ホーム > マンション投資を実践したオーナー様の声 > 資金の効果的な運用 > 「マイナス運用の新築を購入したからこそわかる中古の魅力」

マンション投資を実践したオーナー様の声

資金の効果的な運用

No.178

「マイナス運用の新築を購入したからこそわかる中古の魅力」

「マイナス運用の新築を購入したからこそわかる中古の魅力」
E・Y様(男性)29歳 東京都在住
【日本財託を知ったきっかけ】 ご紹介
【ご購入日】 平成29年1月
【ご購入物件】 江東区(東京メトロ半蔵門線「清澄白河」徒歩10分)平成19年築

不動産投資に興味を持ったのは、知人との会話がきっかけでした。
「お金を稼ぐのではなく、お金に稼いでもらう」という考え方に初めて触れ、衝撃を受けたことを覚えています。

それ以降、どうすれば現状のラットレースから抜け出せるようになるのかを、常に考えていました。
そこから知人の影響で、書籍「今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!」等で勉強し、日本財託と面談しました。

最初は、数千万円という高額な買い物である事、入居者がつかないリスク、地震リスク等、杞憂にも近い不安を抱えていました。
しかし、不動産投資は確定申告書にも書かれているまっとうな投資商品です。

また、リスクとリターンの相関で見ると投資の方法として貯金の次に来るような価格変動の少ない安定投資商品であることなど、一つ一つ悩みが解けていきました。
些細なことまで相談に乗ってくれた、担当者やご紹介いただいた方には感謝しています。

昨年1月、ついに初めてのマンションを購入しました。非常に満足のいく物件を入手できたと思っています。

その後も情報収集のため、継続してそのほかの投資商品を検討したり、様々な不動産投資(管理)会社との面談に足しげく通っています。
当たり前のように毎月数万円の【マイナス】キャッシュフローのマンションを提示してくる会社もある中で、日本財託のマンションはプラスで回っています。

その他の不動産会社や投資商品には、日本財託のような毎月プラスのキャッシュフローが出るものは無く、改めてとても良い買い物だったと思っております。

というのも、場所の良さに惹かれ、新築のマンションを購入したことがあります。
しかし、当然ながらキャッシュフローはマイナスで、不安は尽きません。

だからこそ、毎月プラスで運用できている日本財託の不動産は、将来の不安解消だけでなく、今投資をしているこの瞬間の安心感にもつながっています。
また担当者とは、定期的にメッセージをやり取りしたり、誕生日に連絡をくれたりと、こちらが不安になる前に連絡を頂けるので安心していられます。

子供も一人生まれましたので、繰り上げ返済を行い45歳までのアーリーリタイヤを目指して今後も頑張っていきます!

ご購入日:平成29年1月
東京メトロ半蔵門線「清澄白河」徒歩10分

ご購入日:平成29年1月
東京メトロ半蔵門線「清澄白河」徒歩10分

【セミナー情報】事例を詳しく聞きたい方へ

サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー
サラリーマンのための
東京中古マンション投資セミナー(無料)
「経済的自由を得るためのマンション投資の方法」をリスクの考え方から物件の選び方・増やし方といったテーマでお伝えします。 【東京】 11月14日(水) 19:00〜20:15 定員40名 【満員御礼】
【東京】 12月15日(土) 13:00〜15:30 定員120名 【申込み受付中】

無料セミナーお申し込み

老後の年金を作る家族の生活を守る充実した管理システム
資金の効果的な運用退職金の有効な運用資産の組み換え動画一覧

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る