CASE STUDY

事例紹介・オーナー様の声

No.10
「早期退職の退職金で夫婦の老後に備える」

「早期退職の退職金で夫婦の老後に備える」

N・I様(女性) 56歳 兵庫県在住 

日本財託を知った
きっかけ
HP
ご購入日
平成28年12月
ご購入物件
中野区(西武新宿線「下井草」駅徒歩8分) 平成18年築 他1戸

夫が53歳の時、会社を早期退職し、転職しました。
これによって、予定より早く退職金を手にしたことが、我が家の不動産投資が始まるきっかけです。

もちろん運用として、預金、個人年金、保険、投資信託、株式等々、これまでも分散させてはいました。
しかし、老後の備えにはどうも心許ない気がして、何か他に方法はないものかと、夫婦で考えていたのです。

投信は結構増えたこともあれば、大きく値下がりして、かなりの額の損切りをしたこともあります。
はやりのIPO株も買ってみたもののさっぱり儲からず、外貨建ての金融商品は為替に一喜一憂しなければなりません。
年に5%資産が増えていれば安泰だと考えていたのは、今ではとても甘かったと思います。

不動産投資については、正直良い印象がなく、全く興味もありませんでした。
家や会社にまで、絶えずかかってくる勧誘の電話がとにかくうっとうしかったからです。
『マンション経営なんて絶対損する!』と思い込んでいました。
向こうから勧誘してくる話に、ろくなものはないとは今でも思います。

夫の転職から一年が経つ頃、なんとなく本屋で見つけた本が転機になりました。
恥ずかしながら、題名も著者名も失念し、本もどこにしまい込んだか分かりません。

内容は、東京の中古マンションを買って、月に20万円の不労所得を得る方法を勧めるものでした。
そこにちらりと日本財託のことも書かれていたわけです。

私たちは神戸市在住で、本来なら東京の不動産など考えもしなかったと思いますが、夫が転職により東京に単身赴任を始めていました。
ちょうど東京がぐっと身近になっていたことが、日本財託とのご縁につながったのだと感じます。

当初、物件を自分で検索して探していたなかで、たまたま日本財託のウェブサイトに行きつきました。

話だけでも伺ってみようということで、相談の予約をして新宿まで二人で出かけて行ったのが2016年の11月のことです。
そこからとんとんと話が進んで、年末ぎりぎりに1戸目の購入にたどり着きました。

購入にあたっては担当者からのアドバイスを受け、一部は現金、残りは日本政策金融公庫からの融資を充てました。
公庫は当時大変な低金利で、しかも女性が優遇されたことも有難かったです。
その代わり、自分で公庫に面接に出向いて「不動産貸付業を始めます」と名乗るのが、なんだか気恥ずかしかったです。

その後、物件の決定に時間がかかりましたが、翌年の秋に2戸目を購入しました。

今はまだ不動産収入に頼らなくてもよいので、月々の家賃はローン支払い分、管理費等の諸費用、固定資産税を差し引いた残りは次の購入に向け、プールしています。
年金生活になるまでに、あと2戸購入すれば月々の手取り20万円以上が実現しそうなので、次の購入に向けて思案中です。

家賃は「不労所得」とはいえ、自分で帳簿をつけて毎年の確定申告をするのは、私にとってはなかなか厄介な仕事です。
とはいえ、自分でやってみることで、いろいろと勉強になることもありました。

経費や税金をすべて引いた実質の手取り額は、4%から、どれだけ多くても5%です。
不動産投資はけっして高リターンではありませんが、安定した収入を得られる良い資産運用方法だと考えています。

まだ先のことですが、相続のときも大変有利だと思います。
財産の全部をマンション投資に回す勇気はさすがにないので、今後も分散投資を続けつつ、その柱にしていくつもりです。

担当の方は神戸まで来て下さるし、地方在住でも全く困ることはありません。

管理の面では、1戸目の入居者が、購入後9カ月目で急な転勤により退去となりました。
軽くショックでしたが、無事に早速次の入居者が決まり、空室だったのは10日間だけでした。

さすがは、"年間平均入居率98%以上"の日本財託だと、ますます信頼を厚くしました。
修繕・内装の費用も8万円ほどで済みました。
これはいずれ必要になる費用なので致し方ありません。

所有するマンションの売却を求める電話やDMがしばしばやってくるのには閉口していますが、それだけ良い物件なのだろうと思うことにしています。

販売会社からの勧誘もまだありますが、日本財託のように信頼できるとはとても思えないので、丁重に(笑)お断りしています。

今後も日本財託と末永くお付き合いしたいと願っております。

ご購入日:平成28年12月
西武新宿線「下井草」駅徒歩8分
ご購入日:平成28年12月
西武新宿線「下井草」駅徒歩8分
ご購入日:平成29年9月
東急東横線「学芸大学」駅徒歩9分
ご購入日:平成29年9月
東急東横線「学芸大学」駅徒歩9分

CASE

事例紹介・オーナー様の声

年齢別 事例一覧
20代から50代までのオーナー様の実際の取り組み事例をご紹介します。
男女別 事例一覧
男女別にオーナー様の実際の取り組み事例をご紹介します。
年収別 事例一覧
年収ごと(500万円以下、500万円~1,000万円、1,000万円以上)のオーナー様の実際の取り組みをご紹介します。
地域別 事例一覧
関東、関東以外の地域ごとのオーナー様の実際の取組事例をご紹介します。
老後の年金を作る
公的年金の不足分を補う手段として、不動産投資を選んだ理由をお聞きしました。
資金の効果的な運用
不動産を活用して資金を効率的に運用する。そのメリットをオーナー様の声でご紹介しています。
充実した管理システム
年間平均入居率98%以上を維持する日本財託の賃貸管理システムと建物管理。オーナー様より満足の声をいただきました。
家族の生活を守る
ご家族に資金を残すためのワンルームマンション購入、生命保険の代わりにもなる不動産投資のメリットについてお聞きしました。
退職金の有効な運用
在職時と同様の収入を長期的、安定的に得る為にはどうすればいいのか。退職金活用をお聞きしました。
資産の組み換え
所有している資産を組み換える際の判断のポイントは?都内中古ワンルームの魅力について語っていただきました。

SEMINAR

平日、休日も開催中 マンション投資セミナー

スタッフの8割が不動産投資を実施
値上がり・節税のようなうまい話ではなく、長期的・安定的に家賃収入を得る方法を基礎から学ぶことができます。

東京会場【申込み受付中】

日時:2019年10月12日(土) 13:00〜15:30

定員:50名

東京会場【申込み受付中】

日時:2019年10月16日(水) 19:00〜20:00

定員:50名

CONSULTATION

マンション投資の
メリット・リスクについての
無料相談会

"まだ具体的には決めていない"という方も
お気軽にお越しください!
お電話でのお問い合わせ

営業時間/平日9:00~18:00

質問だけでもOK

資料請求もできます