ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 不動産投資お役立ちコラム > キャリア志向の強い女性たちが後押し!転入超過数で東京が断トツの理由

メールマガジン・バックナンバー

不動産投資お役立ちコラム

[2018/02/08] キャリア志向の強い女性たちが後押し!転入超過数で東京が断トツの理由

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.534 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆  http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成30年1月末現在 ―――――――――◆

オーナー様数  6,837名

管理戸数    18,802戸

全体入居率   99.17%(18,802戸) 
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.55%(11,934戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. キャリア志向の強い女性たちが後押し!転入超過数で東京が断トツの理由
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記
======================================================================

======================================================================

■ キャリア志向の強い女性たちが後押し!転入超過数で東京が断トツの理由
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
先週、総務省から
2017年の住民基本台帳人口移動報告に基づく、
都道府県別の転入超過数が発表されました。

転入超過数とは、転入者数から転出者数を
差し引いた数です。

人口増減は賃貸需要に直結する話ですから、
不動産投資を考える上では注目すべきニュースです。

全国で転入超過があったのは、わずか7都府県で、
40道府県は出ていく人のほうが多い
という結果でした。

その中でも東京はずば抜けて、
人口を集めています。

東京都の転入超過数は7万5498人で、
これは2位の千葉県の約5倍にあたります。

東京都の転入超はこれで21年連続となり、
最近は7万人前後で推移しています。

東京一極集中の弊害や、
地方創生の重要性が叫ばれながらも、
なぜ東京に人が集まり続けるのでしょうか。

人口移動報告を深堀りしていくと、
『女性』がひとつの要因になっていることが
分かってきました。

今回のコラムでは、最新のデータを紐解きながら、
将来の東京の賃貸需要について考えていきたいと思います。


まずは、東京都の転入超過数の
全体の傾向を見ていきましょう。

約7万5千人の転入超過の多くを、
23区が占めています。

23区への転入超過数は、
2016年と比べて5%増の6万1158人でした。

23の区全てが転入超過で、
大田区や中央区では5000人以上、
世田谷区や江東区も4000人以上、
人口が増えています。

利便性の高い都心や臨海部、
さらに人気の住宅地を抱える区への人口流入が
加速しているのです。

年代別でみると、15歳~29歳の若者が、
転入のほとんどを占めています。

この年代だけを見れば、
23区で8万人にものぼります。

やはり大学進学や、就職を機に
上京してくる人が多いことがうかがえます。


もう少し詳しく見ていくと、
東京への人口流入の特徴が現れてきます。

男女比でみると、
実は女性のほうが多いのです。

東京都の転入超過数約7万5千人のうち、
女性は約4万4千人と約6割にのぼります。

直近5年間で約20万人の女性が、
新たに東京へやってきました。

背景には、女性の大学進学率の上昇と、
キャリア志向の女性の増加があります。

10年前には約5割だった女性の大学進学率が、
今ではおよそ6割まで上がっています。

少子化で若者人口が減る中でも、
女子大学生の数は増え、
その受け皿となる大学の都心回帰も進みました。

進学で東京に出てきた女性の多くは、
そのまま東京に留まって就職する傾向もみられます。

さらに、地方の大学で学んだとしても、
働き口の選択肢を求め、上京する女性も多くいます。

昨年の有効求人倍率は、全国で1.50倍と
44年ぶりの高水準でした。

なかでも東京は全国トップの高さで、
直近の12月では2.15倍となっています。


賃金の面でも東京で働く女性は有利です。

平成28年賃金構造基本統計調査によれば、
全国の女性の平均年収は376万円。

一方、東京都の女性の平均年収は
およそ464万円です。

もちろん職業や年齢によっても
年収は大きく変わりますので、一概には言えません。

とはいえ、キャリア志向の女性ほど、
東京での就労を希望するのは、
条件の格差を見れば必然ともいえる状況です。


安倍内閣は女性活躍を後押しする政策を
推進しています。

共働きが当たり前の時代になる中、
仕事を通じた自己実現を重視する
『バリキャリ』の女性も増えてきました。

東京商工リサーチによれば、
都内の女性社長の数は6年連続で増加し、
6年で1.8倍になっています。

目黒区や世田谷区に所在する企業では、
5人に1人の社長が、女性です。

仕事を通じて社会でどんどん活躍したいと考える
女性に対応する働き口が十分にない地方と、
東京の格差は開く一方です。

では、今後もこの流れは続くのでしょうか。

開会中の国会では、地方創生の名のもと、
東京への学生流入に歯止めをかける法案が提出されています。

10年間という期限付きで、
23区内の大学定員を増やさないというものです。

ただ、この取り組みは東京と地方の経済格差を
埋めるようなものではありません。

東京都の都内総生産(GDP)は
大阪府や愛知県の3倍もあります。

95兆円というこのGDPは、
トルコ一国に匹敵するほどの経済規模です。

一人当たりのGDPでみれば、
1ドル110円で換算すると約6万4千ドル。

1350万人の人口を抱えていながらも、
世界5位、アイルランドに匹敵する数値です。

経済活動が盛んで、所得も高いからこそ、
活躍したい若い女性が集まります。

若い世代の増加が、また経済の活力を生み、
その循環が新たな賃貸需要を生み出していきます。

加えて、地方から流入してきた女性は、
元から東京近郊に住んでいた女性と比べて、
結婚するタイミングが遅い傾向にあります。

地域人口学を専門とする福井県立大学の丸山洋平氏は、
著書『戦後日本の人口移動と家族変動』のなかで、

東京圏出身者に比べて、東京に流入する未婚女性の晩婚化が
年々進んでいることを指摘しています。

進学や就職を機に上京し、働く女性たちが住むのは、
賃貸用のワンルームです。

しかも利便性が高く、オートロックなど設備が充実した
分譲タイプのマンションは好まれます。

不動産投資で将来にわたり安定した収益を上げるなら、
賃貸需要が高いエリアで勝負するのが鉄則です。

男女を問わず、学生から社会人まで、
幅広く人を集め続ける東京23区であれば、
これからも安定的な賃貸需要を見込むことが可能です。


日本財託 マーケティング部セールスプロモーション課
横尾 幸則(よこお ゆきのり)

 
◆ スタッフプロフィール ◆
 
埼玉県大宮市出身の30歳。
 
マーケティング部セールスプロモーション課で、
セミナーやHPの運営、 メールマガジンの執筆や広報活動を通じて
東京・中古・ワンルームの魅力を多くのお客様に伝える。
 
翌朝の降雪予報を見て、前回の反省を生かし、
昼休みに大急ぎでブーツを買いに走るも、雪は積もらず。
 
 
◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計564話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 充実した管理システム No.61 】  

『駅徒歩2分以内にこだわった物件選び』

S・W様(男性) 39歳 神奈川県在住
日本財託を知ったきっかけ:ご紹介
ご購入日:平成28年12月
ご購入物件:文京区(東京メトロ千代田線「千駄木」駅徒歩1分)
      平成14年築 他3戸


私が日本財託を知ったきっかけは、
お世話になっている
ファイナンシャルプランナーの方からの紹介でした。

これまで、生命保険の見直しや資金運用などの
相談にのってもらっていましたが、
その一つとして不動産投資を紹介されました。

内容は『自分名義の不動産を所有し、
入居者からの家賃収入で毎月返済していく』というものです。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report03/post-413.html
 

=====================================================================

■ 3. ワンルームマンションの買い取りもお気軽にご相談ください

≪簡単スピード査定サービス実施中≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

創業28年、これまで1万戸以上のワンルームを取り扱ってきた実績を活かし、
正確でスピーディーな査定を実施。最短1週間で現金化します。

≪日本財託の5つのメリット≫

メリット1 スピード査定
 翌営業日までに査定金額をお伝えします。

メリット2 仲介手数料不要
 日本財託が買主になるので仲介手数料はかかりません。

メリット3 売却後のトラブルも心配なし
 買主は日本財託になるので、売却後のトラブルも一切心配ありません。

メリット4 手続きは簡単
 マンション名と号室が分かれば査定金額をお出しできます。

メリット5 最短1週間で現金化
 抵当権の設定のない不動産であれば最短1週間で現金化できます。

≪簡単スピード査定のお申込みはこちらから≫

https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者21,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

【東京】3月3日(土) 13:00~15:30

 ◆ セミナーで学べる内容をご紹介 ◆

『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『金利上昇リスクにも負けない安全な借入割合』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』

最新の不動産市況を読み解きながら、
『なぜ、いまが買いどきなのか』
客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html


◆ 特選物件のご紹介 ◆

≪セミナー限定≫
年間平均入居率98%の賃貸管理会社の特選物件のご紹介

当社では、毎月100戸以上の中古ワンルームマンションを
ご紹介していますが、すべて市場には出回っていない情報です。

こうした物件情報もセミナー参加者限定で、
ご紹介しております。
 
平均入居率98%を誇る賃貸管理会社が
厳選した物件です。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
■ NHK「クローズアップ現代+」
 フジテレビ「とくダネ!」も注目!
  話題の認知症×財産対策!
 
【「シニアハウスコム」の運営会社アスモ様・共催セミナー】
 
『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
≪いざというときに困らないための「家族信託」≫』
『老人ホームと入居者のマッチングのプロが明かす
           失敗しないホーム選びのポイント』

2月24日(土)13:00~15:30

今回は有料老人ホーム、シニア向け住宅紹介センター
「シニアハウスコム」を運営する株式会社アスモ様と共催セミナー。
 
認知症による財産凍結を防ぐ手法として注目される
「家族信託」と合わせ、
 
シニア向け住宅を紹介してきたコンサルタントが
失敗しない老人ホーム選びのポイントをご紹介します。
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/ 

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

夜が冷え込むこの時期は、
上着や荷物が増え、定時直後の満員電車は
余計混み合うように感じます。

ただ、いくら電車が混んでいようと、
家族の待つ家に早く帰宅できることは
私にとって何より幸せなことです。

こんなことは当たり前のことと
思われるかもしれません。

しかし、自分の体は私ひとりのものでないことを
身に染みて知った出来事がありました。


12年ほど続けているプログラミングの仕事は、
ゲーム好きが高じて勉強をはじめ、
キャリアをスタートさせました。

新卒入社の会社から転職した会社では、
クライアント先へ出向しながら
企業の基幹システムの構築を請け負うものでした。

同じ部署の社員数名と
半年から1年間の間クライアントのもとへ出向き、
システムのプログラムを行います。

主流のプログラミング言語を扱えるようになると、
早々に第一線で仕事をさせてもらえたのです。

しかし、名のあるメーカーや通信会社、
保険会社やテレビ局など、
クライアントには大手企業が多く、仕事の量も膨大でした。

特に忙しい時期は、
帰宅できるのは月に2日程度。

帰宅するといっても着替えを取りに行くぐらいですから、
まさに激務でした。

それでも仕事を続けられたのは、
多くの経験が積める場所だったからです。
 

様々な会社に出向き、
システムを構築しては動作確認を行い、
不具合があれば見直す。

何度も壁にぶつかりながらも
一歩ずつ問題をクリアして納品する日々は
忙しいながらも非常に充実していました。

また同じ部署にいた
同年代の同僚の存在も
後押しとなりました。

10代の頃から昼は働き、
夕方から定時制の高校へ通っていた私のまわりには
歳の離れた知り合いしかいませんでした。

そのためどんなに忙しくても、
仕事やプライベートの話ができる
同年代の同僚の存在が職場に残る動機となっていました。
 

転職してから2年が過ぎたある日の夜、
なんとか終電に間にあわせるため、
職場から走って電車に駆け込みました。

ここ数日帰れない日が続いており、
その日は帰路を急いだのです。

 『なんとか間に合った...』

混み合った電車の中で、
呼吸を整えながら吊革につかまり
電車が走り出しました。

窓の外を眺めながら2駅ほど過ぎると、
突然、目の前が真っ暗になりました。

 「大丈夫ですかっ!?」

次に気づいたのは駅のホームでした。

寝かされた状態で、
駅員の方から肩をたたかれながら、
声をかけられていました。

 「...え?」

突然のことに頭が回りません。

駅員さんから事情を聞くと、
どうやら電車の中で
意識をなくしてしまったとのことでした。

幸いにもそこは私の最寄駅。

迎えに来た妻とともに病院へ向かい、
過労と診断されたのです。

 「仕事は大事だけど、
  体に何かあったら元も子もないんだよ」

大事には至りませんでしたが、
妻には多大な心配をかけてしまいました。

 『自分だけの体ではない』

このことを痛感し、
仕事と家庭の優先順位について
考えを改めることにしました。
 

その後は家族との時間を第一に考え、
少しずつ仕事を整理し、
職場を変えることにしました。

家族が増えるたびに、自分の体は
自分だけのものでないことを心に留めながら
ワークライフバランスを整えています。

数社の転職を経ながら
徐々にスキルアップを重ね、
昨年の9月から日本財託で働いています。

今はこれまでの経験を活かし、
当社の基幹システムの最適化を行っています。

もちろん妻や子供との時間も
十分に取れており、オンタイムだけでなく
オフタイムも充実させることができています。

家族と過ごす時間を作りやすく、
スキルを活かせるこの職場で、
社員が円滑な業務運用のできる環境を
作っていきたいと思います。


日本財託 システム部 橋倉 孝明(はしくらたかあき)

  
◆ スタッフプロフィール ◆
 
東京都豊島区出身の34歳。

システム部に所属し、システム開発・パソコンサポート等に従事。
社員が円滑に仕事を勧められる職場環境を作るために尽力しています。

月に2回ほど、趣味で海釣りをしています。
普段の電子環境から自然環境へとリフレッシュをしています。


◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/

----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る