ホーム > メールマガジン登録 > バックナンバー > 不動産投資お役立ちコラム > 連絡の取れない入居者のお部屋に伺うと...!生活を守る入居者の見守り活動

メールマガジン・バックナンバー

不動産投資お役立ちコラム

[2018/12/06] 連絡の取れない入居者のお部屋に伺うと...!生活を守る入居者の見守り活動

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.576 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆   http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成30年11月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  7,682名

管理戸数    20,804戸

全体入居率   98.98%(20,804戸)
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.26%(12,750戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 連絡の取れない入居者のお部屋に伺うと...!生活を守る入居者の見守り活動
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記


■□■□■□■□■ 日本財託からのご案内 ■□■□■□■□■□
 
【本年最後の開催!無料のマンション投資セミナー】

▼12月15日(土)開催セミナーへのお申込みはこちら▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/seminar-lp/mailmag.html
  
  
『もっとはやく知りたかった』
 
 
マンション投資セミナーに参加された方から
アンケートでたびたび頂く回答です。
 
不動産投資は早くはじめれば、早くはじめるほど、
資産形成に有利に働きます。
 
投資用ローンの返済は、
入居者から得られる家賃収入を活用できます。
 
あなたが日中働いている間も、休日に家族で過ごしている間も、
ローン返済という形で資産が少しずつ増え続けていくのです。
 
 
そして、家賃収入に加えて、繰り上げ返済を行い
ローンのないマンションを作ることができれば、 
さらに資産形成のスピードが加速させることができます
 
とはいえ、早く始めるといっても、
焦って不動産投資をはじめてしまうと、
失敗してしまうリスクが高まります。

そこで、今回開催するマンション投資セミナーでは、
不動産投資のリスクと長期にわたって安定収入を実現する
中古ワンルームマンション投資のポイント、
 
さらに、リスクを抑えてマンションを加速をつけて増やしていくローン活用法
「レバレッジの黄金率」についてお伝えします。
 
セミナーでお伝えするノウハウは、
当社のコンサルタント自身も実践する確かな不動産投資法です。
 
本年のマンション投資セミナーは今回が最後の開催になります。
ぜひこの機会にご参加ください。


◆ セミナー参加特典 ◆
セミナーに参加された方にもれなく
シリーズ累計22万部突破の不動産投資の小冊子
「不動産投資で成功する人、失敗する人」をプレゼントいたします!

▼12月15日(土)開催セミナーへのお申込みはこちら▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/seminar-lp/mailmag.html
 
日程:2018年12月15日(土)13:00~15:30
参加費:無料
定員:120名
会場:東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル30階ホールB


======================================================================


■ 連絡の取れない入居者のお部屋に伺うと...!生活を守る入居者の見守り活動

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

いよいよ12月に入り、
冬本番を迎えようとしています。

気温が下がってくると、
気になるのは体調の変化ですよね。

ここ数日は季節外れの暖かい陽気になっていましたが
今日は冬本番の冷え込みが戻ってきました。

気温の変化が激しければ、
風邪やインフルエンザにも気をつけなければいけません。

特に、一人暮らしをしている方にとっては、
病気で寝込んでしまうと、
食事を買いに行くことも、作ることもできませんから、
より症状を悪化させかねません。


当社が管理する物件のほとんどは
単身用のワンルームマンションです。

なかには突然体調を崩して、
助けが必要な場合も出てきます。

そこで欠かせないのが、
入居者の安否確認です。

今回のコラムでは、
実際にあった入居者の安否確認の実例と、
入居者の生活を見守る当社の取り組みについて
ご紹介します。


当社では、何度入居者に電話をしても連絡が取れない場合、
現地に訪問して、安否確認を行っています。

入居者の異変が発覚する理由として、
最も多いものが『家賃入金の遅れ』です。

約束の日に家賃の入金が確認できなければ、
すぐに連絡を取っています。

ほとんどの方が連絡を取れますが、
なかには、連絡がつかないケースもあり、
こうした場合には安否確認の対象となります。

次に多い理由が、
入居者の『職場からの相談』です。

無断欠勤が続く、連絡が全く取れないといった場合に、
社員の方から当社にご連絡を頂くケースです。


2ヶ月ほど前にも、約束の日に入金がなく、
連絡も取れない入居者がいらっしゃいました。


入居者のAさんは東北出身で、
上京したばかりの20台前半の女性です。

家賃の入金日でしたが入金が確認できず、
電話をしたものの一向に連絡が取れませんでした。

そこで、勤務先にご連絡したところ、
無断欠勤がもう3日も
続いていることがわかったのです。


その日の夕方、勤め先の社員の方と現地で待ち合わせ、
さらに警察官にも同席してもらい、
現場を確認することにしたのです。

入居者と連絡が取れないなかで、鍵を開錠して入室するため、
トラブルの防止と万が一の場合に備えて、
安否確認の際には、必ず警察官にも同行をお願いしています。


『Aさん、Aさん!いらっしゃいますか?』

ドアを強めにノックしながら声をかけます。

その後も、何度かノックと声をかけ続けましたが、
反応はありません。


やむを得ず、用意した鍵でドアを開けます。


玄関と廊下には変わった様子はありません。
ハイヒールが乱雑に脱ぎ捨てられているぐらいです。

廊下と居室をつなぐ扉のすりガラス越しにみると
どうやら居室の照明はついているようです。

『Aさん、部屋にいるの。Aさん』

Aさんの同僚が声をかけましたが、
帰ってくる言葉はありません。

靴を脱ぎ、ゆっくりと中扉を開けます。

目に入ったのは、
フローリングの上で体を横向きにして倒れているAさんの姿でした。

すぐに同僚と警察官が駆け寄り、
声をかけながら、軽く肩を揺らします。

どうやら呼吸はしているようですが、
目は固く閉じたままで意識はない様子です。

顔は青白く、心なしか頬もこけているように見えます。

すぐに救急車を呼び、
同僚の方の付き添いのもと病院に向かいました。


その日のうちに、ご両親とも連絡が取れ、
翌朝には病院に駆けつけました。

幸いAさんは命には別条はありませんでした。

新しい職場の環境や人間関係に悩んでおり、
食事もほとんどとらずにいたため、
貧血気味になり、倒れてしまったようでした。


後日、改めてAさんのもとに訪問すると、
顔色もよく、見違えるほど元気になっていました。

退院後、職場を変えたことが
体調を変えたきっかけになったようです。


今回の事例では、最悪のケースは避けられましたが
高齢の入居者の場合、突発的な病気などで
命にかかわる事態に陥ることもあります。


特に寒さが本格化するこの時期は
『ヒートショック』による事故に注意が必要です。

ヒートショックとは、お風呂やトイレなど、
室内での急激な温度差によって血圧が上がり、
心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす症状です。

毎年およそ1万人の高齢者が、
ヒートショックを原因に亡くなっているほどです。

当社では11月末時点で、2万戸ある管理物件のうち、
60歳以上の入居者様が614名いらっしゃいます。

そのうち、70歳以上の入居者様、
106名については、毎月必ず電話で連絡を取り、
生活するうえでお困りごとが発生していないか確認しています。

継続的にコミュニケーションを取り続けることで、
お話しする内容や声の調子からも、
早期に変化を読み取ることができます。

2日間続けて連絡が取れない場合には、
現地を訪問して、安否確認を行っています。


不動産投資は資産運用の手段ではありますが、
他の金融商品と異なるのは、

そこで実際に入居者様が寝起きをして、
生活を営んでいるということです。

入居者に快適な住環境を提供し
健全に暮らしていけるからこそ、
オーナー様に家賃収入をお届けすることが可能となります。

安否確認はもちろんのこと、
入居者様にとってより住みやすい住環境を提供していくことで
オーナー様の資産形成を
これからもサポートしていきたいと思います。


日本財託管理サービス 債権管理部 遠藤 啓介(えんどうけいすけ)


◆ スタッフプロフィール ◆

埼玉県春日部市出身の35歳。
  
債権管理部にて、入居後のトラブルを防ぐために、
厳格な入居審査業務を行っています。
 
最近のマイブームは、自宅で筋トレを行うことです。
週に2回、1時間は汗を流して肉体改造に励んでいます。


◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計606話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 資産の組み換え No.10 】

『二度目のマンション購入を決めた理由』

N・D様(男性) 39歳 東京都在住
日本財託を知ったきっかけ:書籍「東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい」
ご購入日:平成30年11月
ご購入物件:北区(埼京線「板橋」駅徒歩7分) 平成3年築


先月、ワンルームマンションを1戸購入しました。
 
私が日本財託からマンションを購入するのは、今回で二度目です。
二度目と言っても、マンションを2戸所有しているわけではありません。
 
実は6年前に一度目の購入をしたのですが、3年前に売却をしました。

http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report06/post-453.html
 
=====================================================================

■ 3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください

――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.ワンルームのスピード査定

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

≪日本財託の5つのメリット≫
・メリット1 スピード査定
・メリット2 仲介手数料不要
・メリット3 売却後のトラブルも心配なし
・メリット4 手続きは簡単
・メリット5 最短1週間で現金化
 
▼簡単スピード査定のお申込みはこちらから
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

2.ご自宅の購入・売却のご相談

日本財託グループでは、投資用マンションの販売だけではなく、
居住用不動産(リノベーション物件)のご紹介、ご自宅の売却のお手伝いも承っております。
 
≪オトクなキャンペーン実施中!≫
現在、『仲介手数料率 1%割引』などオトクなキャンペーンを各種実施中です。

▼詳しくはこちらから
http://www.nihonzaitaku.jp/residential/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者22,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

 セミナーでご紹介するのは、
『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』
『なぜ、いまが買いどきなのか』

客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

また、セミナー参加者限定で、月100戸以上の取り扱い物件から
厳選した非公開物件をご紹介しております。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

【東京・休日開催】
 12月15日(土) 13:00~15:30

 ▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/seminar-lp/mailmag.html
 
 
【「クローズアップ現代+」「とくダネ!」も注目!】
『話題の認知症×財産対策!家族信託セミナー』
 
 親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
 <<いざというときに困らないための「家族信託」>>

 認知症による財産凍結を防ぐ手法として注目される
 「家族信託」についてNHKやフジテレビにも出演した講師が、
 豊富な実例をもとに分かりやすくご紹介します。
 
 【東京】12月16日(日)13:00~15:00
 
 ▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/#1842

=====================================================================

 ■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

およそ1か月前。

両親と私、それからペットの犬が
穏やかに暮らしていた実家に
ある報せが舞い込んできました。

結婚して、実家を離れていた2歳上の姉が、
生まれたばかりの子供を連れて1か月間、
里帰りするというのです。


姉も初めての子供。
両親も初孫ということもあり、
喜び半分、戸惑い半分の生活が始まりました。


姉と私は学生のころから、
深くは干渉しあわない関係でした。
家の中にいても最低限の会話しかしません。

もともと姉はおしゃべり好きです。
両親に対しては、テレビ番組や仕事のこと、趣味の話など、
姉が話し出すと止まりません。

それを煩わしく感じることもあり、
いつしか姉を避けるように
自室で過ごす時間が多くなっていきました。

学生時代の姉の印象は、
『ずぼら』でした。

使ったものはそのまま、
食べたものもテーブルに置きっぱなしなど
だらしがないイメージを持っていました。


そんな姉が昨年結婚し、実家を離れると
途端に家の中が静かになったのです。

『火が消えたようだ』とはよく言いますが、
まさに我が家でも言葉通りの状態になったのです。

ゆっくりできると思う反面、
どこか寂しさも感じていました。


そして、10月15日、
奇しくも私と同じ誕生日に甥が誕生。

姉自身や義兄の負担を軽くするため、
退院してからまもなく、
実家に戻ってきたのです。

『もともとずぼらだったのに、
 子育てはちゃんとできるのだろうか』

以前の姉の印象から、
正直心配なところがあったのです。

しかし、ふたを開けてみると
その心配は杞憂に終わりました。

寝ている時間はかわいいものですが、
少しでも機嫌が悪くなると、
大音量で泣きわめく甥。

そんな甥を抱きかかえながら姉は、
『何が欲しいの~?』
『おなかすいたの?』
『おむつは大丈夫かな?』
と試行錯誤しながら声をかけ続けます。

私も甥を抱かせてもらいましたが、
うまく重心が取れず大泣きさせてしまいます。

まだ首のすわらない子供を抱くことに苦労する私と違って、
慣れた手つきで抱きかかえ、あやしている姉の姿は
まさに母親そのものでした。

上から目線かもしれませんが、
結婚や子育てを通じて姉の成長を感じた瞬間でした。


そんな姉を見習って、
まずは甥の面倒を見ながら子育ての基本を学び、
いずれは自分の子供が生まれた時には、
積極的に子育てに参加していきたいと思っています。

また甥の話を通じて、姉が家を出る前よりも
会話が増えました。

改めて考えると、少し距離のあった関係が
縮まってきたように感じます。

きっと自分にも子供ができれば、
さらに会話が増えるかもしれません。

結婚や子育てを通じて確かに姉は変わりました。

一方、私もこの10月に日本財託に転職して、
新たなスタートを切りました。

仕事の内容もこれまでにチャレンジしたことのない、
業務効率化のシステム構築に取り組んでいます。

この転職がきっかけになって、
姉から『弟は成長した』と思われるよう、
しっかりと仕事で成果を出していきたいと思います。


日本財託 システム部 百足 太樹(むかでたいき)


◆ スタッフプロフィール ◆

埼玉県さいたま市出身の31歳。 

システム部にて業務効率のシステムである
「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」を開発中。
現在、2つのロボットをリリースして、月間45時間の業務削減に成功。

釣りが好きで月1回は釣りに行っています。
今年になって、体を鍛えるため水泳も始めました。


◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/


---------------------------------------------------------------------- 

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、
どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】 http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る