CASE STUDY

事例紹介・オーナー様の声

【老後の年金を作る】No.
『不動産投資』か『投資信託』か!?

『不動産投資』か『投資信託』か!?

S.F様 40代 男性

年収:500万円以下

『不動産はそのもの自体が無くなることがない』 そのうえ、現物を自分の目で確認できる。
一方、投資信託は『極端な言い方をすると上がるも下がるも運次第。つまりギャンブル性が高い』

不動産投資を考えるようになったきっかけ

数年ほど前から、ようやく今後の将来の経済的なことについて不安を感じ始めました。今後、収入は伸び悩み、その一方で支出は増えていくだろうと思っています。
世間一般に言われている事ですが、日本は多額の借金を抱えています。その結果、国家サービスが低下して、すでに私たち個人にもしわ寄せがきているからです。
このままでは、近い将来"現状の生活を送ることができなくなる"という訳です。そうすると、今の仕事から得る収入以外に、別の収入を考える必要が出てきます。
そこで、『何をするべきか?何ができるのか?』を考えていました。

日本財託を選んだ決め手

私は基本的に金融関連に疎いので、分かりやすい又は自分が納得できる投資先を探していました。そんな頃『中古ワンルームマンションで収益を上げる!』に出会いました。
またその時は、不動産投資のほかにも投資信託が投資先の候補に入っていました。とても単純な発想でしたが、このように考えたのです。『不動産はそのもの自体が無くなることがないし、空室保証があるのでマイナスの収入はない。
そのうえ、現物を自分の目で確認できる。一方、投資信託はその道のプロが運営していますが『極端な言い方をすると上がるも下がるも運次第。要因が複雑すぎて人智の及ばない事が起り得ますし、今は世界的に株価が下落しています。つまりギャンブル性が高い』。

それならば、長期保有をして確実にそして安定的に家賃収入が得られる不動産の方が、自分には合っているのではないかと考えたのです。
そこで、まず日本財託さんのセミナーに参加して雰囲気を確かめに行くことにしました。実際、そのセミナーで購入のきっかけになったことが4つあります。 本に書かれていることと重複する箇所もありますが、
(1)日本財託の社長が初代であること
(2)社長自らが物件を複数もたれていること
(3)オーナーさんが複数物件を保有していること
(4)Win-Winの関係が構築できること

簡単に説明しますと、1番目の『社長が初代であること』これは何事も初代は素晴しいと考えているからです。
これは、過去の歴史が証明しています。2番目の『社長自らが物件を複数もたれていること』、本当によい商品ならば、当然社長自らが実践(愛用)しているはずですからね。
3番目の『オーナーさんが複数物件を所有していること』つまりリピーターの存在です。1件目の購入でいやな思いをしたならば、2件目、3件目と物件を買い進めていくとは考えられません。
リピーターがいるということは、それだけ確かな商品だということです。4番目の『Win-Winの関係が構築できること』これの説明は野暮ですね。

今後の計画

後は、親切に営業の方がアドバイスをして下さいましたので気持ちよく1物件(手取り利回り6.5%)のオーナーになりました。その後、2物件を持つことの運用の優位性を教えて頂き2物件目(手取り利回り6.8%)も購入し、現在に至っています。今のところ、両物件ともローンを組んでいますが、はやく繰上げ返済をして、真のオーナーになれるよう計画しています。
今後は、3物件目以降もお世話になりたいと思っていますので、いろいろアドバイスを頂ければと思います。

収支・返済プラン

基本データ(購入時点)

年収
500万円以下

返済プラン(購入時点)

頭金
380万円
ローン諸経費など
390,313円
ローン年数
30年
ローン金利
3.072%
手取り家賃(月)
53,420円
ローン返済額(月)
24,253円

購入物件(購入時点)

家賃 (1)
66,000円
管理費・修繕積立金 (2)
9,430円
当社への管理委託料 (3)
3,150円
手取り家賃 (1)-(2)-(3)
53,420円

今後の返済・収支プラン

※固定資産税や定期的な修繕費用、資産価値・家賃の下落、入居者の入れ替わり時の空室期間など、すべての「リスク」を考慮したシミュレーションとなっています。日本財託では、ご購入前にすべての「リスク」をご説明し、納得いただいた上でご購入いただいております。

>>全国平均は81.1% 日本財託が入居率98%を実現できる理由

※ シミュレーション結果は、将来的な投資結果をお約束するというものではございません。

CASE

事例紹介・オーナー様の声

年齢別 事例一覧
20代から50代までのオーナー様の実際の取り組み事例をご紹介します。
男女別 事例一覧
男女別にオーナー様の実際の取り組み事例をご紹介します。
年収別 事例一覧
年収ごと(500万円以下、500万円~1,000万円、1,000万円以上)のオーナー様の実際の取り組みをご紹介します。
地域別 事例一覧
関東、関東以外の地域ごとのオーナー様の実際の取組事例をご紹介します。
老後の年金を作る
公的年金の不足分を補う手段として、不動産投資を選んだ理由をお聞きしました。
資金の効果的な運用
不動産を活用して資金を効率的に運用する。そのメリットをオーナー様の声でご紹介しています。
充実した管理システム
年間平均入居率98%以上を維持する日本財託の賃貸管理システムと建物管理。オーナー様より満足の声をいただきました。
家族の生活を守る
ご家族に資金を残すためのワンルームマンション購入、生命保険の代わりにもなる不動産投資のメリットについてお聞きしました。
退職金の有効な運用
在職時と同様の収入を長期的、安定的に得る為にはどうすればいいのか。退職金活用をお聞きしました。
資産の組み換え
所有している資産を組み換える際の判断のポイントは?都内中古ワンルームの魅力について語っていただきました。

SEMINAR

平日、休日も開催中 マンション投資セミナー

スタッフの8割が不動産投資を実施
値上がり・節税のようなうまい話ではなく、長期的・安定的に家賃収入を得る方法を基礎から学ぶことができます。

東京会場【申込み受付中】

日時:2020年1月18日(土) 13:00〜15:20

定員:50名

日時:ほぼ毎日!平日:19:00〜20:30   休日:13:00〜14:30

定員:各回限定5名

CONSULTATION

マンション投資の
メリット・リスクについての
無料相談会

"まだ具体的には決めていない"という方も
お気軽にお越しください!
お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

質問だけでもOK

資料請求もできます