1月25日は一室入魂の日!精魂込めて管理を行う日々の業務をご紹介

2017/01/26

昨日、1月25日は「一室入魂の日」でした。

「一(1)室入魂(25)」と読ませる語呂合わせから、
日本記念日協会に申請したところ、記念日として認定されました!

「一室入魂」という言葉には、オーナー様、入居者様にとって、
かけがえのない一部屋をすべての社員が精魂込めて管理するという
想いが込められています。

私たちはこの「一室入魂」をスローガンに、
社員ひとりひとりが賃貸管理業務に取り組んでいます。

そこで今回のコラムでは、
オーナー様にとって、もっとも関心の高い空室解消事例を例に挙げ、
「一室入魂」の想いがどのように日常の業務に
生かされているのかをご紹介していきたいと思います。


私たちは、当社がご紹介した物件の賃貸管理のほかにも、
他社からご購入された物件やご自身が所有する土地に建てられた
賃貸アパート・マンションの管理も行っています。

空室が長期化して、ご相談いただくことが多いのですが、
物件に足を運んでみると、空室の原因が
すぐにわかることも少なくありません。

ご相談頂いた3LDKのファミリーマンションも
築年数も浅く、建物のグレードも問題ありませんでした。
 
部屋が1階ということもあり、
これまで空室がなかなか埋まらなかったといいます。
 
たしかに、1階は他の部屋に比べて防犯上の観点からも、
女性から敬遠される傾向がありますが、
それだけで空室が長期化するとは考えられませんでした。
 
実際にお部屋にいってみると、
すぐに問題がわかりました。

この物件には20平米ほどの広さの専用庭がありました。
 
この庭が腰の高さほど伸びた雑草で
すっかり覆い尽くされていたのです。
 

専用庭はオーナーが所有する専有部分ではなく、
共用部にあたるため、このマンションでは半年に1度、
管理組合が雑草の駆除を行うことになっていました。

ただ、駆除が行われるのを待っていては、
いつまでたっても空室は埋まりません。
 
そこで翌日、管理組合の許可をとって、
私たちの手で雑草駆除を行うことにしたのです。

8月の照りつける太陽の下、
専用庭いっぱいに広がった雑草を取り除きます。
 
根が地面に食い込んでいるので、手で抜くのではなく、
スコップを使って、文字通り根こそぎ取り除いていきます。

さらに、あらかた雑草を抜き終わった後は、
でこぼこになった地面を整地します。

雑草駆除を続けること5時間。
ゴミ袋5袋分の雑草を取り除くことができました。
 
 
身体は汗まみれで、10箇所以上も蚊にさされてしまいましたが、
おかげでその後すぐに入居者を見つけることができました。
 
 
ただ、このように空室の原因が
すぐにわかるようなケースばかりではありません。
 
大きなマイナス要因が見つからない場合、
積極的に賃貸仲介会社を訪問して、
物件の魅力を知ってもらうように働きかけます。

セールスポイントも1人の担当者だけで考えるのではなく、
なるべく複数のスタッフの意見を聞いて、様々な観点から
物件の長所をリストアップしていきます。

以前、入居者募集に苦戦した物件では、
男性、女性のスタッフあわせて4人で近隣調査と室内確認を行いました。

たとえば、大通り沿いにある物件には、
騒がしくてうるさいのではないかと敬遠する方もなかにはいますが、
賑やかな通りは女性にとっては、帰りが遅くなっても安心です。

また、女性が避けがちなバス・トイレが一体になった3点式ユニットは、
男性にとって掃除が楽というメリットがあります。

ほかにも、周辺には有名ラーメン店や人気のイタリアンがあるなど、
担当者だけでは気づかなかったポイントを31項目列挙し、
セールスポイントシートを作成しました。
 
その後、このシートを手に持ち、
近隣の仲介会社を手分けしてまわりました。

このように様々な視点、角度から物件のセールスポイントを洗い出し、
空室の早期解消に努めています。


また、これらは空室の部屋に入居申し込みが入るまでの取り組みですが、
お申し込みが入ってからは、確実に契約につなげられるよう、
フォローすることも重要な仕事の一つです。

せっかく苦労して獲得したお申し込みも、
キャンセルされてしまっては元も子もありません。
 

1月から3月の繁忙期には現在の入居者が退去する前に、
お申し込みをいただくこともあります。

いわゆる先行契約です。
新入居者の入居時期はすでに決まっているので、
それまでに内装工事も仕上げる必要があります。

そのため、退去時の室内を確認する際には、
速やかに工事が必要な箇所を判断し、協力会社に工事を依頼します。

ただ、そこで予想外の出来事に見舞われることもあります。

以前、先行契約を頂いた部屋を確認した際、
ユニットバスの天井から漏水が見つかったことがありました。

わずかに水滴が落ちる程度ですが、
ユニットバスと壁一枚を挟んだ位置にある
隣の部屋のクローゼットは、
漏水の影響で木材に黒い染みが広がっていました。

ユニットバスの天井裏を開けて確認すると、
上階から水が滴り、一部が湿っています。

調査の結果、漏水原因は上階の排水管亀裂だと判明したのです。

原因さえ分かれば、修繕費用を保険で賄うことができますが、
問題は2週間後に迫った入居者の引っ越しです。

本来ならば、上階の補修工事が実際されるのを待ってから、
内装工事を行うのですが、
それでは間に合わない可能性もあります。

間に合わないどころか、お申し込みをキャンセルされてしまえば、
工事が終わるまで次の入居者が決まることはないでしょう。

そこで、先行して壁紙の張り替えなど、
漏水に関係のない箇所の内装工事を行うことにしました。

問題の漏水箇所であるユニットバスはわずかに水滴が落ちるぐらいですから、
まったく住めないわけではありません。

ただ、だからといって入居者の生活に不便をかけてしまっては問題です。

そこで、浴室の利用に支障がないよう
天井裏から洗面台に水滴の通るビニール製の簡易ホースを這わせて、
水滴が洗面台に落ちるよう補修を行いました。
 
そのうえで、入居者に上階の排水管補修工事が行われる1週間程度、
この状態でお住い頂けるかどうか確認しました。

幸いなことに、ご了解をいただき、
ひとまずはお住まいになっていただくことができました。

入居から1週間を経った段階で、工事は無事に終了。
これまで不便をかけてお詫びにも伺いました。

 
このように入居者募集業務のひとつをとっても、
毎日、様々なトラブルが発生します。

それでも、粘り強く取り組み、1日でも早く空室が埋まるよう、
「一室入魂」の想いで取り組んでいます。

入居者募集だけでなく、
契約・更新業務、保険、内装工事、設備の修繕、家賃の送金、
賃貸管理に携わるすべてのスタッフが同じ想いで業務に携わっています。

これからも、オーナー様、そして入居者様の期待に応えられるよう、
一室入魂を合言葉に賃貸管理業務に取り組んでいきます。

日本財託管理サービス 賃貸営業部 綱川 貴也(つなかわたかや)

◆スタッフプロフィール

埼玉県白岡市出身の38歳。

賃貸営業部にて営業1課(城西・城東エリア)を担当する。
空室物件の早期客付けを実現するため、
最大の協力会社である賃貸仲介会社との信頼関係の構築に向けて、
定期的な訪問営業も欠かさず行なっている。

一番の幸せを感じるときは、愛犬のポメラニアン2匹とお風呂に入るとき。

SEMINAR・CONSULTATION

セミナー・相談会 開催中

あなたに合った方法で学べるから「不動産投資」のことが良くわかる!
はじめての方にもやさしい 不動産投資セミナー
こんな方にはセミナーがおすすめ!
  • 不動産投資をはじめて学ぶ方
  • 不動産投資の未経験者
  • 基本から応用まで幅広く知りたい方
  • なにから勉強したらよいかわからない方

スタッフの8割が不動産投資の経験者!
実践に基づくノウハウが学べます

  • 毎月2回の50名以上のセミナーから
    少人数制のセミナーは毎日開催
  • 値上がり、節税のようなうまい話ではなく
    長期的、安定的に家賃収入を得る方法が学べる
  • メリットからリスク、家賃収入の増やし方まで
    不動産投資がイチからわかる
※セミナー終了後に個別相談会も行っています!
専門家とじっくり話したい方は 無料個別相談会
こんな方には相談会がおすすめ!
  • 投資の専門家にたっぷり質問したい方
  • 自分だけの投資プランを作ってほしい方
  • 物件のシミュレーションがみたい方
  • 資産形成法を相談したい投資経験者

まだ具体的には決めていない方も
お気軽にご参加いただけます!

  • お好きな日時、場所でいつでも無料相談
  • いつまでに、どれぐらいの収入を作りたいのか
    ヒアリングしてプランニングします
  • セミナーで伝えきれない投資の注意点もわかる
  • 資産を効率的に増やすローンの使い方、
    提携ローン、自己資金
    の活用法をご紹介
  • 来社・オンラインお選びいただけます
※参加者には不動産投資の書籍をプレゼント!

当社はしつこい電話・強引な勧誘は一切行っておりません。
安心してお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

  • ご質問だけでもOK
  • 資料請求も承ります