新築マンションの家賃は10年後どうなった?最新データで分かる家賃収入の安定性

2018/08/16

他の資産運用と比べた不動産投資の魅力は、

収益の安定性にあります。

たとえば政策や経済環境に左右される株式の売買で、
同じ額の利益を上げ続けることは困難です。

一方、不動産投資から得られる家賃収入は、
安定しています。

入居者から収入として受け取れる家賃の額は、
賃貸借契約で決まっていて、一定だからです。

私たちがお勧めする都心の中古ワンルームであれば、
6~9万円の家賃収入になりますが、
当然、月によって上下するようなことはありません。

ただ、10年、20年といった長期間で見れば、
いつまでも同じ家賃というわけにもいきません。

新しい物件が周囲に建設されていけば、
築年の経過と入居者の入れ替えと共に、
家賃は少しずつ、下がっていきます。

いったいどのくらい下がるのか、
所有している限り、下がり続けてしまうのか、
気になるところですよね。

先月、不動産専門のデータ会社「東京カンテイ」が、
分譲マンションの新築時の家賃と、
10年後の家賃を調査したデータを発表しました。

30平米以上の物件が集計対象のため、
ファミリー向けの物件が中心ですが、
同一物件を対象にした経年での家賃変動を追った初の資料です。

また、私たちも賃貸管理会社として管理を行うなかで、
成約家賃のデータを蓄積しています。

今回はこの2つのデータを参照しながら、
不動産投資から得られる収益の安定性について、
検証していきたいと思います。


東京カンテイが公表したデータは、
首都圏の分譲マンションにおける家賃額の維持率です。

調査では、築3年未満の新築相当の物件の
家賃を基準としています。

築10年前後(9~11年)の時点で、
家賃がどの程度変動していたのか、
同一物件のデータを最寄駅別で集計しています。

算出された338駅の平均家賃維持率は、
93.6%でした。

つまり、新築時に10万円で借りられたお部屋が、
10年後は9万3600円になっていた
ということです。

全駅の73%にあたる250駅では90%以上の維持率で、
なかでも45駅では100%を超えています。

これは築10年を経過しても、
新築時の水準以上の家賃で住む入居者がいることを
示しています。

これらの駅は大手町、品川、渋谷といった
主なオフィス街の近くに多くなっています。

この10年で進んだ「職住近接」の流れや、
周辺再開発でオフィスが増えることによって、
賃貸需要が高まっていることがうかがえます。

全体としてもエリアの元々の家賃水準に関係なく、
維持率は90%台前半に収束していました。

これまでも家賃の変動幅は、経験則的に、
毎年1%程度の下落だと言われてきましたが、
データでも裏付けられた形となります。


ではもっと築年が経過すると、
家賃はさらに下がってしまうのでしょうか。

実はそういうわけではありません。

当社では四半期に一度、
管理するワンルーム物件の賃貸成約状況を
賃貸実績レポートとして公開しています。

2017年の年間データを、
供給年代と1平米あたりの平均家賃額で区切ると、
興味深い傾向がうかがえます。

築25年~30年にあたる
バブル期物件の家賃平米単価は3,423円です。

さらに古いバブル期以前に分譲された、
築30年~築35年前後の物件では、
平米単価は3,540円となっています。

築年が経過したのにも関わらず、
単価は少し上昇しているのです。

バブル期より前に建てられた物件は、
3点式ユニットバスが備え付けられたものが
ほとんどです。

それにも関わらず、築年数が古くなっても、
家賃価格帯は下げ止まっていることがポイントです。

中古物件の家賃価格帯は、
築25年を超えてくると下げ止まる傾向がうかがえますが、
どのくらいまで下がるかは、地域差があります。


同じく東京カンテイの2013年のデータでは、
三大都市圏の駅徒歩7分~10分のマンションで、
築年数による家賃下落率を比較しています。

築20年時点の東京23区における家賃下落率と比べて、
大阪および名古屋は約1.3倍も
下落幅が大きくなっています。

この調査は家賃額がもともと大きい40平米以上の部屋を
対象としています。

家賃下落の幅は面積が小さい投資用ワンルームのほうが
小さいはずですが、東京優位の傾向は同じです。

また、地方郊外に行けばいくほど、
築年数による家賃下落の傾向はより顕著に出てきます。


ここまで挙げてきたデータから共通して言えることは、
家賃価格を決定する要因は「住みたい人の多さ」
つまり賃貸需要であるということです。

家賃の絶対額はもとより、得られる家賃収入の安定性は、
エリアの賃貸需要に比例して高まります。

高い賃貸需要が将来にわたり東京で投資するからこそ、
不動産からの安定した家賃収入を期待することができます。

しかも中古であれば、
より高い収益性が見込めます。

中古マンションの流通価格は、
築10年未満の比較的新しいマンションであっても、
同じエリアで現在分譲中のマンションのおよそ7割です。

家賃収入の下げ幅よりも、
物件価格の下げ幅が大きいということは、
その分、利回りが取れることを示しています。

老後を豊かに過ごすための安定した収入の柱を作るなら、
都心の中古マンションがお勧めです。


日本財託 マーケティング部セールスプロモーション課
横尾 幸則(よこおゆきのり)


◆ スタッフプロフィール ◆
 
埼玉県大宮市出身の30歳。
 
マーケティング部セールスプロモーション課で、
セミナーやHPの運営、 メールマガジンの執筆や広報活動を通じて
東京・中古・ワンルームの魅力を多くのお客様に伝える。
 
お盆休みは明後日に迫った引越しの準備に
追われているだけで終わりました。

SEMINAR・CONSULTATION

セミナー・相談会 開催中

あなたに合った方法で学べるから「不動産投資」のことが良くわかる!
はじめての方にもやさしい 不動産投資セミナー
こんな方にはセミナーがおすすめ!
  • 不動産投資をはじめて学ぶ方
  • 不動産投資の未経験者
  • 基本から応用まで幅広く知りたい方
  • なにから勉強したらよいかわからない方

スタッフの8割が不動産投資の経験者!
実践に基づくノウハウが学べます

  • 毎月2回の50名以上のセミナーから
    少人数制のセミナーは毎日開催
  • 値上がり、節税のようなうまい話ではなく
    長期的、安定的に家賃収入を得る方法が学べる
  • メリットからリスク、家賃収入の増やし方まで
    不動産投資がイチからわかる
※セミナー終了後に個別相談会も行っています!
専門家とじっくり話したい方は 無料個別相談会
こんな方には相談会がおすすめ!
  • 投資の専門家にたっぷり質問したい方
  • 自分だけの投資プランを作ってほしい方
  • 物件のシミュレーションがみたい方
  • 資産形成法を相談したい投資経験者

まだ具体的には決めていない方も
お気軽にご参加いただけます!

  • お好きな日時、場所でいつでも無料相談
  • いつまでに、どれぐらいの収入を作りたいのか
    ヒアリングしてプランニングします
  • セミナーで伝えきれない投資の注意点もわかる
  • 資産を効率的に増やすローンの使い方、
    提携ローン、自己資金
    の活用法をご紹介
  • 来社・オンラインお選びいただけます
※参加者には不動産投資の書籍をプレゼント!

当社はしつこい電話・強引な勧誘は一切行っておりません。
安心してお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

  • ご質問だけでもOK
  • 資料請求も承ります