ホーム > マンション投資を実践したオーナー様の声 > 老後の年金を作る > 「上下逆さまの押印で始まった不動産投資」

マンション投資を実践したオーナー様の声

老後の年金を作る

No.292

「上下逆さまの押印で始まった不動産投資」

「上下逆さまの押印で始まった不動産投資」
D・K様(男性) 27歳 東京都在住
【日本財託を知ったきっかけ】 ご紹介
【ご購入日】 平成30年10月
【ご購入物件】 杉並区(京王線「代田橋」駅徒歩8分) 平成12年築

社会人5年目を迎えた頃から、様々な投資方法を模索していました。

私は、
「人生100年時代がやってくる」
「これからは会社には頼れない」
「定年退職後、年金はほぼもらえなくなる」
と思っています。

そこで、なるべく早めに自らの老後の資産形成をスタートさせなければならないと考えていました。

もともと不動産投資に興味はありましたが、投資対象の検討からは除外していました。
大きな資金やローンの利用が必要で、到底手を出せるような代物ではないと考えていたからです。

そんななか、縁あって日本財託のセミナーに参加したのです。

所属する会社により得られる社会的信用を使って、頭金10万円から不動産投資を始められると知り、目からウロコが落ちる思いでした。
また、ローンの返済は家賃収入からまかなえるので、普段の生活は基本、何も変わらないことや、そのような投資が、都心の中古ワンルームマンションを投資対象とすれば実現できると分かりました。

諸々の話を聞いた結果、私の中では、投資しない理由が見つかりませんでした。

もちろん、大きな決断なので即決とまではいきません。
その後、個人で不動産投資を行っている人たちの意見も聞き、1戸目の購入を決めました。

決意したとはいえ、これまでの人生で一番高い買い物です。

契約書捺印の時は緊張してしまい、印鑑を上下逆さまで押印してしまったのは、いい思い出です(笑)

ところが、順調に購入手続きを終えた直後、担当者から入居者が退去するという連絡がありました。

不動産投資のリスクのひとつに、空室により家賃収入が得られなくなることがあります。
購入した瞬間からそのリスクに直面し、かなり焦りました。

しかし、そこからは日本財託の強みである年間平均入居率98%以上という圧倒的な数字通りです。
前入居者が退去するまでの間に次の入居者が決まりました。

家賃収入がはじめて銀行口座に入ってきた時は、何とも言えない嬉しさでした。
それとともに、これからの時代は自分が働くのではなく、お金や信用に働いてもらわないと生き残れないと強く感じたものです。

今後は最低でもあと2戸は物件を購入し、月15~20万円程度の家賃収入が得られるようにしていきたいと考えています。

今後も末永く、よろしくお願い致します。

ご購入日:平成30年10月
京王線「代田橋」駅徒歩8分

ご購入日:平成30年10月
京王線「代田橋」駅徒歩8分

【セミナー情報】事例を詳しく聞きたい方へ

サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー
サラリーマンのための
東京中古マンション投資セミナー(無料)
「経済的自由を得るためのマンション投資の方法」をリスクの考え方から物件の選び方・増やし方といったテーマでお伝えします。 【東京】 4月 7日(日) 13:00〜15:30 定員50名 【申込み受付中】
【東京】 4月10日(水) 19:00〜20:15 定員40名 【申込み受付中】

無料セミナーお申し込み

老後の年金を作る家族の生活を守る充実した管理システム
資金の効果的な運用退職金の有効な運用資産の組み換え動画一覧

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る