ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 不動産投資お役立ちコラム > 年末調整の時期に考える!保険を利用した効率的な資産形成

メールマガジン・バックナンバー

不動産投資お役立ちコラム

[2017/11/09] 年末調整の時期に考える!保険を利用した効率的な資産形成

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.524 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成29年10月末現在 ―――――――――◆

オーナー様数  6,753名

管理戸数    18,516戸

全体入居率   98.88%(18,516戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.51%(11,725戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 年末調整の時期に考える!保険を利用した効率的な資産形成
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記

======================================================================
 
■ 年末調整の時期に考える!保険を利用した効率的な資産形成
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
早いもので今年も、もう11月。
先日の3連休は紅葉狩りに出かけた方も
多いのではないでしょうか。 


この時期になると、仕事のスケジュール調整や
お正月休みの過ごし方、はたまた忘年会の予約など、
年末に向けて、なにかと慌ただしくなるのではないでしょうか。

さて、同じようにこの時期になると
サラリーマンには
大事な書類が手元に届きます。
 
それは「年末調整」の申告書類です。

毎月の所得税額を、1年間の所得や結婚、出産などの
個人の状況の変化に合わせて再計算し、
過不足を調査するものです。

当社でも先日、全社員に申告書類が配布され、
各々が準備を進めているところです。

そのなかで、申告書類には
現在加入されている保険を書き込む欄も設けられています。

記入項目も多く、手間に感じるかもしれませんが、
生命保険料控除を活用するために必要な手続きであるのと同時に
普段はあまり意識しない保険契約の中身を確認する良い機会です。


保険には、医療や死亡保障などの保障内容以外にも、
実は、保険の種類や設計の仕方によっては、
貯蓄性が高く、資産形成に活かせる保険もあります。

そこで今回のコラムでは、
貯蓄性が高い保険の種類と不動産投資と保険を組み合わせて、
資産形成を行った事例をご紹介したいと思います。

保険といわれると、亡くなった時や大きなケガ、病気になったときに、
まとまったお金を受け取ることをイメージされるかと思います。

保障を厚くした保険の多くは、
支払った保険料が積み立てられることなく、
いわゆる掛け捨ての保険が一般的です。

掛け捨てにはなりますが、手ごろな保険料で万が一の保障を得ることができるので、
ご家庭のライフプランにあわせて多くの人が加入されています。

しかし、保険には掛け捨てではなく、
保険料を積み上げていく貯蓄性の高い保険もあります。

保険の種類や設計の仕方によっては、
資産形成に役立てることが可能です。

保険といえば、万が一の保障を得るために
活用することが一般的ですが、
資産形成にも役立てることができるのは、なぜでしょうか。
 
それは、保険会社の保険料の
取り扱いに理由があります。

契約者が保険会社に支払う保険料は、
保険金や満期返戻金の支払い原資となる「純保険料」と、
保険会社の事業運営にあてる「付加保険料」に分けられます。

このうち、純保険料はそのままにするのではなく、
運用にまわすことで、支払い原資を増やし、
その分、あらかじめ契約者から受け取る保険料を割り引いています。

 
よく新聞などで『予定利率』が下がったと報道されることを目にしますが、
これは低金利で運用が困難になり、
予定された収益があげられなくなったことを意味しています。

契約者が支払う保険料は予定利率によって、割り引かれますから、
予定利率の低下は、保険料の増加につながるのです。

このように、保険会社は契約者から預かった資金を
そのままにしているわけではなく、運用によって増やしているのです。

そして、貯蓄性の高い保険でも 
基本的な考え方は同じです。

保険料のうち、掛け捨て部分の保障を抑える分、
運用にまわす割合を増やすことで、
貯蓄性を高めているような機能を持った商品もあれば、
金利の低い日本ではなく、金利の高い海外で資産を運用することで、
高い利率を実現する保険も存在します。

そんな沢山の保険がある中で、
不動産投資から得られる家賃収入を上手に活用して、
貯蓄性の高い保険に加入し、資産形成を行う事例をご紹介します。

都内の中古ワンルームマンションに投資をして、
毎月の家賃収入から
ローン返済や修繕積立金などを差し引いた
手取り家賃収入が5,000円あったとします。

これをそのまま貯金したとしても、今の金利は非常に低く
利息はそれこそ雀の涙ほどしか得られません。

そこで、この5,000円を月々の保険料の一部として
活用してみます。

すると、払込期間が満了を迎えるころには、
今の金利で銀行に預けていた場合よりも大きな解約返戻金を
得ることができる商品もあるのです。

その解約返戻金は、
マンションの繰上返済資金に充てることができますし、

また、すでにマンションのローンを完済していた場合には、
追加でマンションを購入する際の、
頭金として活用することもできます。

他にも老後の生活資金として活用することも可能でしょう。

このように、保険を上手く活用すると、
ただ銀行に眠らせているだけでは得られない、
運用効果を得ることができるのです。

もちろん、保険ですから万が一の保障もついてきます。
 
ただし、そこにはリスクも存在することも
頭に入れておかなければなりません。

例えば、保険商品によっては為替の変動で元本割れするリスクがありますし、
早期の中途解約を行なった場合にも同様に
元本割れのリスクなどがあります。 

これらのリスクを考えたうえで、上手に保険を活用すれば、
資産形成に役立てることができます。


ある30代の男性オーナー様は、
マンション購入後に保険への加入を決めました。

この方はいずれ来るリタイア後のことを
考えての決断です。

月々支払う保険料はおよそ5万円ほどです。

現在2戸のマンションを所有し、
家賃収入からローンの返済額と管理費、
修繕積立金を差し引いた手取り家賃収入の約3万3千円を、
保険料の一部に充てています。

仮にリタイア時に残債があったとしても、
保険を解約した時に発生する
解約返戻金で完済する計画を立てました。 

定年までにはまだまだ時間があるものの、
今から積み立てていくことで、
返戻金の金額が大きくなることに加え、

積立の途中で万が一の場合には、支払った保険料よりも
非常に大きな死亡保険金を生まれたばかりの子供や奥様に
残せることをメリットに感じ加入されたのです。

これは、銀行預金にはない機能です。

また、繰り上げ返済は、自分自身の強い意志で行う必要がありますが、
保険を活用すれば、自動的に銀行口座から引き落とされていきますので、
確実に繰り上げ返済資金を準備することが可能です。

このように、必要な保障を得ながら
将来の資産形成ができることが保険の魅力のひとつです。

 
ひと口に保険と言っても保障を得るものだけでなく、
保障を得ながら貯蓄や資産形成も可能な種類の保険もあります。

不動産投資と保険を組み合わせることで、
資産形成をより計画的に進めることも可能です。

年末調整の準備をされた方はもちろん、
これから年末調整の準備をされる方も、
ぜひ一度、控除証明書をコピーするなどして
保険の中身を見直されてみてはいかがでしょうか。

 
日本財託 ライフプランニング部 北村 彩(きたむらあや)
 
 
◆ スタッフプロフィール ◆

佐賀県三養基(みやき)群出身。
 
ライフプランニング部に所属し、数ある保険商品のなかから、
お客さまのライフプランに最適な保険を提案しています。

三人兄弟の真ん中。最近では一番婚期が遅いだろうと言われていた
兄の結婚が決まり、喜ばしいやら驚くやら実家がざわついています。
人生何があるかわからないと感じる今日この頃。

 
◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから
    
http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/

 
====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計554話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》       
【 老後の年金を作る No.277 】  

『他社の営業マンからもお勧めされる会社』

M・S様 28歳 千葉県在住
日本財託を知ったきっかけ:新築不動産の営業担当者
購入日:平成29年7月
購入物件:杉並区(中央線「高円寺」駅徒歩9分) 平成11年築

不動産投資を始めたきっかけは、
結婚し、子供ができたことです。
 
ごく普通のサラリーマンとして働くこの身に、
何かあった時に家族はどうなるだろうか。
 
そう思って、まずは、生命保険への加入を考え始めました。
 
また、結婚以前から老後にちゃんと年金が
もらえるのだろうかという不安もありました。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report01/post-403.html

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業28年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者21,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【東京】11月19日(日) 13:00~15:30
【東京】12月 9日(土) 13:00~15:30

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html


◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。


◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした物件情報もセミナー参加者限定で、
ご紹介しております。
 
平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が
厳選した物件です。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
■ NHK「クローズアップ現代+」も注目!
  話題の認知症×相続対策!
 
【家族信託 活用セミナー】
『相続対策は東京・中古・ワンルームと家族信託で考えよう!』
   
12月16日(土)13:00~15:20
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/
 
認知症対策を兼ねるまったく新しい相続対策「家族信託」と
相続対策と収入対策に効果を発揮する
東京の中古ワンルームマンション投資について、事例を中心にご紹介。
 

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
先月、息子が2歳になりました。

何かを伝えようといつも必死な様子は
可愛い限りなのですが、最近は何かと
 「イヤ!」と拒絶することが増えてきました。

いわゆる「イヤイヤ期」に
突入したようです。

まわりのママ友からは
 「本当に大変だからね~」
と脅されていましたが、

時間をかけて一緒に準備をしたり、言い聞かせたりすれば、
最後にはちゃんと行動してくれます。

 「こちらに余裕があれば大丈夫。
  イヤイヤ期も余裕だな」
笑顔でたかをくくっていました。

ところが先月の半ば、たまたま主人の帰りが遅く、
私が代わりに息子をお風呂へ入れる日がありました。

 「そろそろお風呂に入るよ~」

しかし、大好きな車のおもちゃで
遊ぶことに夢中の息子の耳には
まったく声が届いていない様子。

 「ほら、お風呂でも遊べるよ」

お風呂用の車をかざして呼んでみますが、
これにも反応しません。

 「先にお風呂入っちゃうよ~」
 「お風呂から出たら電車のDVDも見られるよ~」

それでも頑なに動き出さない息子。

こうなると最終手段を出すしかありません。

お風呂以外の電気を消せば、
明かりを求めてやってくるところまでが、
いつものパターンです。

 「お風呂の時間だから電気消えちゃうよ~」

パチッ!電気を消します。

その瞬間でした。

 「ウギャーーーッ!」

聞いたこともないような甲高く大きな声をあげて、
涙をボロボロと流しながら
私の足に体当たりしてきたのです。

よもやの反撃に驚く私に向かって、
電気をつけろ!とスイッチを指さして
訴えかけてきます。

あまりの剣幕にひとまず明かりをつけ抱き上げると、
今度は、電気を消せ!と泣きわめくのです。

訳が分からず、ひとまず落ち着かせようと
一度ソファーに腰を下ろすと、さらに号泣。

私の一挙手一投足、すべてに反応し
怒りだしてしまい、手が付けられません。

もはやお風呂に入れることもかないません。

しまいにはあっちに行けと
リビングから私を押し出そうとする始末。

ママの存在そのものをイヤイヤと拒絶するかのような息子の様子に、
私の中でプツンと何かが切れてしまいました。

 「もう知らないっ!」

そう言い放って、寝室のドアを
ピシャッと閉めました。

リビングから聞こえる息子の泣き声が
途中から「ママ―!マァマー!」と
私を呼ぶ声に変わってきました。

いつもなら息子を寝かしつける夜の9時。

息子のもとに戻ろうかと考えるも、
また拒絶されてしまうと思うと、悲しいやら、むなしいやら。
なかなか、息子のもとに向かうことができません。

次第に呼ぶ声が小さくなり、
急に不安になって静かにリビングに戻ってみると
ソファーの上でウトウトと眠そうな息子がいました。

手にはお気に入りの車のおもちゃを握り、
目の周りには涙の跡をつけています。

そっと抱き上げると、首元にしがみつき
 「マァマ」と甘えてくる息子。

ベッドに下ろし、穏やかな表情で
寝息を立て始めた息子の顔を見ると
一気に気が抜けてしまいました。

子供のわがままを受け止められなかった不甲斐なさ。
怒鳴ってしまった大人げなさ。
息子に拒絶されてしまった悲しさ。

いろいろなものが同時にこみ上げてきて、
しばらくボロボロと泣き続けてしまいました。


強烈な「イヤイヤ期」の洗礼を受けた翌朝、
拍子抜けするくらい素直で
穏やかな息子がそこにはいました。

昨日の拒絶はなんだったのか。
 
たまたま虫の居所が悪かったのかと思いきや、
保育園につくと、今度は自転車から降りたがらない
イヤイヤが始まったのです。

 「そうか。この子もひとりの人間なんだ」

私は自分の息子は手のかからない
『理想の息子像』を勝手に押し付けていたのかもしれません。

この子にだって、気持ちのムラはあるんだ。

それと同時に、私自身も
『いつでもニコニコ笑顔の出来た母親像』
に縛られていたことにも気づきました。

私もイライラすることがあって当然なんだ、
母親だって人間なんだから怒ってもいいんだよなぁと、
不甲斐ない自分を許せた気がしました。

このことをきっかけに、息子と接する時には
感情の動きを見守りながら、ほめる時はほめ、
怒るときは怒るようにメリハリをつけるようになりました。

もしかすると、ママ友からは
これまでとは違う様子に
少し驚かれているかもしれません。

それでも今の方が、
息子と対等に向き合えているように感じます。

まだまだママ業初心者ですが、
体当たりで育児に奮闘していきたいと思っています。

 
日本財託管理サービス 賃貸営業部 熊谷 郁乃(くまがいいくの)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
神奈川県横浜市出身。

賃貸営業部の事務として、
募集図面の作成・ポータルサイトへの反映などを行っています。
最近は実際に物件訪問を行い、
入居者付け・入居率UPに貢献出来る図面作りを目指しています。

子供が生まれてからは、自分の事は後回しな日々。
これではいけないと一念発起し、
アンチエイジングの情報収集にはまっています。
抗酸化作用のある食品、最近ではバナナを
息子と一緒に毎朝食べるのが日課になっています。

◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る