CASE STUDY

事例紹介・オーナー様の声

No.180
「夫婦二人三脚の不動産投資」

「夫婦二人三脚の不動産投資」

R・K様(女性) 34歳 神奈川県在住

日本財託を知った
きっかけ
ご紹介
ご購入日
平成29年3月
ご購入物件
江東区(都営大江戸線「門前仲町」徒歩6分) 平成23年築 他3戸

私たち夫婦がワンルームマンション投資を始めたきっかけは、日本一の営業マンの天田浩平さんとの出会いです。
当初は、そのような凄い方から投資用の不動産を買うことになるとは、思ってもいませんでした。

「日本一の営業マンって、どんな人だろう」という興味本位で、天田さん登壇のセミナーに参加したのです。セミナー後には直接お話しすることもできました。

お忙しいし、お金持ちのお客様しか相手にしないのでは、と思っていたのですが、天田さんは快く個別相談を約束してくれました。
後日お会いした際には、日本財託で「都心・中古・ワンルーム」のマンション投資を行うメリットを丁寧に説明くださいました。

それまで私は金融資産への投資ばかりしていました。
実物資産にも興味はありましたが、不動産は投資額が大きく、手の届くものではないと思っていたのです。

しかしお話を聞き、自分でもできるのではないかと思い始めました。
中古ワンルームマンションは不動産のなかでは低価格です。

また、ローンを活用すれば自己資金100万円以下で始められます。
価値が下がりにくい都心の物件を選ぶことも納得できました。
なにより天田さん自身がワンルームマンション投資を実践されており、経験に基づく説明をされていることを大変頼もしく感じたのです。

ところが、そのとき私は育児休職から復帰したばかり。
年収が足ないことからローンを組めず、私名義で不動産を購入することはできませんでした。

そこで夫に話してみることにしたのです。
これまで夫婦で家計の話はするものの、投資の話はなんとなく避けていました。
ましてや不動産投資を持ちかけるなんて、騙されていると言われても不思議はありません。

どきどきしながら切り出したのを覚えています。
しかし、私の不安は杞憂に終わりました。

具体的な物件の資料を見せながら話をすると夫は興味を示し、購入を検討することになったのです。
再度天田さんにお会いし、夫にも丁寧に説明いただきました。

その後、夫は見事に一戸目の投資用ワンルームマンションを手に入れました。
実際に外観を確認しに行ってみましたが、急行停車駅から徒歩5分と申し分ない立地で、自分でも住みたいほどのマンションです。

それをあっさり手にした夫が羨ましく、私も自分名義の実物資産がほしいとあらためて思いました。
翌年、念願かなってようやく私も投資用ワンルームマンションを購入できました。

地下鉄が2路線通る駅から徒歩6分の好立地で、頭金10万円でローンを組んでもキャッシュフローの良い物件です。さらに翌年には、複数戸の物件のオーナーになっていました。

ちょうど2度目の休職に入ることが分かり、また年収が下がることを考えると、休職前に購入するのがよいと判断したからです。

購入にあたり考えたことが二つあります。

ひとつめは「自分でも住みたいと思える物件を選ぶこと」です。
日本財託に紹介いただく物件は、どれも将来価値が下がりにくいものばかりです。

ただ、やはり自分でも住みたいと思える物件の方が、愛着がわいて長期間付き合えると考えています。
私の住みたい基準は立地でした。

現在所有している物件は23区内に散らばっていますが、いずれも最寄り駅から徒歩6分以内。
路線は大手町や新橋などオフィス街へのアクセス良好です。

これらのオフィス街に勤めていなくても「このマンションなら大手町への通勤も楽でうらやましい」など想像するだけでワクワクできました。

もうひとつは「不動産はご縁」ということです。
個人的な思い込みですが、投資用の不動産もご縁だと思っています。
前述のように「自分でも住みたいと思える物件」が見つかったとしても、条件次第では購入できない可能性もあります。

現在保有している物件は、実は第一希望でない物件ばかりです。
しかし購入後にあらためて確認すると、購入を決めた物件の方が手ごろな価格だったり、すでに夫や私が所有する物件とは別のエリアにあったりと、納得できる結果でした。

少し背伸びした物件も検討するものの、結局は今の自分に合った物件にご縁をいただけるのかなと思っています。

一方、夫も着実に物件を増やしていました。
一戸目の物件を購入してから、私よりも不動産投資について学び詳しくなっていたのです。

不動産投資を始めてから夫婦で投資の話をすることが多くなりました。購入を検討する物件について意見を交わしたり、不動産投資に伴う手続きについて教えてもらったりしています。

また、夫は私の話を聞いて金融資産への投資にも本腰を入れるようになりました。
共働きの強みを活かし、夫婦で協力する資産形成を実感しています。

天田さん、そして日本財託と出会うまでは、ふれたこともなかった不動産投資です。
しかし、今では夫婦そろって複数戸の物件を所有し、お蔭様で満室稼働中、大きなトラブル無く家賃収入を得ています。

ローン残高が減るまでしばらくは繰り上げ返済に専念することになりますが、これからも夫婦で作戦を立て、我が家の資産を積み上げていきたいと思います。

ご購入日:平成29年3月
都営大江戸線「門前仲町」徒歩6分
ご購入日:平成29年3月
都営大江戸線「門前仲町」徒歩6分
ご購入日:平成30年3月
東京メトロ日比谷線「入谷」徒歩5分
ご購入日:平成30年3月
東京メトロ日比谷線「入谷」徒歩5分
ご購入日:平成30年3月
都営三田線「板橋区役所前」徒歩4分
ご購入日:平成30年3月
都営三田線「板橋区役所前」徒歩4分
ご購入日:平成30年3月
東急大井町線「等々力」徒歩3分
ご購入日:平成30年3月
東急大井町線「等々力」徒歩3分

CASE

事例紹介・オーナー様の声

年齢別 事例一覧
20代から50代までのオーナー様の実際の取り組み事例をご紹介します。
男女別 事例一覧
男女別にオーナー様の実際の取り組み事例をご紹介します。
年収別 事例一覧
年収ごと(500万円以下、500万円~1,000万円、1,000万円以上)のオーナー様の実際の取り組みをご紹介します。
地域別 事例一覧
関東、関東以外の地域ごとのオーナー様の実際の取組事例をご紹介します。
老後の年金を作る
公的年金の不足分を補う手段として、不動産投資を選んだ理由をお聞きしました。
資金の効果的な運用
不動産を活用して資金を効率的に運用する。そのメリットをオーナー様の声でご紹介しています。
充実した管理システム
年間平均入居率98%以上を維持する日本財託の賃貸管理システムと建物管理。オーナー様より満足の声をいただきました。
家族の生活を守る
ご家族に資金を残すためのワンルームマンション購入、生命保険の代わりにもなる不動産投資のメリットについてお聞きしました。
退職金の有効な運用
在職時と同様の収入を長期的、安定的に得る為にはどうすればいいのか。退職金活用をお聞きしました。
資産の組み換え
所有している資産を組み換える際の判断のポイントは?都内中古ワンルームの魅力について語っていただきました。

SEMINAR

平日、休日も開催中 マンション投資セミナー

スタッフの8割が不動産投資を実施
値上がり・節税のようなうまい話ではなく、長期的・安定的に家賃収入を得る方法を基礎から学ぶことができます。

東京会場【申込み受付中】

日時:2019年10月12日(土) 13:00〜15:30

定員:50名

東京会場【申込み受付中】

日時:2019年10月16日(水) 19:00〜20:00

定員:50名

CONSULTATION

マンション投資の
メリット・リスクについての
無料相談会

"まだ具体的には決めていない"という方も
お気軽にお越しください!
お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

質問だけでもOK

資料請求もできます