CASE STUDY

事例紹介・オーナー様の声

No.43
「相続という次のステージまで相談できる会社」

「相続という次のステージまで相談できる会社」

N・B様(男性) 46歳 東京都在住

日本財託を知った
きっかけ
書籍「今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!」
ご購入日
平成29年4月
ご購入物件
ご購入日:平成29年4月
都営地下鉄大江戸線「若松河田」駅徒歩3分

出会いは、2017年の春に参加した資産運用のイベントです。
その中で、日本財託のセミナー講演を聞き、ブースへ立ち寄りました。

事前に重吉社長の書籍は何冊か読んでおり、中古ワンルームマンション投資に挑戦する意欲は自分の中ですでに高まっていました。最後の踏ん切りをつけるために、セミナーへ参加したのです。

そこで、相談にのってくれたのが、現在の私の担当者でした。
講演をした先輩と比べると、まだあどけなさを残した風貌ではあったものの、話す内容は非常に的確で、私の不安をかき消すのに十分な回答でした。
いきなり物件購入を押し付けるのではなく、『まずは借入金の限度額を調べましょう』という一歩引いたスタンスに、特に安心感を覚えたものです。

後で聞いた話ですが、彼が入社三年目ということに大変驚きました。
自分や自分の勤める会社の同年次の社員はここまできちんとは教育されていないだろうと思い、自らを恥じ入りました。

結果としてかなりの短期間で、彼を介して4戸を購入することになったのですが、1戸目を購入した後に、彼から他に何か困りごとはないかという質問を受けたのです。

これが次のステージへの入り口でした。


私は長年、母親の相続の件で悩んでいました。
プロに相談するしかないという気持ちが頂点に達していたため、自分や母の置かれている状況について、自然と話し始めます。

すると、その場で、家族信託の専門コンサルタントを連れてきてくださり、おおまかな説明を受けることができました。
ちょうど、相続や不動産に関する手続きを自力で対応するために、宅建とFP2級を取得した直後でした。
しかし、その程度ではとても無理だと絶望していた矢先だっただけに、家族信託こそが解決方法だと、密かにそのとき直感したのです。

家族信託の担当者は、体育会系であることがよくわかるタイプで、こちらの意向を丁寧にくみ取りながらも、物言いは直球型でわかりやすく、非常に頼れる感じがしました。
また、メールや電話に素早く返答し、こちらの日々、変動する要望にも機敏に対応して、司法書士の先生との効果的な連携で、手続きを進めてくれました。

最後の目黒公証役場での信託契約の手続きが終わった時には、母が『これで安心した』と実感を込めて語っていた姿が忘れられません。
逆に安心しすぎて、認知症にならないかという心配すらしました。

2017年の時点では、まだ一般的ではなかった家族信託ですが、最近は新聞や雑誌でも取り上げられる機会がぐっと増えたと感じています。
母は『信託って最新の仕組みなのね』と嬉しそうに語っています。
その後、私は信託受託者としてワンルームを1戸購入し、母の生活資金の足しにしております。


また昨年秋頃には、DINKSの叔母夫妻が、終活に悩んでいることを聞きました。
私自身、叔母夫妻と子供の頃は接点があったのですが、社会人になり多忙になるにつれて、疎遠になっていました。
終活が問題になりそうだと、分かっていながらも気づかない振りをしていたのです。

とはいえ、二人とも80歳前後ですし、立場的にもう逃げるわけにはいかないと覚悟を決めました。
2人の置かれた環境から、家族信託しか解決方法はないと確信したため、約1年ぶりに担当者に連絡を取りました。
相談にのってもらったところ案の定、これは放っておくと大変なことになるということ、また家族信託が良さそうだというアドバイスです。

二人の年齢的なこともあり、早急に話を進めることにしました。
叔母への説明に4時間、叔父への説明に3時間かかりましたが、なんとか2人の了承を取り付けることができました。司法書士の先生や担当者に手伝っていただきながら、約3か月間という短期間で手続きを終えられたのです。

前回からたった1年しか経っていないのに、家族信託がかなりメジャーになりつつあると感じました。

私の妻は保険会社に勤務していますが、相続関連のトラブルは日々、耳にするようです。
妻も家族信託は企業側からもユーザー側からも納得感のある良い仕組みだと言っております。

もちろん、これが絶対的な正解かどうかは、その時が来て、すべてを総括してみないとわかりません。
しかし、何の準備もしないで当事者が判断能力を失ったときは、すべての動きを封じられることが確実なので、今は最善の選択であると思っています。

実は、私が勤めている会社の賃貸住戸約20戸の賃貸管理も日本財託にお願いしています。
プライベートでお願いしている賃貸管理を通じて、日本財託のリーシングを含むプロパティマネジメントの実務能力が高いと実感したからです。

これからも公私ともに、宜しくお願いします。

ご購入日:平成29年4月
都営地下鉄大江戸線「若松河田」駅徒歩3分
ご購入日:平成29年4月
都営地下鉄大江戸線「若松河田」駅徒歩3分
ご購入日:平成29年5月
東急世田谷線「松陰神社前」駅徒歩5分
ご購入日:平成29年5月
東急世田谷線「松陰神社前」駅徒歩5分
ご購入日:平成29年6月
都営地下鉄新宿線「曙橋」駅徒歩2分
ご購入日:平成29年6月
都営地下鉄新宿線「曙橋」駅徒歩2分
ご購入日:平成29年8月
京王線「笹塚」駅徒歩2分
ご購入日:平成29年8月
京王線「笹塚」駅徒歩2分

CASE

事例紹介・オーナー様の声

年齢別 事例一覧
20代から50代までのオーナー様の実際の取り組み事例をご紹介します。
男女別 事例一覧
男女別にオーナー様の実際の取り組み事例をご紹介します。
年収別 事例一覧
年収ごと(500万円以下、500万円~1,000万円、1,000万円以上)のオーナー様の実際の取り組みをご紹介します。
地域別 事例一覧
関東、関東以外の地域ごとのオーナー様の実際の取組事例をご紹介します。
老後の年金を作る
公的年金の不足分を補う手段として、不動産投資を選んだ理由をお聞きしました。
資金の効果的な運用
不動産を活用して資金を効率的に運用する。そのメリットをオーナー様の声でご紹介しています。
充実した管理システム
年間平均入居率98%以上を維持する日本財託の賃貸管理システムと建物管理。オーナー様より満足の声をいただきました。
家族の生活を守る
ご家族に資金を残すためのワンルームマンション購入、生命保険の代わりにもなる不動産投資のメリットについてお聞きしました。
退職金の有効な運用
在職時と同様の収入を長期的、安定的に得る為にはどうすればいいのか。退職金活用をお聞きしました。
資産の組み換え
所有している資産を組み換える際の判断のポイントは?都内中古ワンルームの魅力について語っていただきました。

SEMINAR

平日、休日も開催中 マンション投資セミナー

スタッフの8割が不動産投資を実施
値上がり・節税のようなうまい話ではなく、長期的・安定的に家賃収入を得る方法を基礎から学ぶことができます。

東京会場【満員御礼】

日時:2019年11月 6日(水) 19:00〜20:00

定員:50名

名古屋会場【申込み受付中】

日時:2019年11月23日(土) 13:00〜15:10

定員:20名

東京会場【申込み受付中】

日時:2019年12月 7日(土) 13:00〜15:20

定員:60名

東京会場【申込み受付中】

日時:2019年12月 8日(日) 13:00〜15:20

定員:60名

日時:ほぼ毎日!平日:19:00〜20:30   休日:13:00〜14:30

定員:各回限定5名

  

CONSULTATION

マンション投資の
メリット・リスクについての
無料相談会

"まだ具体的には決めていない"という方も
お気軽にお越しください!
お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

質問だけでもOK

資料請求もできます