ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 不動産投資お役立ちコラム > いよいよ3割負担がスタート!介護保険制度とあわせて考えたい将来への備え方

メールマガジン・バックナンバー

不動産投資お役立ちコラム

[2018/08/23] いよいよ3割負担がスタート!介護保険制度とあわせて考えたい将来への備え方

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.561 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆   http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成30年7月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  7,534名

管理戸数    20,245戸

全体入居率   99.26%(20,245戸)
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.47%(12,409戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. いよいよ3割負担がスタート!介護保険制度とあわせて考えたい将来への備え方
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記

======================================================================
 
■ いよいよ3割負担がスタート!介護保険制度とあわせて考えたい将来への備え方
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

今月から公的介護保険の
3割負担がスタートしました。

2000年から始まった介護保険制度は、
当初対象のすべての人が、介護費用1割負担で始まりました。

しかし、年々介護費用は増加し、
昨年度はスタート時のおよそ3倍となる
10.8兆円を突破。

今後も介護費用の増加は進み、
2025年度にはさらに倍の
21兆円まで膨らむ想定です。

この状況を受けて、国は65歳以上の対象者のうち、
高所得者を対象に
ついに自己負担額を引き上げたのです。

自己負担額には上限が設けられているとはいえ、
負担が増加したとなれば
家計を見直す必要が出てきます。

そこで今回は、改正された公的介護保険制度の内容を踏まえ、
現役世代からはじめる将来の介護に向けた備え方を
ご紹介したいと思います。


そもそも公的介護保険制度とは、
40歳以上で要介護認定を受けた際に、
費用の一部を支払うだけで、介護サービスを受けられる制度です。

当初は介護費用の1割負担で済んでいました。

2015年8月からは65歳以上の単身者で、
年金収入とその他すべての所得の合計額が
280万円以上の人については、2割負担となりました。

さらに今月からは、同じく65歳以上の単身者で
合計所得金額が340万円以上の人を対象に
負担額が3割となったのです。


公的介護保険制度の見直しは3年に1度。

今後も介護費用が増加することを考えると、
その都度、負担が増加していくことも十分に考えられます。

ほかにも、介護サービスを受ける為に必要な要介護認定の基準が
厳しくなる可能性も否定できません。

仮に、基準が厳しくなった場合、
これまでならサービスを受けられていた症状でも、
対象外となってしまえば、高額な介護費用がのしかかる
可能性も出てきます。

実際に、日本と似た制度を運用しているドイツでは、
日本よりも保険適用の基準を厳しく設定しています。

また、保険料の支払い開始年齢を40歳から
引き下げる提言も出ています。

こうなると現役世代の負担も
増えてしまいます。

もちろん負担が増えたり、
支払い開始年齢が下げられたとしても、
十分なサービスを受けられるのであれば問題はありません。

しかし、前述したように、
介護認定基準が厳格化されれば、
いまの現役世代は十分な介護サービスを
受けられないことも考えられます。

日本の高齢者人口を考えれば、
その時に備えて、いまから準備をしておく
必要があるのではないでしょうか。


まず考え付く手段として、
貯蓄を考える方は多いと思います。

生命保険文化センターによると、介護に要した平均費用として
自宅のバリアフリー化などの初期費用で約80万円、
月額およそ7.9万円がかかっているというデータがあります。

平均の介護期間は、
約4年11ヶ月かかると言われ、
総額として約550万円にものぼります。

それに加えて、生活費の負担もありますから、
貯蓄だけでは心配です。


そこで考えたいのは、
民間の介護保険に加入し備えることです。

保険の対象となる症状が現れた場合には、
保険金が受け取ることができるので、
負担を軽減することが可能です。

ただ、現役時代から将来に備えて、
毎月保険料を負担することが必要になります。

子どもの養育費もかかる時期で、
新たな保険料の負担は難しい方もいるかもしれません。

そこで、将来に備える手段としてお勧めなのは
不動産投資で得られる家賃収入です。

都内の中古ワンルームマンションであれば
100万円程度の自己資金で投資をはじめられます。

繰り上げ返済を進めて定年までに、
ローンを完済できれば、毎月入ってくる家賃収入は
老後の生活費や介護費用にあてることができます。

家賃収入でローンは返済してくことができるので、
養育費の負担が大きい40代でも、
負担が少なく将来に備えることができます。

購入にあたって長期のローンを組めば、
毎月の収支はプラスになります。

この毎月の手取り家賃収入を民間の介護保険の加入に充てて、
さらに老後の保障を手厚くすることも可能です。


2045年には日本の人口の2.7人に1人が高齢者となります。
現役世代1.4人で高齢者1人を支える計算です。

年金はもちろん、介護についても
厳しい状況になることはあっても、好転することは考えづらい状況です。

まずはご家庭で将来必要になる保障やサービス、
そして資産形成について話し合ってみては
いかがでしょうか。


日本財託 マーケティング部セールスプロモーション課
村嶋 直樹(むらしまなおき)

◆ スタッフプロフィール ◆
 
静岡県御殿場市出身の31歳。

マーケティング部セールスプロモーション課として、
セミナーやHP・Facebookの運営、メールマガジンの執筆や広報活動を通じて
東京・中古・ワンルームの魅力を多くのお客様にお伝えしています。

お盆の帰省中に、もうすぐ1歳になる双子の姪と会いました。
一卵性なのですが、ひとりは近づくだけでも泣いてしまうのに、
もうひとりは抱っこをしても動じず、すでに性格の違いがあることに驚きました。


◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計592話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 資金の効果的な運用 No.177 】  

『10年の付き合いでファンになった会社』

S・K様(男性) 59歳 大阪府在住
日本財託を知ったきっかけ:電車広告
ご購入日:平成22年8月
ご購入物件:杉並区(中央線「荻窪」駅徒歩5分)
      平成15年築 他1戸、管理委託物件1戸


不動産投資を考え始めたのは50歳になった頃です。

『東京でマンションを購入すれば、
そこに住んでいてもいざとなったら賃貸に出せる』
と話を聞いたのです。

http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-438.html
 

=====================================================================

■ 3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください

――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.ワンルームのスピード査定

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

≪日本財託の5つのメリット≫
・メリット1 スピード査定
・メリット2 仲介手数料不要
・メリット3 売却後のトラブルも心配なし
・メリット4 手続きは簡単
・メリット5 最短1週間で現金化
 
▼簡単スピード査定のお申込みはこちらから
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

2.ご自宅の購入・売却のご相談

日本財託グループでは、投資用マンションの販売だけではなく、
居住用不動産(リノベーション物件)のご紹介、ご自宅の売却のお手伝いも承っております。
 
≪オトクなキャンペーン実施中!≫
現在、『仲介手数料率 1%割引』などオトクなキャンペーンを各種実施中です。

▼詳しくはこちらから
http://www.nihonzaitaku.jp/residential/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者22,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

 セミナーでご紹介するのは、
『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』
『なぜ、いまが買いどきなのか』

客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

また、セミナー参加者限定で、月100戸以上の取り扱い物件から
厳選した非公開物件をご紹介しております。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

【東京・平日開催】
9月5日(水) 19:00~20:30
9月19日(水) 19:00~20:30

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
【「クローズアップ現代+」「とくダネ!」も注目!】
『話題の認知症×財産対策!家族信託セミナー』
 
親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
<<いざというときに困らないための「家族信託」>>

認知症による財産凍結を防ぐ手法として注目される
「家族信託」についてNHKやフジテレビにも出演した講師が、
豊富な実例をもとに分かりやすくご紹介します。
 
【東京】9月8日(土)13:00~15:10
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/#1725

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「お前らの目標はなんだ?
 そんなにやる気がないなら辞めちまえ!」

生徒の前に立った顧問が語気を荒げ、
するどい眼差しで我々を見渡します。

心臓の鼓動さえ聞こえてきそうなほど、
静まり返った部室。

自分たちは今、何のために
厳しい練習に食らいついているのか。

それ以来、
私を含めた6人のバレー部員はそれぞれ、
自分を見つめなおし始めたのです。


バレーボールと出会ったのは、
中学2年生の頃です。

クラブチームで続けていた野球と並行して、
学校での部活を探していた際に、
幼馴染の先輩から声をかけられたことがきっかけでした。

部員数は少ないものの、
県で優勝を狙えるほどの強豪チーム。

練習を重ねるごとにできることが増えていき、
バレーボールの魅力に引き込まれていきました。

次第に野球よりもバレーへの熱が上回り、
「部活に参加する」ことが
学校へ通う一番の目的になっていました。


しかし、ひとつ上の先輩方が引退してから
状況は一変します。

もともと13人しかいなかった部員のうち、
半数以上が上級生だったため、
残ったのはたったの6人。

追い討ちをかけるように、部員のひとりが問題を起こし、
連帯責任として対外試合が禁止となってしまったのです。

来る日も来る日も
「陸上部か?」と勘違いするほど、
ボールを使わない基礎トレーニングをこなすだけ。

味気のない活動内容と連帯責任を負わされ
追い詰められた状況に、
私を含めチーム全体がやる気を失っていったのです。

そんな状況を見かねた先生は
集めた部員を前に厳しい言葉で問いただしました。

「俺たちの目標って県大会で優勝することだよね」

チームで立てていた目標を振り返ると同時に、
自分たちは目の前の「環境のせい」にしていることに
気づかされたのです。

人が足りない。
練習試合ができない。
日々の練習は基礎トレーニングだけ。

この状況に文句ばかり言っていては、
きっと試合にも勝てないだろう。

チームメイトと話し合ううちにたどり着いたテーマは、
「自分の弱い心に勝てるものは強い」という自責志向の意味を持った
中国古典の一節『自勝者強(自ら勝つ者は強し)』でした。

まずは「自分に勝つ」。
この言葉を部員と共有し、声を掛け合い、
目の色を変えて練習に取り組みました。

年が明けてからは対外試合も解禁され、
試合ができなかった分、
それまで以上に貪欲に取り組みました。

3月にはバレー専門の顧問の先生が赴任し、
気持ちの面だけでなく技術面の向上にも力を入れました。

最後の大会は県ベスト8で終わってしまいましたが、
同じテーマを共有した仲間とともに突き進んだ
最後の1年間は濃い時間となりました。

今でも中学の先生やチームメイトとは
地元に帰ると集まり、
当時の話に花を咲かせます。

入社から半年が経った仕事では
まだまだ覚えることも多く、
先輩方に迷惑をかけてしまっています。

しかし、『自勝者強』の自責思考を忘れず、
自分のミスから目を背けず、バレーと同じように
一歩ずつステップアップしていきたいと思います。


日本財託 事業部流通アドバイザリー課 鈴木 龍也(すずきりゅうや)


◆ スタッフプロフィール ◆

静岡県下田市出身の22歳。
2018年4月入社の新卒社員。

事業部流通アドバイザリー課にて、オーナー買取業務、
仲介業務を行い、東京中古ワンルームの域を超え、
様々な物件をお客様にご紹介しています。

普段お休みをいただいている日は、
映画鑑賞やショッピングをすることが多いです。
海が好きなのでこの時期はよく海水浴を楽しんでいます。


◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】 http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る