

【セミナー情報】事例を詳しく聞きたい方へ

サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー
サラリーマンのための
東京中古マンション投資セミナー(無料)
「経済的自由を得るためのマンション投資の方法」をリスクの考え方から物件の選び方・増やし方といったテーマでお伝えします。 【東京】 10月14日(日) 13:00〜15:30 定員180名 【申込み受付中】

無料セミナーお申し込み

老後の年金を作る家族の生活を守る充実した管理システム
資金の効果的な運用退職金の有効な運用資産の組み換え動画一覧

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る