ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 不動産投資お役立ちコラム > 給付額増に4年ぶりの自動ブレーキ発動へ!公的年金の未来と備え方を考える

メールマガジン・バックナンバー

不動産投資お役立ちコラム

[2018/11/29] 給付額増に4年ぶりの自動ブレーキ発動へ!公的年金の未来と備え方を考える

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.575 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆   http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
  録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
  ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
  をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成30年10月末現在 ――――――――――◆

 オーナー様数  7,645名

 管理戸数    20,669戸

 全体入居率   99.10%(20,669戸)
 ※当社販売物件および管理受託物件の入居率

 販売分入居率  99.37%(12,675戸)
 ※当社販売物件の入居率

 【入居率の算定方法】
 (1-※空室数/管理戸数)×100
 ※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

 1. 給付額増に4年ぶりの自動ブレーキ発動へ!公的年金の未来と備え方を考える
 
 2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
 3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください
 
 4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
 5. 編集後記


======================================================================

 
 ■ 給付額増に4年ぶりの自動ブレーキ発動へ!公的年金の未来と備え方を考える

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

『公的年金 伸び抑制へ』

先週の日経新聞の夕刊に
気になる見出しが躍りました。

来年度、公的年金の給付額を抑える仕組みである
「マクロ経済スライド」が発動される見込みが
大きくなったというのです。

マクロ経済スライドは、簡単にいえば
年金の給付額を自動調整する仕組みです。

今の高齢者に対する給付額が抑えられれば、
年金財政を長く持続できるようになります。

一見すると、未来に年金を受け取る世代にとっては、
良い制度のようにも思えますが、
そうとも言い切れません。

将来、物価が上昇していったら、
もらえる年金額が実質的に減ってしまうからです。

そこで今回は、複雑な公的年金のしくみの中から、
話題にのぼった「マクロ経済スライド」を分かりやすくご紹介するとともに、

このような年金制度のもとで、
私たちは将来にどう備えていけばよいのかをお伝えします。


マクロ経済スライドは、
毎年改定される公的年金の給付額を、
自動的に調整する仕組みのことです。

今現在の給付額を抑え、
現役世代が将来受け取る年金を
なるべく減らさないようにするのが目的です。

年金の給付額は、原則として、
物価と賃金の変動に合わせて、毎年改定されます。

ただ、現在の物価や賃金が伸びているからといって、
際限なく給付額も増やしてしまうと、

財源も限られていることから、
年金制度自体を存続することが難しくなります。

そこで、スライド調整率という値で
給付額にブレーキをかけるのです。

スライド調整率は、公的年金の保険料を
支払っている人口の減少割合と、平均余命の伸び率から算出され、
今年度であれば0.3%でした。

マクロ経済スライドが「発動」するのは、
賃金と物価の伸び率がプラスになることが前提です。

その上で、賃金と物価の伸び率が
スライド調整率より大きい場合に発動します。

たとえば、賃金と物価の伸び率が1%で、
スライド調整率が0.5%であれば、
1%から0.5%を差し引いた0.5%が
給付額の伸び率になります。

では、賃金と物価の伸び率が、
スライド調整率より小さい場合はどうなるでしょう。

たとえば、賃金と物価の伸び率が0.5%で、
スライド調整率が1%とします。

この時、年金給付額の伸び率が
0.5から1を差し引いてマイナス0.5%になりますが、
支給額が減らされるということにはなりません。

この場合、伸び率は0%という扱いとなり、
給付額は据え置きです。


ありがたい話に見えますが、
実はマイナス0.5%の分は、翌年以降に繰り越して、
「ツケ」を払わなければならないのです。

たとえば翌年の賃金と物価の伸び率が2%で、
スライド調整率が1%と仮定しましょう。

本来、年金給付額の伸び率は1%になるはずですが、
ここからさらに累積分の0.5が差し引かれ、
給付額は0.5%上昇に抑えられます。

結論としては、物価が2%上がっているのに、
受け取れる年金は0.5%しか上がらないわけです。


実際、今年度時点では
0.3%分の「ツケ」がある状態です。

そのため、2019年度は給付額は、
次のように計算され、大幅に給付額の伸びが抑えられることもありえます。

【賃金・物価の伸び率-(スライド調整率+0.3%)】


なお、賃金や物価が下落した場合は、
マクロ経済スライドは発動しません。

つまり、デフレなら発動しない、
インフレなら発動する、と考えればわかりやすいでしょう。

日本は長らくデフレが続いていたので、
マクロ経済スライドが制定されて以来、
実際に発動されたのは、
2015年度のたった1度だけでした。

とはいえ、日銀と政府はここ数年、
揃って「インフレにする」と言い続けています。

また働き手不足といわれるなか、
物価や賃金は今後も上昇していくと
考えるのが自然でしょう。

マクロ経済スライドが発動される状態が続けば続くほど、
自動ブレーキが働いて給付額は抑えられます。

たとえば1年の減額調整がわずか1%だったとしても、
それが20年続けば、減額率は22%にもなります。

下がった給付額に対して、さらに減額率がかけられるので、
加速度的に給付額が減少してしまうのです。

将来、私たちが公的年金として受け取れる実質額は、
今の高齢者が受け取っている額と比べて、
大幅に減ってしまう可能性もあります。


このような年金制度から生まれる
将来への不安を解消するための解決策は
「自分年金」を作るしかありません。


自身と家族の将来に堅実に備えるために、
私たちがお勧めしている方法は不動産投資です。


将来に対して貯金で備えた場合は、
インフレリスクには対応できません。

その点、不動産は実物資産であり、
インフレに強い投資といわれます。

変動は緩やかですが、家賃価格帯は、
物価に連動するからです。

当社の管理物件でも、
最近では入居者の入れ替え時に家賃を上げて成約する物件も
少しずつですが増えています。


また、貯めたお金は使ってしまえば、
当然ですが、どんどん目減りしていきます。

将来何歳まで生きるのか、病気に対する備えなど、
考えだしたら、せっかく老後に備えて貯めたお金も
十分に使えないことでしょう。

その点、不動産投資であれば、
毎月家賃収入が入ってきますので、
お金が目減りする心配もなく、
自由にお金を使うことができます。

賃貸需要の安定している
東京23区内の中古ワンルームであれば、
長期にわたって安定して家賃収入を得ることができます。


給付減の話だけでなく、
年金給付の開始年齢が上がるといった話も、
これまでたびたびニュースになっています。

将来どうなるか分からない年金制度に
頼り切るのではなく、
自らの意思と努力で「自分年金」を作る。

それこそが、私たち現役世代が取れる
選択肢のひとつではないでしょうか。


日本財託 マーケティング部セールスプロモーション課
横尾 幸則(よこおゆきのり)

◆ スタッフプロフィール ◆
 
埼玉県大宮市出身の31歳。
 
マーケティング部セールスプロモーション課で、
セミナーやHPの運営、 メールマガジンの執筆や広報活動を通じて
東京・中古・ワンルームの魅力を多くのお客様に伝える。
 
1日1万歩目標のウォーキングキャンペーンを
1人実施中だが、体重になかなか変化が見られない。


◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

 ■ 2.≪オーナー様の生の声 合計605話 HP掲載中≫
    マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 資金の効果的な運用 No.187 】

 『他社とは違う営業スタイルが気に入って購入』

 T・M様(男性) 42歳 東京都在住
 日本財託を知ったきっかけ:書籍『東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい』
 ご購入日:平成30年6月
 ご購入物件:平成30年6月 大田区(東急多摩川線「武蔵新田」徒歩1分)
       平成19年築 他1戸


 もともと2戸、新築物件での運用をしていました。

 まとまった臨時ボーナスが入ったことをきっかけに、
 新たな投資を始めようと投資関係の本を読み漁りました。

 そのうちの1冊に日本財託が紹介されていたのです。
 

http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-452.html
 
=====================================================================

 ■ 3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 1.ワンルームのスピード査定

 日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
 ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

 ≪日本財託の5つのメリット≫
 ・メリット1 スピード査定
 ・メリット2 仲介手数料不要
 ・メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 ・メリット4 手続きは簡単
 ・メリット5 最短1週間で現金化
 
 ▼簡単スピード査定のお申込みはこちらから
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

 2.ご自宅の購入・売却のご相談

 日本財託グループでは、投資用マンションの販売だけではなく、
 居住用不動産(リノベーション物件)のご紹介、ご自宅の売却のお手伝いも承っております。
 
 ≪オトクなキャンペーン実施中!≫
 現在、『仲介手数料率 1%割引』などオトクなキャンペーンを各種実施中です。

 ▼詳しくはこちらから
http://www.nihonzaitaku.jp/residential/
 
=====================================================================

 ■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者22,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

 セミナーでご紹介するのは、
『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』
『なぜ、いまが買いどきなのか』

客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

また、セミナー参加者限定で、月100戸以上の取り扱い物件から
厳選した非公開物件をご紹介しております。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

【東京・休日開催】
 12月15日(土) 13:00~15:30

 ▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/seminar-lp/mailmag.html
 
 
【「クローズアップ現代+」「とくダネ!」も注目!】
『話題の認知症×財産対策!家族信託セミナー』
 
 親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
 <<いざというときに困らないための「家族信託」>>

 認知症による財産凍結を防ぐ手法として注目される
 「家族信託」についてNHKやフジテレビにも出演した講師が、
 豊富な実例をもとに分かりやすくご紹介します。
 
 【東京】12月16日(日)13:00~15:00
 
 ▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/#1842

=====================================================================

 ■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「来年合格できなければ、
 もうあきらめて就職しなさい!」

2回目の公認会計士試験に落ちたその夜。

『もう1年だけ受験させてほしい』と
頭を下げた私に対する、
両親からの最後通告でした。

大学卒業後も就職をせず、目標を追い続ける息子に対して、
将来を案じてくれていたからこそ出た言葉だと思います。


簿記や会計に興味を持ったのは、
高校3年の時です。

部活を引退後、余った時間で資格取得をめざそうと、
目に留まった資格が簿記でした。

3級を合格したのち、2級、1級を順当に取得。

数字を扱う楽しさ、
またそうした仕事につきたいという想いが生まれ、
公認会計士を目指すことにしました。


しかし、本気で公認会計士を目指すには、
圧倒的に覚悟が足りていなかったのです。

大学在学中に合格する人は、
毎朝7時から専門学校に通い、
夜は自習室が閉まるまで勉強を続ける日々。

まさに大学生活のすべてを
資格取得のためにささげるのです。

それに引き換え、私はサークルやゼミに所属し、
一般的な大学生活も満喫。

友人と一緒に就職活動も行ったものの、
就職氷河期の時代に、ろくな企業研究もしていない私が
内定を取れることはありませんでした。

就職先も決まらないまま、
会計士の試験にも落ち、大学を卒業。

卒業後は、親のすねをかじりながら会計士を目指すものの、
翌年も不合格となり、両親から叱咤をもらったのです。

気が付けば25歳。

大学卒業後、3年間働いたこともない私には
まともな就職先なんてない、という思いが
強いプレッシャーとなっていきました。


『合格できる水準を100%としたとき、
 毎年90%くらいまでは達成できるのに、
 あと10%の努力が足りずに落ち続けている人がたくさんいる』

そんな折、卒業後に通っていた
予備校の先生の言葉を思い出したのです。

(自分もこのパターンにはまっているのでは)

そう思い、この1年はなりふり構わず
最後の10%の努力をしようと決意しました。

それまでは「カッコ悪い」と思って避けていた丸暗記も、
逃げずにひたすらノートにペンを走らせました。

さらに、予備校までの移動時間を節約するため、、
ほとんど家に引きこもって勉強をしました。

朝起きてから夜寝るまで、毎日12時間近く、
食事やお風呂など最低限の活動以外は、
すべて勉強に費やしたのです。

そうした努力が実を結び、
3度目の受験で公認会計士試験を
突破することができました。

両親へは、合格発表会場から
電話で報告。

直接の報告は後回しで、
その足ですぐさま監査法人へ向かい、
就職面接を受けました。


大学を卒業してから3年半。

その間、家に1円も入れなかった不肖の息子を
養ってくれた両親には感謝してもしきれません。

代わりに、取得させていただいた会計士の資格を活かし、
会計事務所やコンサルティング会社に勤務。

30代半ばからは、数字をチェックする側から
決算書など企業の数字を作っていく側へ
活躍の場を求め、メーカーの経理に転職しました。

そして今年、より大きな金額や独自の法律を扱う
不動産業界へ足を踏み入れました。

これまでの経験を活かし、
日本財託グループが正しい決算を行えるよう、
尽力してまいりたいと思います。


日本財託 経理部 堀内 裕太(ほりうちゆうた)


◆ スタッフプロフィール ◆

神奈川県川崎市出身の41歳。

経理部にて、月次決算、決算報告書の作成、
税理士・金融機関との折衝などを行っています。

来年1月に開催予定の新宿シティハーフマラソンに向けて、
減量とトレーニングに明け暮れています。

◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】 http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る