ホーム > マンション投資を実践したオーナー様の声 > 家族の生活を守る

マンション投資を実践したオーナー様の声

家族の生活を守る

 ※個人情報保護のため、お名前はイニシャル表記とさせて頂いております

1  2  3  4

No.38

「セットで考える不労所得と相続対策」

「セットで考える不労所得と相続対策」
E・O様 41歳 神奈川県在住
【日本財託を知ったきっかけ】 日経マネー
【ご購入日】 平成27年1月
【ご購入物件】 千代田区(山手線「秋葉原」徒歩8分) 平成16年築 頭金1,400万
40代が近づくなかで、満足な資産形成ができておらず、将来に不安を感じていました。特に年金については、支給開始時期や受給金額がどうなるかわかりません。 低金利で貯金もあてにできず、株式や投資信託での投資も考えましたが、利益をあげるには経済状況を見極める必要があり、仕事との両立はとてもハードルが高く感じました。 ただ、何も行動しなければ資産は増えません。 投資先を模索する中で、不動...

No.37

「万が一の時も安心な不動産投資」

「万が一の時も安心な不動産投資」
D・S様 53歳 愛知県在住
【日本財託を知ったきっかけ】 ウェブサイト
【ご購入日】 平成28年9月
【ご購入物件】 都営大江戸線「新江古田」徒歩6分
私が不動産投資を始めたきっかけは、50代になり自分自身に残された時間を真剣に考えるようになったからです。 親友の兄が55歳の若さで突然他界、私の父が他界したのも57歳でした。もし、私自身に不幸が突然起こった場合、残された家族がどうなるのか心配になりました。 その解決方法が不動産投資でした。不動産投資には団体信用生命保険があります。万が一のことが起きた場合、ローンの残債は無くなり...

No.36

「投資のなかで最も堅実な不動産投資」

「投資のなかで最も堅実な不動産投資」
T・M様 55歳 千葉県在住 ご登場回数:2回目
【日本財託を知ったきっかけ】 知人の紹介
【ご購入日】 平成20年7月
【ご購入物件】 江戸川区(総武線「平井」徒歩5分) 平成5年築 頭金300万円 他6戸
平成20年に日本財託から初めて投資用マンションを購入し、いまではあわせて7戸のマンションを所有しています。金融機関から融資を受けやすいサラリーマンという立場を使い、ここまで所有物件を増やしてきました。 ローン返済後の手元に残った家賃は、資産状況に応じてバランスを見ながら、繰り上げ返済を進めてきました。とはいえ、やみくもに繰り上げ返済を進める訳ではありません。 ローンには団体信用...

No.35

「子育てファミリーに合った投資スタイル」

「子育てファミリーに合った投資スタイル」
S・T様 39歳 神奈川県在住
【日本財託を知ったきっかけ】 インターネット検索
【ご購入日】 平成28年4月
【ご購入物件】 新宿区(都営新宿線「曙橋」徒歩4分) 平成11年築 他4戸
数ある投資の中で、不動産投資を選んだのは、長期の運用を考えた場合、大きな失敗のリスクは低いと考えたからです。 インターネットの情報や書籍を読んだり、セミナーへの参加を通じて、成功の実現性が高い投資であると判断しました。 ただ、不動産投資と一口に言っても、新築・中古、区分・一棟、都心・地方等の選択肢が多く、なかなか投資に踏み出せない状況が続きました。 そんな中、子どもが生まれ、妻...

No.34

「自動的に回る資産形成のサイクル」

「自動的に回る資産形成のサイクル」
T・E様 42歳 千葉県在住
【日本財託を知ったきっかけ】 「東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい」
【ご購入日】 平成27年8月
【ご購入物件】 大田区(都営浅草線「馬込」徒歩5分) 平成13年築 他3戸
私は現在42歳。大学卒業後に就職した会社で20年目を迎えているごく普通のサラリーマンです。妻と娘の3人家族で、昨年夏に1戸目の物件を購入し、現在では4戸のマンションを所有しています。 私が不動産投資に取り組むことになったきっかけは、昨年春に起きた身の回りの変化でした。 2月に母が急逝し、3月に娘が誕生したことで、自分に万が一のことがあった際に備え「妻と娘を守る仕組みをつくりたい...

No.33

「不動産と保険を組み合わせた資産形成」

「不動産と保険を組み合わせた資産形成」
K・O様 52歳 東京都在住
【日本財託を知ったきっかけ】 小冊子「貯めたお金で賢く2倍に増やす!」
【ご購入日】 平成27年9月
【ご購入物件】 渋谷区(京王線「幡ヶ谷」徒歩10分)平成10年築 頭金200万円 他2戸所有
私と妻は20歳ほど年が離れた夫婦です。おそらく妻の人生は、私よりも長いでしょう。だからこそ、私が亡くなった後の生活費について、今から備える必要がありました。 不足するであろう将来の生活費をカバーするため、私が選んだのが不動産投資です。 しかし、「50代でローンが組めるのか?団体信用生命保険はつくのか?」不動産投資を始めようにも、分からないことだらけでした。 一番分からなかったの...

No.32

「将来のために安心を買う」

「将来のために安心を買う」
D・F様 39歳 神奈川県在住
【日本財託を知ったきっかけ】 書籍「今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!」
【ご購入日】 平成27年11月
【ご購入物件】 中野区(西武新宿線「鷺ノ宮」徒歩8分) 平成19年築 頭金110万円
私には小学3年生になる息子がいますが、障がいを抱えています。将来的に仕事に就けるか分かりません。 私は定年がない自営業ですので、元気なうちは収入を得て、家族を養っていくことができます。 ただ、自分にもしもの事があった場合、我が子に経済的にみじめな思いをさせてしまうのではないかと、ずっと気がかりでした。 そこで自分に何かあった場合にも収入が得られる方法として、興味を持ったのが不動...

No.31

「親子3代を支える不動産投資」

「親子3代を支える不動産投資」
A・W様 66歳 岐阜県在住
【日本財託を知ったきっかけ】 家族の紹介
【ご購入日】 平成24年12月
【ご購入物件】 川崎市高津区(東急田園都市線「二子新地」徒歩5分) 昭和63年築 他3戸
今から7年前、59歳の時に複雑骨折で4ヶ月間の入院をしました。その間、家賃が入ってくるありがたみを知りました。 当時、収益不動産として愛知県と岐阜県に、マンションと2戸の戸建てを所有しており、これらの物件の入居者募集と管理を自身1人でやっていました。 私の力だけではなかなか賃貸が決まらないことや、内装工事の完了までに時間がかかることもあり、もう手放そうと何度も考えたことがありま...

No.30

「収入の柱を増やして家族を支える」

「収入の柱を増やして家族を支える」
M・K様 41歳 東京都在住
【日本財託を知ったきっかけ】 セミナー
【ご購入日】 平成26年9月
【ご購入物件】 横浜市(京浜急行「生麦」徒歩4分)平成5年築 他1戸 頭金160万円
5年前、夫を亡くし、現在は小学生と中学生の2人の子どもを育てています。もともと共働き家庭で私もフルタイムで働いていましたが、夫が亡くなってからは、子育て中心で生活に追われるようになりました。同時に、家族の生活を支えることができるという、仕事を持っていることへのありがたさを感じていました。4年経ち、年齢を重ねるとともに、体力の低下が気になるようになりました。また、自分の代わりがい...

No.29

「お金を稼ぐポルシェ」

「お金を稼ぐポルシェ」
J・M様 39歳 東京都在住
【日本財託を知ったきっかけ】 知人の紹介
【ご購入日】 平成27年3月
【ご購入物件】 文京区(東京メトロ丸の内線「後楽園」徒歩10分 都営三田線・大江戸線「春日」徒歩10分) 平成17年築 頭金450万円
妻との結婚を考えはじめた30代半ば、将来に対しての漠然とした不安を抱くようになり、お金はどうしたら増やすことができるのか頭を悩ませていました。これから結婚して子供ができたら、その子が成人した時には自分は定年に近い年齢です。定年後も安定した収入を得られる手立てが必要だと考えました。仕事以外に収入を得る手段として、以前に投資信託を行っていました。しかし、リーマンショックで損失を出し...

1  2  3  4

老後の年金を作る家族の生活を守る充実した管理システム
資金の効果的な運用退職金の有効な運用資産の組み換え動画一覧

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る