経済ショックが及ぼす影響は?「事業用テナントと住居」同じ都心でも生まれる大きな差!

2020/05/07

mailmag_column_20200507_600.jpg

『不動産は、一にも二にも立地』

これは、不動産投資で安定収入を得るための鉄則です。
だからこそ、私たちも都心の物件をお勧めしています。

しかし、おなじ都心の物件であっても、用途によっては収益の安定性も異なります。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、飲食店などを中心に、家賃の減額・猶予といった話を目にするようになりました。

居住用不動産に比べて、事業用不動産のほうが、経済環境の変化に対して、より大きな影響を受けやすいのです。

これはリーマンショック時の賃料や入居率の推移をみても明らかです。

そこで今回はコラムでは、リーマンショックの事業用と住居用、それぞれの賃貸市場に与えた影響を振り返りながら、激変する経済環境のなかでも、資産を堅実に築くためのポイントをお伝えします。


2008年9月に発生したリーマンショック。

日本の不動産マーケットに影響が出てきたのは、2009年に入ってからでした。

まず賃料の推移はどうだったのでしょうか。

今回は、三鬼商事が公表しているオフィスデータを手掛かりに、事業用不動産のトレンドを読み取ります。

東京ビジネス地区と定義される都心5区のオフィス平均坪賃料はリーマンショック以降、下落トレンドに入り、2010年までの1年だけで相場は2割近く低下しました。

底を付けたのは、2013年の終わり頃です。
2009年の水準から比較すると25%ものダウンです。

事業用不動産の平均賃料が2009年の水準に回復できたのは、なんと昨年になってからでした。

今度は、その間の居住用不動産の賃料推移を確認してみます。

住居用不動産については、アットホーム社のマンション賃料インデックスを用います。

調査対象は、30平米未満のマンション賃料でエリアは23区全域です。

リーマンショックによって相場家賃は下がりましたが、下げ幅は5%程度。
さらに、元の賃料水準には事業用不動産に比べて、5年も早く戻すことができました。

居住用不動産の家賃は事業用よりもはるかに下がりづらいことがわかります。

graph1.png

では入居率はどうでしょうか。

三鬼商事のデータで、東京ビジネス地区の2009年1月時点の入居率は95.07%。

2012年夏には90.57%で底打ちし、2015年には2009年と同水準まで戻しました。

賃料の底よりも入居率の底のほうが早いことから、家賃を値下げしてでも、フロアを埋めざるを得なかった苦境がうかがえます。


住居用物件の入居率は、当社管理物件の月次データがあります。

リーマンショック後も入居率98%以上を保っていましたが、2009年10月末に一度だけ、97.31%という数値を記録しています。

ただ、全社を挙げて空室解消に努め、翌月には98%台を回復、以降は年間平均98%以上の入居率を維持し続けています。

入居率が5%も変動した事業用不動産に比べて、都心のワンルームの入居率は安定していました。

graph2.png

このように同じ都心の不動産であっても、経済環境の変化による影響は大きく異なります。

事業用不動産は都心立地であっても、利回りが高いものもあり、小ぶりなビルなら個人投資家でも手が出せる価格の物件もあります。

しかし、高い利回りは高いリスクも抱えています。

賃料や入居率の変動幅が大きいので、安定した運用を目指すならば注意が必要です。

当社管理する物件でも一部事業用テナントがありますが、今回のコロナの影響ですでに1店舗、焼肉店が廃業しています。

幸いにも店舗を引き継ぐ人が現れたため、空室にはならずに済みましたが、もし退去していたら、長期の空室につながったかもしれません。


不動産投資は長期の投資です。

投資期間中には、今回のような大きな経済環境の変化も起こります。

賃貸需要の安定した立地を選び、そのうえでより安定性の高い居住用の不動産に投資することで影響も最小限に抑えることが可能です。

不動産に投資をする際には、立地に加えて、物件の種類もしっかりと見極めて検討することをお勧めします。


日本財託 マーケティング部セールスプロモーション課
横尾 幸則(よこおゆきのり)
 
 
◆ スタッフプロフィール ◆

埼玉県大宮市出身の32歳。
  
マーケティング部で、セミナーやHPの運営、メールマガジンの執筆や広報活動を通じて東京・中古・ワンルームの魅力を多くのお客様に伝える。
 
リモートワークで自宅近所のランチを開拓中。
普段は貸切専門の高級焼肉店『肉と日本酒 谷中店』の牛丼(1000円!)は驚きの美味さでした。

SEMINAR・CONSULTATION

セミナー・相談会 開催中

あなたに合った方法で学べるから「不動産投資」のことが良くわかる!
はじめての方にもやさしい 不動産投資セミナー
こんな方にはセミナーがおすすめ!
  • 不動産投資をはじめて学ぶ方
  • 不動産投資の未経験者
  • 基本から応用まで幅広く知りたい方
  • なにから勉強したらよいかわからない方

スタッフの8割が不動産投資の経験者!
実践に基づくノウハウが学べます

  • 毎月2回の50名以上のセミナーから
    少人数制のセミナーは毎日開催
  • 値上がり、節税のようなうまい話ではなく
    長期的、安定的に家賃収入を得る方法が学べる
  • メリットからリスク、家賃収入の増やし方まで
    不動産投資がイチからわかる
※セミナー終了後に個別相談会も行っています!
専門家とじっくり話したい方は 無料個別相談会
こんな方には相談会がおすすめ!
  • 投資の専門家にたっぷり質問したい方
  • 自分だけの投資プランを作ってほしい方
  • 物件のシミュレーションがみたい方
  • 資産形成法を相談したい投資経験者

まだ具体的には決めていない方も
お気軽にお越しいただけます!

  • お好きな日時、場所でいつでも無料相談
  • いつまでに、どれぐらいの収入を作りたいのか
    ヒアリングしてプラニングします
  • セミナーで伝えきれない投資の注意点もわかる
  • 資産を効率的に増やすローンの使い方、
    提携ローン、自己資金
    の活用法をご紹介
※参加者には不動産投資の書籍をプレゼント!

当社はしつこい電話・強引な勧誘は一切行っておりません。
安心してお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

  • ご質問だけでもOK
  • 資料請求も承ります