台風で車がマンションに突っ込む!電気も水も使えない!?

2014/10/16

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.374 ―――――――――

☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■

☆★☆     〜あなたの老後、本当に大丈夫!?〜

☆☆☆★   日本財託HP

★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登

録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい

ます。

◆―――――――― 平成26年9月末現在の管理実績 ―――――――◆

オーナー様数5,318名、管理戸数13,437戸、入居率99.10%

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 台風で車がマンションに突っ込む!電気も水も使えない!?

2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

3.「サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー」

〜参加者募集のお知らせ〜

4. 編集後記

======================================================================

■ 台風で車がマンションに突っ込む!電気も水も使えない!?

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ドカンって、大きな物音が聞こえた瞬間、

テレビが消えて、水も使えなくなったんです。

エントランスに車が突っ込んで来たみたいです。」

入居者からの突然の電話でした。

10月5日、台風18号による影響で外は大雨です。

漏水被害は心配していましたが、

まさか、マンションに車が突っ込んでくるとは

思いもよりませんでした。

雨合羽を手に取り、すぐに現場に駆けつけました。

事故があった物件は、築24年の総戸数15戸、

6階建ての鉄筋コンクリート造のマンションです。

4年前から建物管理を含めて、

オーナーのAさんから管理をお任せいただいています。

入居者から連絡を受けて40分後、

現場に到着しました。

現場は、台風の影響で強い雨が降り続いています。

すでに警察が来ており、パトカーのなかで、

運転手から事情を聞いている最中でした。

警察にマンションの管理会社であることを告げ、

事故の詳細について聞くと、

だんだんと事故の全体像が分かってきました。

事故の原因は大雨によるスリップでした。

スリップした車がマンションの敷地内に飛び込み、

隣地との境にあるブロック塀を突き破り、

配電盤ボックスに衝突して、ようやく停車したようです。

水も電気も使えなくなった理由は、

ボックスのなかにある配電盤が大破してしまったからです。

幸い事故に巻き込まれた入居者や通行人もおらず、

ドライバーも軽症のようでした。

まずはひと安心といったところです。

警察は現場検証が終わると、早々に引き上げていきます。

警察は引き上げましたが、

現場には飛び散ったブロック塀の破片や

事故車両も放置されたままです。

まずは、入居者がマンション内に出入りしやすいよう、

マンションの裏口を開放しました。

また、壊れた配電盤をこのままにしていると、

漏電事故が起こる可能性も考えられます。

そこで送電を止めてもらうように、

電力会社にお願いしました。

そうこうしているうちに、

ようやくレッカー車の到着です。

2台のレッカー車を使って、

マンションの敷地内から事故車を引きずり出しました。

その後、土嚢袋を片手に、

エントランス周辺に飛び散ったブロックの破片を拾い集めます。

ブロック塀の破片は、小指程度のものから

両手で抱え込むほどの大きさのものまで様々です。

土嚢袋にブロックを詰めるため、

大きい破片は専用のノコギリをつかって細かくします。

ブロックには鉄筋が入っているので、

細かくするのも、ひと苦労です。

強い雨が降り続ける中、

黙々とブロック塀の破片を集めては、

細かく砕いていきます。

2時間後、8袋の土嚢袋がいっぱいになるほど、

ブロックの破片を集めることができました。

ブロックと事故車両は何とかなりましたが、

肝心のラインフランは復旧されていません。

協力会社に復旧の手配をしていますが、

台風の影響で交通機関も乱れていて、

いつ到着するか分かりません。

このまま入居者に電気も水も使えない部屋で

ひと晩過ごしてもらうわけにもいきません。

そこで、近くのホテルを手配し、

入居者全員にひと晩過ごしてもらうことにしました。

協力会社が到着したのは、

夜8時のことです。

車が突っ込んだ衝撃で配電盤ボックの扉は変形し、

中のブレーカーは粉々です。

協力会社が持参していたブレーカーと交換し、

なんとか仮復旧することができました。

夜になり、雨はさらに強さを増していました。

配電盤の破損部分に雨があたって濡れないよう、

ブルーシートで覆い被せて

ようやく作業はひと段落です。

今回の事故によって生じた建物被害は、

運転手が加入している自動車保険が適用され、

壊れた設備を元通り戻すことができます。

問題は事故後、二次被害が起きた場合です。

今回のケースでは、

あたり一面に飛び散ったブロック塀の破片によって、

歩行者が怪我をすることも考えられます。

また、壊れた配電盤から漏電する危険性もありました。

敷地内の危険な状態を放置し、

万が一、入居者が怪我をした場合、

それはオーナーの責任になってしまいます。

入居者の住環境をしっかり守るためにも、

いち早く現場の安全を確保することは欠かせません。

大切な資産をお預かりするものとして、

救急の事故にも適切に対応して資産価値を守り、

さらに、入居者の快適な生活も守っていきたいと思います。

日本財託管理サービス 管理部一棟建物管理課 森 厚博

事故による建物被害の様子はこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/bs/object/images/before_after.pdf

◆スタッフプロフィール

千葉県四街道市出身 38歳

管理部一棟建物管理課に所属し、

建物の資産価値の維持・向上を目指している。

わざわざレンタカーを借りてサービスエリアに行き

その土地の特産物を食べるのが何よりも楽しみ。

◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫

不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/

====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計401話 HP掲載中≫

マンション投資を実践されたオーナーのナマレポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》

【老後の年金を作る No.226】

『最高のスタートで、不労所得を得る』

K・A様 35歳 神奈川県在住

日本財託を知ったきっかけ:知人の紹介

物件購入日:平成26年1月

ご購入物件:東京都港区(南北線「白金高輪」徒歩6分)

平成15年築 頭金70万円 他2戸

南麻布と西麻布、いずれも駅徒歩10分以内、

どちらか1つを選ぶなんて、私には出来ませんでした。

悩んだ末、出した結論は「どちらも買う」です。

大胆な決断ですが不安はありませんでした。

すでに日本財託のオーナーになっている知人から、

日本財託の担当者を紹介してもらっていたからです。

http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report01/post-256.html

◆ 過去のオーナー様の体験談はこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/

=====================================================================

■ 3. セミナーのご案内 〜 参加無料 〜

【延べセミナー参加者15,000名の実績!】

『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【東 京】2014年11月15日(土)PM1:00〜3:30

セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/manage_seminar/schdule.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『なぜ、中古ワンルームなのか?』

『なぜ、東京なのか?』

『一棟アパート経営との違い』

『中古ワンルームマンションは本当にいまが買い時か?』

『投資物件の見分け方 失敗しない3つのポイント』

『地震に強い物件選び3つのポイント』

など、

最新の不動産市況を読み解きながら、

『なぜ、いまが買いどきなのか』

客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫

年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月約70戸の中古ワンルームマンションを

ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした、表に出ない物件の情報も、

セミナーにご参加頂いた方にご紹介しております。

満室経営を目指すためには、

入居者が付きやすい物件を選ぶことが大切です。

平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が選んだ物件を公開しておりますので、

物件情報に興味がある方も、

ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/manage_seminar/schdule.html

■ 賃貸管理会社はどこも同じと思っていませんか?

長期安定収入を得るための賃貸ノウハウ公開!

【賃貸管理セミナー】開催中!

2014年10月25日(土)14:00〜15:30

入居率98%の入居者募集のノウハウに加えて、

今回のセミナーでは、≪滞納トラブルの解決事例≫もたっぷりご紹介!

ぜひご参加ください♪

http://www.nihonzaitaku.co.jp/seminar/s_kanri/index.html

======================================================================

■4.編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

昔は珍しかった「不登校」ですが、

担任の先生によれば、

最近ではクラスに1人はいるようです。

中学2年生になる息子は、

毎日楽しく学校へ通っていました。

それが、だんだんと学校を休みがちになりました。

「・・・おなかが痛い」

「なんだか体がだるい」

最初はとても小さなサインでした。

『遅刻してもいいから、学校に行ってみない?』

学校は当たり前に行くものだと思っていた私は、

どうにかして学校へ行かせようと、

息子の背中を押していました。

しばらく励まし続けると、

ようやく重い腰をあげて学校に出かけて行きました。

30分後、家のドアが開き、

泣きながら帰って来ました。

「ごめんなさい、行けなかった。」

女手ひとつで育ててきた一人息子です。

こんな時、誰に相談していいかわからず困ってしまいます。

『まさか、イジメにあっているのかしら?』

不安で仕方なく、学校の先生に相談しました。

学校に来ないことを心配してくれる友達もたくさんいて、

イジメの心配はないようです。

「無理せず、いまは休ませてあげてください」

思いもよらない先生からの言葉に驚きましたが、

玄関でうつむく息子の姿を目の当たりにしていただけに、

とても心が軽くなりました。

翌日から腹痛を訴えれば、

休みたいサインだと思うようになりました。

「そっか、じゃあ休もうか」

精一杯、気にしてないふりをして、

今はこれでいいと自分に言い聞かせます。

出勤時、息子と同じ制服の子とすれ違うたび、

羨ましいやら、情けないやら、

とても複雑な気持ちでした。

気分転換が必要だと考え、近所のカラオケにいったり、

ゲームセンターで一緒にプリクラを撮ったりしました。

彼の『登校スイッチ』が入ってくればいいのですが、

その後も不登校が続き、半年が経ちました。

同級生のお母さんから、

2学期から転入生が来るという話を聞き、

息子に伝えました。

転入生の登校日、制服に着替えて

久しぶりの『行ってきます』の声。

転入生のことが気になるのか、

不登校の生徒だと思われたくないのか、

あまりに単純だった「登校スイッチ」に笑ってしまいました。

登校する後姿を見送った後、

いつもの道を歩いて、駅まで向かいました。

ふと顔を上げると、どこまでも見通せるような

すみきった青空が広がっています。

息子の行動に一喜一憂し、

振り回されっぱなしの暮らしです。

これも、息子が大人になるための大切な過程だと考えています。

これからも息子の成長をあたたかく見守っていきたいと思います。

日本財託 保険事業部 那須 香織(なすかおり)

◆スタッフプロフィール

東京都世田谷区出身。

5年間、生命保険会社に勤務し、保険の提案から見直し、

給付に至るまで、生命保険に関する一連の業務を経験する。

保険事業部にて、お客様の生命保険の契約書の作成や、

取り扱い保険会社の連絡窓口を担当しています。

思春期真っ只中の子育てに奮闘中。

成長の記録もかねて"プリクラ"を毎年必ず息子と撮る。

いつまで一緒に付き合ってくれるか心配している。

----------------------------------------------------------------------

▼解除はこちらから

※下記アドレスをクリックしてください。

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。

お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします

【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp

【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/

【発 行】株式会社 日本財託

TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300

【発 行】株式会社 日本財託管理サービス

TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420

【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル10F

【担 当】坂元 寛和

======================================================================

SEMINAR・CONSULTATION

セミナー・相談会 開催中

あなたに合った方法で学べるから「不動産投資」のことが良くわかる!
はじめての方にもやさしい 不動産投資セミナー
こんな方にはセミナーがおすすめ!
  • 不動産投資をはじめて学ぶ方
  • 不動産投資の未経験者
  • 基本から応用まで幅広く知りたい方
  • なにから勉強したらよいかわからない方

スタッフの8割が不動産投資の経験者!
実践に基づくノウハウが学べます

  • 毎月2回の50名以上のセミナーから
    少人数制のセミナーは毎日開催
  • 値上がり、節税のようなうまい話ではなく
    長期的、安定的に家賃収入を得る方法が学べる
  • メリットからリスク、家賃収入の増やし方まで
    不動産投資がイチからわかる
※セミナー終了後に個別相談会も行っています!
専門家とじっくり話したい方は 無料個別相談会
こんな方には相談会がおすすめ!
  • 投資の専門家にたっぷり質問したい方
  • 自分だけの投資プランを作ってほしい方
  • 物件のシミュレーションがみたい方
  • 資産形成法を相談したい投資経験者

まだ具体的には決めていない方も
お気軽にご参加いただけます!

  • お好きな日時、場所でいつでも無料相談
  • いつまでに、どれぐらいの収入を作りたいのか
    ヒアリングしてプランニングします
  • セミナーで伝えきれない投資の注意点もわかる
  • 資産を効率的に増やすローンの使い方、
    提携ローン、自己資金
    の活用法をご紹介
  • 来社・オンラインお選びいただけます
※参加者には不動産投資の書籍をプレゼント!

当社はしつこい電話・強引な勧誘は一切行っておりません。
安心してお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

  • ご質問だけでもOK
  • 資料請求も承ります