LIFE Total Life Solution Company Nihon Zaitaku Recruitment
  • MENU
  • Message 伝えたいこと
  • Work 仕事内容
  • About 日本財託グループについて
  • People 社員紹介
  • Episode 社員対談C
  • Environment&Systems 環境・制度
  • Entry 応募について

HISTORY is STORY. 史を紐解くと、その会社のストーリーが見えてくる。

創業と同時に、バブルが崩壊。
そのおかげで、社員の大切さに気づきました。

about03_mainimg_01.jpg

創業と同時に、バブルが崩壊。
そのおかげで、社員の大切さに気づきました。

「人の力を借りられる人間になろう。」それこそが、代表の私が皆さんに最もお伝えしたい言葉です。私は、平成2年、27歳で日本財託を創業しました。しかし、会社を創業したと同時に、バブルが崩壊。世の中は、180度変わりました。これまでと人の価値観や会社の経営方針が、本当に変わりました。自分一人の力では、どうすることもできません。人の力を借りないと、何一つできませんでした。私はこのとき、「人の力を借りよう」と思いました。それまでの私の価値観とは、180度変わりました。それ以来、日本財託は、人の力をお借りして、ここまで成長してきた会社になりました。私は、「人の力を借りられる人間になる」ということこそが、人生最大のテーマだと思っています。ただ、私自身も、どうしたら「人の力を借りられる人間」になれるのかは、まだ分かりません。私にとっても、永遠のテーマですし、生涯をかけて学んでいくことだと感じています。ぜひ、皆さんも、社会人になって、仕事を通じて自分の役割を発見し、人の力を借りられる素晴らしい人間になっていただけることを、心から願っています。(代表取締役 重吉勉)

社長が執筆してきた書籍の歴史は、
時代の流れと、日本財託の歴史にリンクしています。

about03_mainimg_02.jpg

社長が執筆してきた書籍の歴史は、
時代の流れと、日本財託の歴史にリンクしています。

社長の重吉は、不動産で得た知識やノウハウを世の中に還元していくために、多数の書籍を執筆してきました。2007年に書いた初著書「中古ワンルームマンションで収益を上げる!」から、「中古ワンルームは「東京23区」を買いなさい!」、「東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい」、「家賃40万円稼ぐ黄金の法則」まで、様々な書店で1位を獲得するほど、世の中から関心を持っていただき、感謝のお声を頂く機会も数多くあります。また、未来のオーナー様に向けて、無料の小冊子も執筆。「貯めたお金で賢く2倍に増やす!」や「アパート・マンション大家さん必見!賢く儲ける『賃貸管理術』」、「どの本にも書いていない投資理論!資産が資産を生むマンション投資術」、「財産を子供に遺したい!ワンルームマンションで究極の相続対策」など、時代の移り変わりを反映した内容の著書をお客様のもとに届けています。こうした社長の書籍を振り返っていくと、明らかに時代の流れが見えてきます。私たち日本財託グループは、決して社長だけの会社ではありません。でも、このような時代をリードする社長のいる会社で働くことは、様々な喜びを得られるはずです。

社員一人ひとりのやる気とモチベーションが、
日本財託グループの未来をつくっていきます。

about03_mainimg_03.jpg

社員一人ひとりのやる気とモチベーションが、
日本財託グループの未来をつくっていきます。

オーナー様の数も、マンション管理戸数も、創業当時では考えられないような次元まで発展してきました。それに伴い、社員数も増加し、新宿からほど近いキレイなオフィスへの移転も果たしました。しかし、こうして規模が大きくなったとしても、決して忘れてはいけないことがあります。それは、社員一人ひとりのやる気とモチベーションを大切にすること。人は、他人から「やれ」と言われても、本気でやりたいとは思わないはずです。私たち日本財託グループは、目標も目的も、社員自身の手でつくっていきます。当社には、現在、22のチームがあります。各チームのメンバーが集まり、自分たちのチームは何のために存在するのか、どこに向かうべきなのか、その方向性を合わせるようにしています。そして、毎年、自分たちで目標を立てます。その作成には、社長も役員も、一切指示を出しませんし、アドバイスもしません。すべて、自分たちで決めています。こうした日々の動きこそ、社員のやる気とモチベーションを高めていきます。だから、私たち日本財託グループの社員の目は、キラキラと輝き続けているのです。

※日本財託グループの詳しい沿革は、会社ホームページの沿革をご覧ください。

about03_btn
s_menu_close
s_menu