ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 不動産投資お役立ちコラム > 家族の資産形成スピードを2倍に!夫婦で始める不動産投資の実例

メールマガジン・バックナンバー

不動産投資お役立ちコラム

[2018/01/18] 家族の資産形成スピードを2倍に!夫婦で始める不動産投資の実例

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.531 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成29年12月末現在 ―――――――――◆

オーナー様数  6,819名

管理戸数    18,724戸

全体入居率   98.89%(18,724戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.23%(11,866戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 家族の資産形成スピードを2倍に!夫婦で始める不動産投資の実例 
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記
  

======================================================================
 
■ 家族の資産形成スピードを2倍に!夫婦で始める不動産投資の実例

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
12日の日経産業新聞一面に、
「パワーカップル」という言葉が紹介されていました。

パワーカップルの定義は諸説あり、
夫婦2人とも年収が700万円超であったり、
世帯年収が2,000万円以上などと言われています。

パワーカップルの最大の強みは、
資金力にあります。

記事では、いわゆる「億ション」を購入する
夫婦共働きの世帯に注目が集まっているというのです。

「億ション」を購入する動きを後押しているのは、
夫婦それぞれが組むことのできる
住宅ローンの活用です。

夫婦がフルタイムで働き、さらに収入にも恵まれているため、
夫婦それぞれがローンを組むことができ、
さらに住宅ローン控除も夫婦ダブルで受け取るというものです。
 

不動産投資の現場でも、夫婦で共に借り入れを行い、
世帯の資金力を活かして資産形成を行っている
ご家族もいらっしゃいます。

今回のコラムでは、
不動産投資でも実践できる
夫婦で効率よく資産形成を行う方法について
事例を交えてご紹介いたします。

不動産投資において、
前述したような夫婦それぞれの年収が
700万円以上必要かといえばそうではありません。

当社が提携している金融機関では、
条件にもよりますが、年収400万円から
ローンを利用することが可能です。

金融機関によっても異なりますが、年収だけでなく、
3年以上の勤続年数や正社員であることなど
その他の条件をクリアしていれば借入することができます。

いまは共働きの世帯も増えており、
結婚されている世帯の48.4%、
高齢者世帯を除けば約6割が共働きです。

働くということは、給料という形で生活費が得られるだけでなく、
金融機関からの信用力も同時に手にすることができます。 

せっかく夫婦ともに働いているのであれば、
この信用力を活かさない手はありません。

夫婦で不動産投資を行うことができれば、
一人で行うよりも
資産形成のスピードが2倍になります。

当社のオーナー様でも、
ご夫婦で不動産投資を始められるケースが増えています。

では、どのような形で不動産投資を実践しているのか、
具体的な事例でご説明します。


40代のAさんご夫妻は、
将来の老後の不安を解消するため、
夫婦でマンション投資を実践しています。

目標は定年までにひとり3戸、
夫婦でローンのないマンションを6戸所有することです。

Aさんの年収は800万円、
奥様もフルタイムで400万円の収入を得ています。
 
幸いお二人とも自己資金に余裕があり、
4年前にAさんは1戸、奥様は2戸を購入しました。

Aさんご夫妻は、まずはローンのないマンションを
1戸持つことを考え、
購入の際に頭金を多めに投入されました。

さらに、運用中の株式を解約し、
わずか1年でご主人のローンの返済を終えたのです。

その後、間を置かずに2戸目を購入し、
順調に投資を進めています。

奥様も、定期的に繰上返済を行ない、
1戸目の完済を目指している最中です。

もし、ご主人だけで投資をしていたのであれば、
ローンのないマンションを3戸つくることで
終わっていたことを考えると、

今回、奥様が投資をすることで
老後生活のゆとりに大きな違いが出てきます。

Aさんご夫妻はローンのないマンションを6戸作ることで、
月額40万円以上の手取り家賃収入を見込めます。

年金以外の収入がこれだけあれば、
ゆとりある老後の生活が計算できるので、
モチベーション高く資産形成を行っています。

Aさんの奥様はフルタイムの正社員として働いていたので、
ご自身でローンを組むことができましたが、

勤務形態によってはパートナーの年収が
目安の400万円に届かないこともあります。

その場合、夫婦で投資を行うことは難しいのでしょうか。


Bさんご夫妻も、
2人でそれぞれ不動産投資をはじめることを
検討されていました。

夫婦ともに大手企業に所属し、
フルタイムで働かれています。

ただし、奥様は事務職のため、
借入の目安となる400万円には届かない状況でした。


この場合、奥様おひとりでしたら、
ローンを組むことが難しかったかもしれません。

しかし、大手企業の正社員に加え、
ご主人の年収が1,500万円を越えていたことで、
Bさんを連帯保証にすることで融資を受けられました。

現在Bさんと奥様は
ともに2戸ずつ所有しています。

このように、たとえ年収が目安の金額に届いていなくとも、
パートナーの力を借りることで、
不動産投資を始めることも可能です。


不動産投資は、ローンの借り入れができる
サラリーマンとの相性は抜群です。

それは、働く女性にも言えることです。

正社員として働いている女性であれば
金融機関から融資を受け不動産投資を実践できるのです。

この信用力を最大限に活かさない手はありません。

2つの事例のように、
夫婦のローン枠を最大限生かすことによって、
ひとりで資産形成を行うよりも早く
ローンのないマンションを作ることができます。

また、一人が複数のマンションを所有するよりも、
ご夫婦それぞれが所有することで、家賃収入が集中することを避けられ、
所得税の増加も分散することが可能です。

なお、自宅用のローンでは住宅ローン控除が使えますが、
投資用ローンでは住宅ローン控除を使うことはできませんので、
ご注意ください。

  
ご夫婦で不動産投資を行うメリットは、
単に資産形成のスピードが加速するだけではありません。

夫婦で共通の目標をもつことで、
会話も増え、家族の絆も深まることが期待できます。
 
ある50代のご夫婦は
夫婦で実践することをご紹介すると、

 「夫婦で将来のことを話すきっかけとなり、
  結婚してから20年以上たったが、改めて絆が深まった」

と話されていました。

夫婦共働きが当たり前の世の中になったいま、
資産形成も夫婦で行う時代になりつつあります。

家庭の将来の資産形成を考えるひとつの選択肢として、
夫婦で始める不動産投資を考えてみてはいかがでしょうか。


日本財託 マーケティング部セールスプロモーション課
村嶋 直樹(むらしまなおき)

 
◆ スタッフプロフィール ◆
 
静岡県御殿場市出身の30歳。 

マーケティング部セールスプロモーション課として、
セミナーやHP・Facebookの運営、メールマガジンの執筆や広報活動を通じて
東京・中古・ワンルームの魅力を多くのお客様にお伝えしています。

年末年始、故郷に帰省したのですが39度の熱が出てしまい寝込むことに。
幸いインフルエンザではなかったものの、
初めて実家のお雑煮を食べることなく東京に戻ってきました。


◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計561話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 資金の効果的な運用 No.166 】             

『現職公務員が中古マンション投資を選んだ理由』

D・Y様(男性) 40歳 大阪府在住
日本財託を知ったきっかけ:知人のご紹介
購入日:平成28年8月
購入物件:目黒区(東急東横線「中目黒」駅徒歩5分)
     平成11年築 他1戸

私には妻と4歳になる娘がいます。
妻は専業主婦ですから、家族の収入源は私1人です。
 
つまり、人生の三大支出である「住宅資金・教育資金・老後資金」
を私の収入でカバーする必要があります。
 
いくら安定した公務員といえども、
三大支出に対して余裕をもって備えるには、
銀行預金だけでは到底間に合うはずもありません。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-410.html

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業28年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者21,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【東京】2月4日(日) 13:00~15:30

 ◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html


◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした物件情報もセミナー参加者限定で、
ご紹介しております。
 
平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が
厳選した物件です。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
■ NHK「クローズアップ現代+」
  フジテレビ「とくダネ!」も注目!
  話題の認知症×相続対策!
 
【出版記念・家族信託セミナー】
『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
 ≪いざというときに困らないための「家族信託」≫』
   
1月27日(土)13:00~15:20
 
認知症対策を兼ねるまったく新しい相続対策「家族信託」と
相続対策と収入対策に効果を発揮する
東京の中古ワンルームマンション投資について、事例を中心にご紹介。
最新刊の内容を中心に、分かりやすくお伝えします。
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/ 

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

3年前、私は目前に迫った
留学の準備に追われていました。

私が通っていた大学では、
3年次にボストンにあるキャンパスへの
留学が決まっていました。

期間は1年間。

期待に胸を膨らませ、いざ現地を訪れてみると
そこには思ってもみない光景が広がっていました。

ボストンにあるとはいえ、
キャンパスも宿泊先の寮も日本からの留学生で
溢れていました。

英語を話さなくても生活できる環境に危機感を覚え、
自分自身で大学とは別の現地の語学学校を探し、
6月から9月までの3か月間、通うことにしました。

私は語学学校に通ううえで、
3つの目標を立てました。

・日本語は絶対に話さない。
・他国の友達を作る。
・決めたことは最後までやり通す。

これらを胸に刻み授業に臨んだものの、
最初はなかなかついていけません。

他国のクラスメートが積極的に発言する中、
私は指名されるまでは発言できずにいました。

そんな状況が続いているのを見て、
クラスメートのひとりが私にこう言い放ったのです。

 「お前はなんで自分から話さないんだ!」

自分から求めた環境だったのに
何も言い返せず、
悔しさと焦りだけが残りました。

追い打ちをかけたのは、
語学学校に通うと同時に始めた
ホームステイ先での出来事でした。

文化や価値観があまりにも違う
放任主義のホストファミリーとは、
ほとんどコミュニケーションがありません。

逃げ場のない状況に、
堰を切ったように涙が溢れてきました。

しかし、この環境は自分が望んだもの。

時間も両親の大切なお金も
かかっていることを思えば、
落ち込んでばかりもいられません。

まずは、クラスメートたちと仲良くなり、
普段の会話から慣れていくことを考えました。

放課後、先生が中心となり
クラスメートたちは集まって
よく出かけていました。

その日も彼らは、授業後のイベントに参加しようと、
先生の用意した参加者名簿に名前を書いて談笑していました。

イベントには他のクラスの学生も参加するため、
どのような人が来るかわからず
ひとりで参加するのは気後れしていました。

ただ、このままでは
何も変わらない。

意を決して名簿に名前を書き連ねました。

その日は先生の家での食事会です。

料理も学生たち自身で作り、
食事をとりながら話をしたり、
ゲームをしたりしていました。

最初は緊張でぎこちない会話が続きましたが、
場に慣れていくにつれ、
会話も弾んでいったのです。

想像とは違い居心地が良く、
参加すればするほど
友人が増えていきます。

その結果、授業にも
成果が現れ始めていきました。

また、彼らを私が通う大学の夏祭りに招待し、
浴衣を着て、日本の伝統文化を一緒に体験しました。

期限の3か月が経つ頃には、
自然に英語でコミュニケーションを
取ることができるようになったのです。


最後の授業日、当初設定した目標を
達成できた充実感はありましたが、
同時に寂しさを感じていました。

卒業後、私はまた
自分の学校の寮に戻り、
そこで授業を受けます。

クラスメートたちは、母国へ帰る子もいれば、
現地で仕事を始めるメンバーもいました。

 「最初はどうなるかと思ったけど、
  よく頑張ったよね」

クラスメートたちと
時間を惜しみながら会話し、
最後に連絡先を交換しました。


帰国後も彼らとは、
不定期ながらも
連絡は取り続けています。

あれから3年が経ちますが、
各々が希望した職場で
活躍をしているようです。

私ももうすぐ新卒として入社して
1年が経とうとしています。

 「いずれ再会しよう」と
約束した彼らに胸を張って会えるよう、
積極性を忘れずに仕事と向き合っていきたいと思います。


日本財託管理サービス 管理受託部 松崎 杏奈(まつざきあんな)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
茨城県北茨城市出身の新卒社員。

管理受託部に所属し、空室や滞納、賃貸管理について
女性ならではの視点でご提案を行っています。

会社の先輩からいただいた長崎の有名な七味を使って以来、
いたる食べ物に七味をかけて食べることにはまっています。


◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る