ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 不動産投資お役立ちコラム > 定年後の働きすぎは年金が減額に!意外と知られていない家賃収入と年金の関係

メールマガジン・バックナンバー

不動産投資お役立ちコラム

[2017/12/21] 定年後の働きすぎは年金が減額に!意外と知られていない家賃収入と年金の関係

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.529 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成29年11月末現在 ―――――――――◆

オーナー様数  6,781名

管理戸数    18,615戸

全体入居率   98.87%(18,615戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.36%(11,802戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 定年後の働きすぎは年金が減額に!意外と知られていない家賃収入と年金の関係
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記
  
■□■□■□■□■ 新刊のご案内 ■□■□■□■□■□
 
実家が売れない!?口座が凍結される!?
新刊『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
   いざというときに困らないための「家族信託」』
 
著者:株式会社日本財託
   家族信託コーディネーター 横手彰太
発売日:2017年12月13日
発売価格:1,620円(税込)
出版社:ダイヤモンド社
 
 
認知症が重症化して意思能力が失われてしまうと、
契約行為ができなくなります。
 
すると、自宅を売りたくても売れない、
アパートを貸したくても貸せない、
預金を引き出そうとしても引き出せなくなります。
いわゆる財産凍結です。
 
高齢者施設に入居するために貯金を活用したり、
実家を売却しようとしても、
手立てが無くなってしまいます。
 
そんな時に活用できるのが本書でご紹介する
「家族信託」です。

認知症に関して多くの書籍が出版されていますが、
認知症とお金をテーマにした書籍は
これまでありませんでした。

本書では認知症とお金をメインテーマに、
認知症対策や相続対策に効果を発揮する
家族信託について、当社家族信託コーディネーター
横手彰太がわかりやすくお伝えしていきます。

▼新刊の詳細、ご購入はこちらから▼
『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
―いざというときに困らないための「家族信託」』
 
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/booklet/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 

======================================================================
 
■ 定年後の働きすぎは年金が減額に!意外と知られていない家賃収入と年金の関係
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
新聞やテレビを賑わせていた
2018年度税制改正の大綱が
先週14日に発表されました。

今回の改正では、8年ぶりに増税されるたばこ税のほか、
27年ぶりに新税が創設され、
およそ2,800億円規模の増税となる見込みです。

なかでも、注目されているのが、
所得税の見直しについてです。

働き方が多様化する現代にあわせ、
フリーランスや自営業が優遇されるなか、
サラリーマンにとっては逆風となる税制改正となりました。

また、年金についても増税が決定しました。

ただし、対象となるのは、
1,000万円超の年金を受給している方か、
年金以外の収入が1,000万円を超える方です。

これだけの年金を受給している方は少なく
年金の増税の影響は限定的です。
  
  
多くの方にとっては、年金収入だけでは不安が残るため、
定年後も働くことを選んでいるのでしょうか。

ただ、60歳から65歳未満、
そして65歳以上でルールは変わるものの
 
定年後も働いて現役並みの収入を得ると
年金の受給額が減らされてしまいます。

そのため、働きすぎないように
パートやアルバイトに切り替え、
調整する方も中にはいらっしゃいます。

年金を満額で受け取りつつ、
安定して手に入る収入源となるようなものは
ないものでしょうか。

そこで、今回のコラムでは、年金を減らさずに、
毎月安定した収入を得られる不労収入について
ご紹介いたします。


現行の年金制度では、働きながら年金を受け取ると
給与金額に基づいて年金の受給額が減らされてしまいます。


60歳以上65歳未満の場合、
1ヶ月分の年金と勤労収入の合計額が28万円を
超える場合に減額対象となります。

なお、勤労収入額には、
毎月の給料とは別に年間賞与を12分割した金額も
合算して計算するので注意が必要です。

たとえば、1ヶ月分の年金が18万円で、
月の勤労収入が30万円の場合、
年金は10万円減額され、月額で8万円の支給となります。

また、65歳以上の場合では、
月の年金と勤労収入の合計が
46万円を超える場合に減額となります。

このように、定年後も働き続けて
一定の収入を得ることは、
年金の減額対象となってしまうのです。


しかし、会社を退職して厚生年金の
被保険者資格を喪失している場合、
 
働かなくても得られる不労収入であれば、
年金の減額対象にはなりません。

 
これは意外に知られていない事実です。
 
代表的な不労収入といえば、
株の配当や書籍の印税、
ブログ等の広告収入などがあげられます。

もちろんリタイア後の時間を使って
出来なくもありませんが、現実的ではありません。

ブログは人に読んでもらえる魅力的な記事を
定期的に更新し続ける必要があります。

手間のかからない配当であっても、
企業の業績によっては無配になることもありますし、
将来にわたって継続的に得られる保証はありません。
 
最近では、東芝や神戸製鋼など
大企業でも不祥事が続き、
いつ保有している株が暴落するかもわかりません。

その点、不労収入でお勧めなのが、
家賃収入です。
 
老後の不足する年金を補うという観点でいえば、
長期にわたって継続的に入ってくる
収入源であることが求められます。


不動産投資の場合、
入居者が居さえすれば、
毎月安定して家賃収入を得ることができます。

もちろん家賃収入は、
入居者あってのことになるので、
賃貸需要を見極めることが欠かせません。
 
同じ収益不動産であっても、
それが都内にあるのか、それとも地方や郊外にあるのとでは、
空室リスクは大きく変わってきます。
 
長期安定収入を得るためであれば、
23区内の駅から徒歩10分以内の物件に投資をすることが鉄則です。


さらに、不動産投資は他の金融商品とは異なり、
計画的に資産を作ることができることも
魅力のひとつです。

都内の中古ワンルームマンションに投資をする場合、
ローンを長期で組むことで、家賃収入だけでも
毎月のローンを返済していくことが可能です。
 
そして、ローンを繰り上げ返済をしていくことで、
定年までに計画的に資産を作っていくことができます。
 
たとえば、価格1800万円で
月間手取り家賃収入が67,500円の物件を
借入期間30年、1.6%の金利のフルローンで
購入したケースで考えてみます。
 
毎月のローンの返済額は62,989円ですので、
手取り家賃収入で返済していくことが可能です。
 
この時、毎年60万円ずつ繰り上げ返済していくと、
15年11か月で完済できます。
 
ローン完済後は、手取り家賃収入を
次のマンションのローン返済に充てることで、
さらに物件の取得スピードを加速させることが可能です。
  
こうして作り上げた家賃収入は、
勤労収入ではなく不労収入ですから
年金の減額対象にはなりません。
 
 
日本の財政状況と少子高齢化を考えれば、
税制改正だけでなく、
年金の制度改革も行なわれていく可能性も十分にあります。

リタイア後の人生を考えると、
年金だけに頼った生活は不安定となりえます。

定年後、仮に働き続けたとしても、
年金は減額になることもあり、
また、いつ働けなくなるかもわかりません。

年金問題に負けない不労収入づくりを
不動産投資で検討してみてはいかがでしょうか。


日本財託 マーケティング部セールスプロモーション課
村嶋 直樹(むらしまなおき)

 
◆ スタッフプロフィール ◆
 
静岡県御殿場市出身の30歳。 

マーケティング部セールスプロモーション課として、
セミナーやHP・Facebookの運営、メールマガジンの執筆や広報活動を通じて
東京・中古・ワンルームの魅力を多くのお客様にお伝えしています。

先月、弟夫婦に双子の女の子が誕生しました。
これで姪っ子が6人に。帰省がいっそう楽しみとなりましたが、
心配なのは毎年用意するお年玉です。

 
◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから
    
http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計559話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》       
【 資金の効果的な運用 No.164 】           

『物件見学に行くたびに感じた東京のパワー』

S・A様(女性) 50歳 大阪府在住
日本財託を知ったきっかけ:日経新聞
購入日:平成26年1月
購入物件:大田区(京浜急行線「平和島」駅徒歩7分)
     平成10年築 他6戸

日本財託と出会ったきっかけは、
日経新聞で見かけた広告です。

私が住む大阪でもセミナーが開催されることを知り、
一度話を聞いてみようと思ったのです。

ちょうど、相続を受けたタイミングでした。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-408.html

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業28年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者21,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【東京・平日開催】1月12日(金) 19:00~21:00
【東京・休日開催】2月4日(日) 13:00~15:30

 ◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html


◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした物件情報もセミナー参加者限定で、
ご紹介しております。
 
平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が
厳選した物件です。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
■ NHK「クローズアップ現代+」も注目!
  話題の認知症×相続対策!
 
【家族信託セミナー】
『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
≪いざというときに困らないための「家族信託」≫』
   
1月27日(土)13:00~15:20
 
認知症対策を兼ねるまったく新しい相続対策「家族信託」と
相続対策と収入対策に効果を発揮する
東京の中古ワンルームマンション投資について、事例を中心にご紹介。
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/ 

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

小さいころから自分の決めたことに対して
両親に怒られたり、とがめられたりすることは
ありませんでした。

実家のまわりは自然が多く、
毎日傷を作ったり、服を泥だらけにしたり、
女の子ながら自由奔放に過ごしてきました。

特に影響が大きかったのは、
父の存在です。

趣味のために生きる。

父をひと言で表すとしたら、
この言葉がぴったりかもしれません。

興味を持ったものには、
なんでもトライし、
楽しみ方を模索します。

特にアウトドアが大好きで、
海や川では、シュノーケリングに釣り、
冬山ではスキーで思い切り遊ぶ。

私も父に連れて行ってもらい、
その季節、その場所でできることを
たくさん経験させてくれました。


 「お父さん!
  これはなんていう蝶々なの?
  この花は?あの鳥は?」

父の血を受け継いでいるからか、
私も興味を持った物事は何でも聞きます。

 「これはシジミチョウっていう蝶々だよ。
  この花はね。あの鳥はね」

そのたびに、小さな私にもわかるように
丁寧に説明してくれました。

父に負けまいと、疑問に思ったことはまず
自分で調べるようにもなりました。

そのうえで尋ねると、
父はそれ以上の話をしてくれたのです。

知らないことはないのだろうか、
そう思えてしまうほど、必ず答えてくれました。

おかげで自然や動植物に関する知識が身に付き、
街中の街路樹の下に見つける植物や虫の名前を
すんなりと答えることができます。

これは私にとって、
かけがえのない強みのひとつとなりました。

両親からは進路についても
自分の好きなように決めてよいと
言われてきたのです。

そこで、自分の強みを生かすために
私は環境問題や自然科学が学べる大学に進学しました。

しかし、自分で選んだ場所は
理想とは違い、難しい環境でした。

入学当初に出会ったクラスメートからは
自分の育ってきた環境をからかわれ、
そりが合わなかったのです。

徐々に孤立していき、
通うことが苦痛にさえ思うことさえありました。

辞めてしまおうか。

そんな言葉が脳裏を
かすめることもありました。


ただ、ここは自分で選んだ場所。

誰からか強いられて決めたのであれば
投げ出すこともできたかもしれません。

自分で調べて、来ることを決めたからには
最後まで続けるべきだと思ったのです。

 『自分の好きなようにすればいいよ』

父や母から言われた言葉の裏には、
決めたことに対する責任を自覚することも
含まれていることをその時に悟ったのです。

それからは、まわりに合わせることなく
自分が学びたい講義やゼミを選び、
通い切りました。

卒業研究では「メダカの生態系」を取り上げました。

孵化するメダカの性別の決定と水温には
法則性があるかどうか、という研究です。

来る日も来る日もメダカを観察し、
ひとつ疑問が浮かべば条件を変え、
新たな疑問が生まれれば八方尽くして調べていく。

平日も休日も、夏休みも関係なく
メダカに向き合いました。

この研究が今の仕事に
直接役立っているかと言われれば、
そうではないかもしれません。

しかし、ひとつのことを24時間ひたすら考え続られたことは、
父の背中を見てきたことと『責任感』を持って
取り組むことができた結果でした。

この経験は、私の人生の中でも
代えがたいものとなりました。

 
父は定年を迎えた今でも、
心ひかれたものに
夢中で取り組んでいます。

家庭菜園に興味を持てば、
親戚から譲り受けた大きな畑を耕し、

孫のために買ったミニ四駆を自分で改造し、
家の中を飛ぶ飛行機に作り替えています。

父の好奇心は尽きることを知りません。

そんな父のように、いろいろなことに興味を持ち、
チャレンジしながら人にいい影響を与えられる人になりたい。

これが父にも伝えていない、
私のひそかな人生の目標です。


日本財託 ライフプランニング部 井上 香(いのうえかおり)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
東京都八王子市出身。

ライフプランニング部に所属し、保険の事務として
生命保険の提案から成立までのサポートを行っています。

多趣味な父の趣味の一つに「干し柿作り」があります。
年々作る数が増えていき、今年は約140個作ったそうです。
父が次に何をするのかは、26年間一緒に過ごしてきた私にもわかりません。


◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/

----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る