ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 不動産投資お役立ちコラム > 「若者は減っている」の常識は間違い!?増加する大学生と若者の東京一極集中事情

メールマガジン・バックナンバー

不動産投資お役立ちコラム

[2017/01/12] 「若者は減っている」の常識は間違い!?増加する大学生と若者の東京一極集中事情

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.482 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆―――――――――― 平成28年12月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  6,373名

管理戸数    17,081戸

全体入居率   98.92%(17,081戸)
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.28%(10,806戸)
※当社販売物件の入居率

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 「若者は減っている」の常識は間違い!?増加する大学生と若者の東京一極集中事情
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. 「サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー」
          ~参加者募集のお知らせ~
 
5. 編集後記

======================================================================
 
■ 「若者は減っている」の常識は間違い!?増加する大学生と若者の東京一極集中事情
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
お正月、そして3連休とゆっくりと身体を
休められた方も多いのではないでしょうか。
 
ただ、一般的にはゆっくりできるこの時期も、
受験生にとっては追い込みの時期です。

いよいよ今週末に迫ったセンター試験に向けて、
1分1秒が惜しい頃ではないでしょうか。
 
一方で、少子化に伴い、
大学全入時代と呼ばれて久しくなりました。
 
国勢調査でも人口が初めて減少しましたが、
特に大学入学生の母数となる
18歳人口は1992年をピークに減り続けています。
 
25年前には205万人だった人口は、
昨年は120万人にまで激減しました。 
 
これだけ18歳人口が減っているのであれば、
大学生の数も減っていると思いますよね。
 
ところが調べてみると、実態は異なりました。
 
大学生は増えているのです。
しかも全国でも、東京にだけ集まってきています。
 
さらに、東京で増えているのは
大学生だけではありません。
 
国勢調査の結果から見えたもう一つの姿は、
東京23区に若者が集まり続けているということです。
 
今回のコラムでは、
ワンルームマンション投資の賃貸需要を支える
学生と若者がどのくらい東京に集まっているのか、
そして、その理由についてご紹介していきます。
  
 
大学生数は、文部科学省の「学校基本調査」で
年次ごとに報告されています。
 
2000年の大学生数は274万人でしたが、
昨年は約13万人増の287万人でした。
 
約15年で、中央区の人口と同じくらい、
大学生が増えたことになります。
 
その理由は大学進学率の上昇と、
女子学生の増加です。
 
5割ほどだった大学進学率は、
6割近くまで伸びてきました。
 
また、女子学生の増加は著しく、
26%も増えています。
 
ただ、全国で一律に大学生が増えたのかというと、
そうではありません。
 
13万人増のうち、8万人は東京での増加で、
2016年現在、東京には75万人の大学生がいます。
 
その要因は、東京での大学数の増加と、
大学の都心回帰の流れです。
 
東京に所在する大学は113校から、
138校にまで増えました。
 
学生の獲得競争は年を追うごとに激しくなり、
人気回復を目的に郊外にあったキャンパスを
23区内に移す動きが活発になっています。
 
これがいわゆる大学の都心回帰です。
 
直近5年だけでも、12大学が
都心に移転またはキャンパスを新設しています。

他にも、東京電機大は2012年に開設した
北千住駅徒歩1分のキャンパスを拡充し、
2018年には千葉ニュータウンキャンパスを廃止する予定です。
 
同年には、大妻女子大も多摩キャンパスから
学部を順次、千代田区へと移転します。
 
そして2022年までに中央大学が、
看板学部である法学部を都心の後楽園キャンパスへと
戻すことが決まっています。
 
今年の4月以降、2万人以上の大学生が、
都心へとなだれ込んでくるのです。
 
今後もこの流れは止まる気配がないようです。
 
 
しかも、東京に集まるのは、
大学生だけではありません。
 
日本中の若者が東京、特に23区に集中しつつあるのを、
最新の国勢調査が明らかにしています。
 
2005年からの10年間で23区の19歳~34歳人口は
約70万人増加しました。
 
70万人と言えば、足立区の人口に匹敵する数値です。
 
一方、東京23区以外のすべてのエリアの
同年代の人口を見てみると、95万人も減少しています。
 
もちろん全国的に見れば少子化、そして人口減少の流れは
間違いありませんが、東京だけは例外なのです。
 
理由としては、前述の大学生はもちろん、
2000年代以降、若い世代に広がる都心回帰が挙げられるでしょう。
  
特に千代田区、港区、中央区などは、
職住近接を重視するライフスタイルの変化もあり、
人口が増加しています。
 
≪参考:もう「西高東低」なんて言わせない!注目エリアが続々誕生する山手線の東側≫
http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/category03/post-346.html
 
 
年間を通しての確定値はまだ発表されていませんが、
昨年1月~11月までで、東京都の転入超過数は73000人あまり。

2位の千葉県の転入超過数が約15000人ですから、
約5倍もの人が東京に集まっています。
 
しかもそのボリュームゾーンは、
10代後半から20代にかけての若者層です。
 
 
もちろん全ての学生や若者が
賃貸物件に住むというわけではないのは事実です。
 
大学生では、自宅通学と賃貸物件・大学寮などから通学の割合は、
およそ6:4というデータがあります。(日本学生支援機構)
 
現在の大学生数は約287万人、そのうち東京の学生が約75万人でした。
 
単純計算ですが全国では100万人超、
東京だけでも約30万人の賃貸マーケットがあります。
 
一方で、大学が移転してしまった地方郊外では、
アパート経営が成り立たない事態に陥っていることも
珍しくありません。
 
≪参考:家賃2万円台が続出、地方・郊外の不動産投資の実態に迫る≫
http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/category03/post-329.html
 
 
人口が減少するなかでも
日本で唯一、若者が増えているエリアが東京です。
 
都心回帰した大学には、全国の大学生だけでなく、
世界からの留学生も多く集まり、
賃貸需要を生み出しています。
 
不動産投資で安定収入を得るためには、
賃貸需要が旺盛なエリアの物件に投資をすることが鉄則です。
 
利回りが高いから、価格が安いからといって、
賃貸需要の少ないエリアで投資をしてしまうと、
将来空室で頭を悩ませることになりかねません。
 
賃貸需要の支え手となる若者が続々集まる東京23区であれば、
長期に渡って安定した家賃収入を得られるはずです。
 
 
日本財託 マーケティング部 横尾 幸則(よこおゆきのり)

◆ スタッフプロフィール ◆
 
埼玉県大宮市出身の29歳。
 
マーケティング部で、セミナーやHPの運営、
メールマガジンの執筆や広報活動を通じて
東京・中古・ワンルームの魅力を多くのお客様に伝える。
 
夜はお腹が空くと、すぐに外食してしまうので、
せっかくの新居の2口ガスコンロをまだ一度も使っていない。
 
 
◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
  不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから
   
http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/

 
====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計512話 HP掲載中≫
    マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【資金の効果的な運用 No.139】

『マンション投資の成功の原則』

N・M様 56歳 神奈川県在住
日本財託を知ったきっかけ:日経新聞
ご購入日:平成28年9月
ご購入物件:千代田区(山手線「神田」徒歩5分) 平成17年築
       
 
成功の原則を表す「黄金律」という言葉がありますが、
マンション投資では黄金『率』であると知ったのは、
日本財託のセミナーに参加した時でした。
 
それは、最初の2戸を現金で購入し、3戸目はローンを組むことで、
金利上昇のリスクを抑えながら、資産形成を加速させる投資術
『レバレッジの黄金率』です。
 
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-362.html


=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業27年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~  

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者18,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』
 
【東 京】2017年2月4日(土)PM1:00~3:30
【名古屋】2017年2月5日(日)PM1:00~3:00

セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/


 ◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。


また、名古屋のセミナーでは、
『東京と名古屋の投資物件の比較』
『2027年リニア開通がもたらす効果』
など、

お客様からよくご相談をいただく項目について、
しっかりとお伝えしていきます。


◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率99%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介


当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした、表に出ない物件の情報も、
セミナーにご参加頂いた方にご紹介しております。

満室経営を目指すためには、
入居者が付きやすい物件を選ぶことが大切です。
 
平均入居率99%を誇る賃貸管理会社が選んだ物件を公開しておりますので、
物件情報に興味がある方も、
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/

■ 賃貸管理会社はどこも同じと思っていませんか?


長期安定収入を得るための賃貸ノウハウ公開!
             【賃貸管理セミナー】開催中!

2017年1月28日(土)13:30~14:30

入居率99%の入居者募集のノウハウに加えて、
今回のセミナーでは、≪滞納トラブルの解決事例≫もたっぷりご紹介! 
ぜひご参加ください♪

http://www.nihonzaitaku.co.jp/seminar/s_kanri/index.html


=====================================================================

■ 5. 編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
お正月休みに地元の静岡県に帰り、
高校時代のバトン部の仲間と集まりました。

卒業してから10年が経ちますが、
年に1度は顔をあわせています。

楽しい時間を過ごしていると、
まるで10年前に戻ったような気がします。

幼い頃から、歌うことや踊ることが大好きで、
年子の姉とモー娘の踊りを完コピしていた私に、
母が勧めてくれました。

「地元の公立高校には、バトン部がないけど、
隣の沼津市にはあるから行ってみたら?」

バトントワリング自体がよく分からないままでしたが、
好きなダンスができれば楽しそうという軽い気持ちで、
バトン部に入るため高校を決めました。

入部すると、初めはバトンさえ持たせてもらえず、
柔軟体操やステップの練習ばかりです。

幼い頃から新体操やバレエを習ってきた同期たちに、
いきなり遅れをとることになりました。

半年が経った頃、入部してから初めての大会を迎えました。

選抜メンバーと補欠メンバーがそれぞれ発表され、
ユニフォームを手渡されなかったのは、
私ともう1人の同期だけでした。

30人もいる仲間のなかで、
ユニフォームをもらえなかったのはたったの二人だけ。

私たちは文字通り同じ舞台にいることすらできず、
カメラを手渡されて、観客席から仲間の演技を
撮影することになりました。
 
仲間たちは、これまでの練習の成果を発揮しようと
一生懸命演技しています。
 
一方、私は2階の観客席からレンズ越しに彼女たちを
見つめるしかありません。
 
それが、本当に悔しくて、情けなくて、
今まで平気なふりをしていたのですが、
気が付くと、こらえていた涙が溢れました。


悔しい気持ちは、ユニフォームをもらえなかった彼女も
同じだったと思いますが、
「大丈夫」と気遣って声をかけてくれました。

それ以来、部活の悩みや練習方法について、
2人で相談するようになりました。

「ゆりえ、ズレてるよ!」

課題曲をなんども聞いて、
頭のなかで流れる音楽にあわせて踊れるようになっても、
自分では気づかない指摘をもらえることもあります。

これまでの遅れを挽回しようと、
全体練習後も二人で居残り練習を続けました。
 
さらに、選抜メンバーに選ばれるほどの上手い同期たちにも、
自分から勇気を出してアドバイスを求めるようにしました。

私のために同じふりを何度も合わせたり、
みんなで部活の後も練習に付き合ってくれました。

素直に人の意見を聞けるようになったので、
バトン部のみんなも意見を言いやすくなったようです。

見えない壁を自分が作っていたのかもしれません。

おかげで選抜メンバーになることもできました。


今でも、同期の結婚式があると余興でチアを踊ります。

毎回決まって踊るのは、
高校3年生の学園祭でオープニングを飾ったチアです。

大会とは違い、自分たち自身でフォーメーションを考えたり
曲の構成を考えた思い入れのある踊りです。

仲間たちは、地元で子育てに奮闘していたり、
都会に出てきて働いていたり、
それぞれ全く違った人生を歩んでいますが、
ふたたび集まると部活をしていたころのようなチームワークです。

「ゆりえ踊りずれているよ!」

たとえ余興であっても踊りとなれば、
厳しく注意されることも、当時のままです。

そんな同期とは、
バトン部で辛い練習も乗り越えてきたからこそ、
今でも濃密な時間を過ごせているような気がします。

みんなが集まるのは年に1回ですが、
当時を懐かしみながら楽しい時間を過ごしていると、
また1年間がんばろうという力をもらえます。

「次は、ゆりえの結婚式で踊れるのかな。」

なんて会話になるとプレッシャーを感じていますが、
みんなで踊りを合わせるのを、私も楽しみにしています。


日本財託 資産コンサルティング部 遠藤 ゆり恵(えんどうゆりえ)


◆ スタッフプロフィール ◆


静岡県富士市出身。

資産コンサルティング部に所属し、
物件情報や管理代行契約のまとめを行うことで、
マンション投資をスムーズに始められるよう務めている。

健康のためホットヨガに通うだけでなく、
自宅の鏡の前でのアイドルダンスの練習も欠かしていない。


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
    TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
    TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

堅実派のサラリーマン
だからできる、
給料以上の家賃収入を
手に入れる不動産投資法

今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る