ホーム > メールマガジン登録

登録・サンプル

「年間平均入居率98%の賃貸管理会社がお届けする不動産投資情報マガジン」
お名前
メール

弊社の【個人情報の取扱いについて】をご確認の上、
同意いただける方は下のボタンよりお申し込みください。

不動産投資情報マガジン

「年間平均入居率98%の賃貸管理会社がお届けする不動産投資情報マガジン」

マンション経営に役立つ情報を毎週木曜日にあなたにお届け!

当社のメールマガジンから得られるメリット

多くの不動産投資経験者の体験談を知ることで、不動産投資の成功パターンや物件購入後に直面しがちな問題点とその解決策を学ぶことができます。
年間平均入居率98%以上を達成する入居者募集の方法を最新募集事例を用いて解説!さまざまな事例に対応する入居者募集のノウハウを学ぶことができます。
日々発生する滞納トラブルの最新解決事例ご紹介!滞納トラブルの解決方法を学ぶことができます。
『どのエリアの物件が買いなのか』『入居者トラブルの解決法』など、物件の選び方からその後の管理にいたるまで不動産投資に関する様々な知識が身につきます。
延べ受講者数21,000名以上!人気のセミナー情報をお届けします。

メールマガジンの内容をご紹介いたします

1創業28年、19,000戸の管理実績!「最新の不動産投資事情や賃貸管理トラブルの解決事例をご紹介!
最新の不動産投資情報のご紹介や、毎日の入居者からのトラブル・クレームをすばやく解決した事例など、満室経営を目指す賃貸管理会社のノウハウをメルマガ読者だけに明かします。
1マンションオーナーの体験談!「オーナー様の生レポート」
「どうして不動産投資を始めたのか、物件購入前の気持ち、購入の決め手、そして物件購入後の展望」など、マンションオーナーが本音で語ります!
1最新のセミナー情報をいち早くお届け!
受講者数21,000名以上!「サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー」、入居率98%の賃貸管理のヒミツが分かる「賃貸管理セミナー」、認知症対策・相続対策として注目が高まる「家族信託セミナー」。そしてあなたにあわせた不動産投資プランのご提案や不動産投資に関する個別相談を行なう「個別相談会」のご案内をしております。

など、あなたのマンション経営に役立つ情報盛りだくさんでお送り致します。 【登録無料】

※配信停止については、メールマガジン本文最下部の「配信停止リンク」URLをクリックしてください。

【メルマガのサンプル】 ~相続で自宅から退去を迫られないための「遺言と家族信託」の活用法~

★―――〔日本財託不動産投資情報マガジン〕 Vol.551 ―――――――――
☆☆    ■『サラリーマンのままで金持ち大家さんになる』■
☆★☆     ~あなたの老後、本当に大丈夫!?~
☆☆☆★   日本財託HP
★☆☆☆☆   http://www.nihonzaitaku.co.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

※このメールは、お名刺の交換や当社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としてい
ます。メルマガの配信停止をご希望の方は、本文最後にございますURL
をクリックして下さい。

◆――――――――― 平成30年5月末現在 ――――――――――◆

オーナー様数  7,179名

管理戸数    19,637戸

全体入居率   99.14%(19,637戸)
※当社販売物件および管理受託物件の入居率

販売分入居率  99.49%(12,267戸)
※当社販売物件の入居率

【入居率の算定方法】
(1-※空室数/管理戸数)×100
※内装工事が完了して即入居可能な部屋の数

◆――――――――――――― INDEX ――――――――――――◆

1. 相続で自宅から退去を迫られないための「遺言と家族信託」の活用法
 
2. マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫
 
3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください
 
4. セミナーのご案内  ~参加無料~
 
5. 編集後記


■□■□■□■□■ 日本財託からのご案内 ■□■□■□■□■□
 
 
7月1日(日)家族信託セミナーを開催!

認知症対策×財産対策のイノベーション
NHK『クローズアップ現代+』TBS『とくダネ!』も注目の
「家族信託」が事例豊富なセミナーでよく分かる!
 
『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
    いざというときに困らないための「家族信託」』

日時:7月1日(日)13時~15時10分(開場12時30分)
場所:新宿NSビル30階 ホールB
定員:先着100名様

▼家族信託セミナーお申し込みは今すぐこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/request/


認知症の患者数は2025年には、
800万人にもなるとも言われています。
 
しかも認知症に関わる大きな問題は
よく言われる介護の話だけではありません。
 
ひとたびご両親が認知症で意思能力を失うと、
その財産は凍結状態になってしまいます。
 
老人ホームに入居するために貯金を活用したり、
実家を売却しようとしても、
できなくなってしまうのです。
 
そんな時に活用できるのが「家族信託」です。
 
当社では、およそ2年前から
家族信託セミナーを開催し、
のべ1000人以上の方が参加されました。

その中からすでに50件以上の、
家族信託契約のコーディネートを実施しています。

この度のセミナーでは、
これら最新の実例を織り交ぜてご紹介します。

元気な時には、なかなか認知症や財産のことは
話題にしづらいものです。
 
ただ、認知症の症状は急速に進むこともあります。

情報収集だけでも早めにしておくのがお勧めですので、
ぜひご参加ください!

日時:7月1日(日)13時~15時10分(開場12時30分)
場所:新宿NSビル30階 ホールB
≪定員100名 参加無料・先着順≫

(セミナーの詳しい内容・お申込みはこちらから)
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/request/
  
(過去取材) 
フジテレビ『とくダネ!』 
https://www.houdoukyoku.jp/posts/24421

クローズアップ現代+
『さらば 遺産"争族"トラブル ~家族で解決!最新対策~』
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3942/1.html

======================================================================
 
■ 相続で自宅から退去を迫られないための「遺言と家族信託」の活用法
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

6月6日、相続分野における法律改正案として
『配属者居住権』が国会で審議入りしました。

配偶者居住権とは、
お亡くなりになった方の配偶者が
その後も自宅に住み続ける権利を保障する法案です。

これまでは、
おもな財産が自宅だけのような場合、
遺産分割トラブルで配偶者が自宅から退去を
迫られるようなケースもありました。


家の持ち主が亡くなったからといって、
配偶者がこれまで住み慣れてきた自宅を追われてしまうのは、
理不尽に思えます。

なぜこれまでこうしたことトラブルが発生し、
いま法律の改正が検討されているのでしょうか。

そこで、今回のコラムでは、
法律が改正される背景を確認しながら、
相続の現場で起こる自宅を巡ったトラブルを防ぐ手段について
紹介したいと思います。


妻と子どもがいるご家庭で夫が亡くなると、
妻と子どもに財産が相続されます。

全体の財産のうち、配偶者である妻が2分の1、
そして残りの2分の1を子どもたちで分け合うことになります。

妻と子どもが二人のケースで考えてみます。

このとき、4000万円の現金があった場合、
妻に2000万円、子供たちに1000万円ずつ
財産が相続されます。

おもな財産がご自宅の場合は、
自宅の所有権を妻と子たちで共有することになります。

気心の知れた親子ですから、
たとえ共有持ち分になったとしても、
多くの場合、このまま配偶者である妻は自宅に住み続けることになります。


ただ、問題は両親が他界しており、
子供がいないケースです。

この場合、妻の他に夫の兄弟たちが
法定相続人となります。

妻は財産の4分の3、
夫の兄弟たちは財産の4分の1を分け合います。

法律上、認められている相続分ですから、
もし、財産が自宅しかなかった場合、
兄弟が相続する4分の1の財産の捻出は
実家を売却するしかありません。


夫の兄弟たちと仲が良ければまだしも、
疎遠になっていれば、
その相続の権利を強硬に主張してくる可能性があります。

結果的に、思い出の詰まった自宅を手放し、
別の場所に居を構えなければならないことになります。

こうしたトラブルを防ぐために、
「配偶者居住権」がいま審議されているのです。


ただ、気をつけなければならないのが
配偶者居住権が施行されるまでの間です。

その間に上記のようなトラブルが発生した場合、
止める手立てはありません。

そこで効果を発揮するのが『遺言』です。

遺言で妻に自宅を残す旨を明確にしていれば、
たとえ夫の兄弟たちが4分の1を受け取る権利を主張しても、
その主張を排除することができ、
妻に自宅を残してあげることが可能です。


そして、あわせて利用を検討したい手法が
「家族信託」です。


遺言は確かに有効ですが、
生前においては、所有権は元の持ち主のままとなります。

万が一、ご主人が認知症になってしまうと、
自宅の売却はできなくなってしまいます。

たとえば、
ご夫婦ふたりで老人介護施設に入ろうとしても、
入居一時金や毎月の費用の捻出に、
自宅の売却資金をあてにしていた場合、
売却自体ができないので、入居は困難になります。

このとき、家族信託を活用して、
信頼のおける子どもや親戚に自宅の管理、売却まで任せていれば、
たとえ、認知症になったとしても財産をご両親の生活のために利用できます。


また、家族信託では遺言と同じように
財産の承継先も指定することが可能です。

そのため、夫が亡くなった後には、
妻に自宅を承継させるということもできるのです。


相続トラブルを防ぐために
法整備が進むことは、大変喜ばしいことです。

しかし、まだ審議にかけられた段階で、
いつ施行されるかはわかりません。

その間に、もしも自身や配偶者が体調を崩されてしまったり、
認知症になってしまうと、
その後の生活も安心できない事態に陥ることもあります。

トラブルを回避するためには、
事前の対策が不可欠です。

当社では認知症対策や財産承継に効果を発揮する
家族信託に関するご相談を承っております。


お子さまがいないケースでの財産承継や
ご家族の認知症が心配という方はぜひ一度ご相談ください。

相続の現場で起こった実例を踏まえながら、
どのように準備を進めればよいかをお伝えさせて頂きます。


日本財託 資産コンサルティング部 家族信託コーディネーター
横手 彰太(よこてしょうた)

 
◆ スタッフプロフィール ◆
  
鹿児島県阿久根市出身の45歳。
 
資産コンサルティング部アセットプランニング課で、
相続対策や法人設立、家族信託など、
お客様の資産を守り増やしていく提案を行っています。


◆ 7月1日(日)家族信託セミナーを開催!

認知症対策×財産対策のイノベーション
NHK『クローズアップ現代+』TBS『とくダネ!』も注目の
「家族信託」が事例豊富なセミナーでよく分かる!
 
『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
    いざというときに困らないための「家族信託」』

日時:7月1日(日)13時~15時10分(開場12時30分)
場所:新宿NSビル30階 ホールB
定員:先着100名様

▼家族信託セミナーお申し込みは今すぐこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/request/


◆ ≪不動産投資コラムが300本以上≫
不動産投資コラムのバックナンバーはこちらから

http://www.nihonzaitaku.co.jp/mailmag/backnumber/


====================================================================

■ 2.≪オーナー様の生の声 合計581話 HP掲載中≫
   マンション投資を実践されたオーナー様の生レポート≪最新版≫

――――――――――――――――――――――――――――――――――

《 実際に購入されたお客様の声とその物件をご紹介!》
【 資金の効果的な運用 No.175 】  

『挑戦的な人生の土台となる不動産投資』

O・Y様(男性) 28歳 東京都在住
日本財託を知ったきっかけ:インターネット検索
管理委託日:平成29年3月
管理委託物件:世田谷区(東急世田谷線「松陰神社前」徒歩3分)
       昭和63年築 他1戸

自分が何歳であっても、
お金を生むのが難しい挑戦であっても、
自分の興味は実現したい。

ただし、生活が困難になることは絶対に避けねばならず、
理想と現実解のバランスを取る必要があると考えました。

では、どうすれば現実的に理想を実現できるか。
 
http://www.nihonzaitaku.co.jp/report/report04/post-430.html
 

=====================================================================

■ 3. ワンルームの売却からご自宅のご購入・売却までお気軽にご相談ください

――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.ワンルームのスピード査定

日本財託グループでは、東京23区内の中古ワンルームマンションの
ご紹介だけではなく、ワンルームマンションの買い取りも行っております。

≪日本財託の5つのメリット≫
・メリット1 スピード査定
・メリット2 仲介手数料不要
・メリット3 売却後のトラブルも心配なし
・メリット4 手続きは簡単
・メリット5 最短1週間で現金化
 
▼簡単スピード査定のお申込みはこちらから
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp_vend/

2.ご自宅の購入・売却のご相談

日本財託グループでは、投資用マンションの販売だけではなく、
居住用不動産(リノベーション物件)のご紹介、ご自宅の売却のお手伝いも承っております。
 
≪オトクなキャンペーン実施中!≫
現在、『仲介手数料率 1%割引』などオトクなキャンペーンを各種実施中です。

▼詳しくはこちらから
http://www.nihonzaitaku.jp/residential/
 
=====================================================================

■ 4. セミナーのご案内 ~ 参加無料 ~            

――――――――――――――――――――――――――――――――

【延べセミナー参加者22,000名の実績!】
『サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー』

セミナーでご紹介するのは、
『不動産投資の目的』
『なぜ「東京・中古・ワンルーム」なのか』
『定年までにどうやって物件を増やしていくのか』
『ここでしか聞けないレバレッジの黄金率とは』
『なぜ、いまが買いどきなのか』

客観的なデータを交えて、詳しくご説明いたします。

また、セミナー参加者限定で、月100戸以上の取り扱い物件から
厳選した非公開物件をご紹介しております。
ぜひこの機会にセミナーにご参加ください!

【東京】7月8日(日) 13:00~15:30

▼セミナーの参加申込はこちらから(参加無料)▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/lp3/mailmag.html
 
 
【収益性の低下でお困りのオーナー様必見!】
『賃貸管理セミナー 入居率98%の賃貸管理会社が明かす
空室解消・資産価値向上の賃貸管理ノウハウ』
 
やってくる閑散期。この時期の収益改善力こそ、
信頼できる賃貸管理会社を見極めるポイントです!
 
日本財託の賃貸管理ノウハウを具体事例を交えてご紹介します。
他社で購入した物件をご所有中のオーナー様にオススメです。
 
【東京】6月23日(土)13:30~14:30

▼賃貸管理セミナーの参加申込みはこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.co.jp/form/kanri/seminar/
 
 
【「クローズアップ現代+」「とくダネ!」も注目!】
『話題の認知症×財産対策!家族信託セミナー』
 
親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
<<いざというときに困らないための「家族信託」>>

認知症による財産凍結を防ぐ手法として注目される
「家族信託」についてNHKやフジテレビにも出演した講師が、
豊富な実例をもとに分かりやすくご紹介します。
 
【東京】7月1日(日)13:00~15:10
 
▼家族信託セミナーの参加申込はこちらから▼
https://www.nihonzaitaku.jp/souzoku/seminar/#1613

=====================================================================

■ 5. 編集後記 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

子供が遊びまわれる広い庭。
家族と向き合う対面式のシステムキッチン。
趣味と仕事の道具にあふれた書斎。

マイホームを建てる時、
様々な夢や希望を思い描き、
それを形にしようとします。

私は前職で、
多くの人の夢や希望が詰まった土地の分譲や
注文住宅の請負を行ってきました。


今から7年ほど前、
あるご夫婦から
注文住宅の依頼を受けました。

ご主人は足が不自由で、
車いすでも快適で過ごしやすい
住環境を望まれていたのです。

これまで多くのご相談を受けてきたものの、
車いすの方のための設計は初めてです。

まず日本では住宅を設計するうえで、
910モジュール(910mm)を基本寸法として
設計していきますが、

メーターモジュール(1000mm)を基本寸法に変更し、
部屋や廊下などにゆとりを持たせることとしました。

他にも浴槽のまたぎの高さを低くするなど、
ご自宅に望まれる希望を
細かく伺うところからスタートしました。

入り口にはスロープ、家の中にはエレベーター、
また車を1台置けるスペースを庭に用意。

廊下や戸ひとつ取っても、
一般的な規格のものに比べて
広く設計していきます。

それらの要望をすべて叶えるとすると
広めの土地から探さねばなりません。

周辺環境においても駅や役所などの公共施設に
バリアフリーが備わっていることも
条件のひとつでした。

「こんな場所があったので、
 一度見に行きませんか?」

良い土地が見つかれば都度ご紹介します。

「うーん、立地は良いんだけど、土地の広さが...ね」
「少し駅から遠いなあ」
「実際見てみるとイメージと違うなあ」

お客様の希望にあった場所はなかなか見つかりません。

図面上でご紹介した土地は100箇所を越え、
作成した住宅のイメージ図とともに
足を運んだ場所は30箇所にもなっていました。

焦りも覚えましたが、
マイホームは夢をかなえるもの。

根気よく、そのご夫婦の希望に合う土地を
探していきました。

「うん、ここなら住みやすそうだ!」

およそ1年が経ったころ、
周辺環境もよく、広さや価格も希望通りの
土地がようやく見つかったのです。

間取りや設計についても細かいところまで詰めに詰め、
半年掛けて納得いただき、工事に取り掛かりました。

設備はもちろん、『蔵』をイメージした家の外観や
内装へのこだわりを反映し、少しずつ形になっていきます。

ご夫婦も何度も建築現場を訪れ、
完成を見守っています。

そして着工から4カ月、ついに完成!

「柄澤さんに頼んで本当に良かったよ!」

ご夫婦も大喜びの様子で、
その一言をもらえたときに
大きな充実感を得られました。


「その後お変わりはありませんか?」

いまでもそのご夫婦とは連絡を取っています。

ご自宅はもちろん、
その街での生活も充実されている様子で
不動産業に心から携わってよかったと思える仕事になりました。

日本財託では
「お客様との一生涯のお付き合い」を
掲げています。

現在はご自宅の売買の仲介や
所有されている収益物件の売却査定を通じて、
お客様のお手伝いをさせていただいております。

■現在ご紹介中の物件はこちら
http://www.nihonzaitaku.co.jp/stepmail_ryutsu/07/07.html

お客様一人ひとりと、
このご夫婦のように末永くお付き合いできるよう
日々の仕事に取組んでいきたいと思います。


日本財託 事業部 流通アドバイザリー課
柄澤 亮介(からさわりょうすけ)
  

 ◆ スタッフプロフィール ◆
  
福島県福島市出身の39歳。

事業部流通アドバイザリー課に所属し、
主にオーナー様のご所有物件の買取やマンションやアパート、
土地や戸建て、農地など多岐にわたる売買仲介業務を担当しております。
ファミリー物件の仕入れ、リノベーション再販業務にも力を入れています。
不動産のことならどんなことでもまずはご相談下さい。

休日は趣味の海釣りや、子供と一緒に組み手は極真、
型は剛柔流の空手を楽しんでいます。
空手は次回からオリンピックの種目として加わりますので、
今後の発展が楽しみです。


◆ ≪フェイスブックでも公開中!≫
毎回の編集後記は、写真と共に紹介しています。
そのほかにも、不動産投資のお役立ち情報や
当社の魅力を日々お伝えしています。
    
https://www.facebook.com/nihonzaitaku.recruit/

----------------------------------------------------------------------

◆メルマガの感想や日頃から疑問に思っていることなど、

どんなことでも結構です。ご意見をお聞かせください。
お待ちしています。

ご意見・ご感想はこちらから ⇒ mg-info@nihonzaitaku.co.jp

======================================================================

▼このメールのお問い合わせはこちらにお願いします
【メール】mg-info@nihonzaitaku.co.jp
【URL】 http://www.nihonzaitaku.co.jp/
【発 行】株式会社 日本財託
     TEL:03‐3347‐2411 FAX:03‐3347‐2300
【発 行】株式会社 日本財託管理サービス
     TEL:03‐3347‐2414 FAX:03‐3347‐2420
【住 所】東京都新宿区西新宿1‐22‐2新宿サンエービル9F・10F
【担 当】坂元 寛和

======================================================================

※配信停止については、メールマガジン本文最下部の「配信停止リンク」URLをクリックしてください。

登録・サンプルバックナンバー

実際のオーナー様の投資事例をご紹介しています
  • どんな人が購入しているの?
  • どんな物件を購入している人が多いの?
  • 返済・収支プランは?
マンション投資のメリット・リスクについて、詳しくご説明いたします。

“まだ具体的には決めていない”という方もお気軽にお越しください!

  • 無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)
  • 非公開物件のご紹介“日本財託だけ”限定物件

強引な勧誘は一切行なっておりません。お客様との3つの約束

  • セミナー参加をご希望の方
  • 小冊子プレゼント(無料)
お電話でのお問い合わせ
どんな疑問でも、お気軽に問い合わせください。
関東以外にお住まいの方のお問い合わせも承っております。

0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

無料相談会 お申し込み(土日・平日夜も開催中)

お問い合わせ窓口 0120-411-040 営業時間/平日9:00〜18:00

書籍のご紹介

低金利時代のいまだからこそ知りたい不動産投資の成功法則

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

社員の表情が見える 管理スタッフ紹介

このページの先頭へ戻る